あのベストセラーも! 引き寄せ系自己啓発本“焼き直し”の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 70年代以降、各国で大きな広がりを見せたいわゆる「精神世界」は、次々と挫折していった政治運動のオルタナティブという側面もあった。各自の精神内面を見つめることで個人が変革し、それが大きなうねりとなれば世界の変革に繋がる……といった考え方だ。それはごく一部において「カルト」や「テロリズム」という負の側面ももたらしはした。とはいえ本来、スピリチュアルとは脱(反)近代であり、「今ある世界は変わるはずだ」という思想に裏打ちされているはずである。それが、こと自己啓発・成功哲学寄りになると、とたんにその矛先が鈍ってしまう。とても科学的とは言えない主張を繰り返しているのに「これは宗教ではない」とことさらアピールするのも、宗教=現行社会への否定、となるのを恐れているからではないか。

『世の中は変えられないが、自分だけなら変えられる。社会を変えるのではなく、今ある枠組み内での成功、自分だけの一人勝ちを目指そう』

 意地悪な言い方だが、多くの「スピリチュアル系・自己啓発本」は、突き詰めればこのような考えに行きつかざるを得ない。

 真の意味で「自己啓発」をもたらす書籍を目指すなら、脱(反)近代というスピリチュアルの出自を認め、その路線で邁進していくべきだ、と私は思う。「宗教」「政治」と見なされるのを恐れず、いやむしろ広い意味での 「宗教」であり「政治」であると堂々主張する本を出すべきだ、と。ただの現状追認ではない、新たな視点と価値観をもたらしてくれる「スピリチュアル系・自己啓発本」が出てきてもよいのでは、と期待している。
(吉田悠軌)

最終更新:2014.09.16 08:02

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「自己啓発病」社会 「スキルアップ」という病に冒される日本人

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

あのベストセラーも! 引き寄せ系自己啓発本“焼き直し”の歴史のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スピリチュアルの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
2 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
3 川島なお美が近藤誠の診断を告発
4 自民党がネトサポに他党叩きを指南
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 吉永小百合が「9条は変えさせない」
7 X JAPAN紅白もTAIJIの死に疑惑
8 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
9 杉田水脈が性懲りもなく国会で“科研費”バッシング!
10 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
11 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
12 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
13 太田光が右翼の抗議で転向していた?
14 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
15 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
16 統一教会「名称変更」めぐり下村博文元文科相の嘘と疑惑が次々発覚
17 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 明仁天皇“最後の誕生日会見”で安倍政権を牽制
1テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
3岸田政権の副大臣・政務官「統一教会系20人」に杉田水脈が含まれないインチキ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄