渡部建の「不倫相手」の女性たちをバッシングする人びとの間違いと差別性! 武井壮、ブラマヨ、指原、ゆきぽよ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
渡部建の「不倫相手」の女性たちをバッシングする人びとの間違いと差別性! 武井壮、ブラマヨ、指原、ゆきぽよ…の画像1
youtubeでも恋愛テクニックを語っていた渡部建だが…


 連日、メディアが大騒ぎを繰り広げているアンジャッシュ・渡部建の不倫報道。普段はたかが不倫で犯罪者のように糾弾するのはおかしいと不倫バッシングに批判的な立場のリテラだが、今回の渡部は完全にアウトだろう。そもそも渡部のやったことは、たんなる不倫などというものではなく、性搾取あるいはハラスメントというべき事案だ。

「週刊文春」(文藝春秋)では複数の女性が渡部との関係について告白しているが、その中身がいずれもひどい。一方的に呼び出し、性行為が終わると短時間で解散するというものばかり。

 たとえば、個人事務所に呼び出されたB子さんは「行為が終わった途端に私を帰したがるのです。私の脱いだ服を渡してきて、『はい、これ』って。シャワーすら浴びさせてもらえなかった。いつも15分ほどで追い出され、帰り際には『またね』って必ず一万円札一枚を渡してきました」と語っている。

 さらに六本木ヒルズの「多目的トイレ」に何度も呼び出されたというB子さんは「エレベーターの前で落ち合って、トイレの鍵を閉めた瞬間、すぐにプレイが始まりました。(中略)キスから別れるまで三〜五分という物凄い早さです」と証言していた。

 この「多目的トイレ」の利用も大いに問題だ。「多目的トイレ」は厳密にいえば「多機能トイレ」のことなのだが、これは車いす使用者、ストーマや人工膀胱の使用者、あるいは性的マイノリティなど普通のトイレの使用が困難な人、乳幼児や高齢者のオムツ替えなど介助が必要な人のためのトイレだ。電車の優先席などと違って、空いていればそれ以外の人も使用していいというようなものではない。男性用トイレ、女性用トイレに比べ、設置場所も設置数も圧倒的に少なく、目的外使用のために本来必要な人が使用できないという事例は以前から相次いでおり社会問題にもなっている。そんな場所を、性行為の場所に使うとは……。

 いずれにしても、これ、渡部が一方的に、女性をお手軽で安上がりな“性のはけ口”として都合よく使っているだけで、不倫なんて呼べるものじゃない。女性の尊厳を著しく蹂躙するハラスメントや性搾取というべき事案だ。仮に渡部が独身だったとしても、許されない行為だろう。

 実際、複数の女性が、「彼は私のことを“性のはけ口”くらいにしか思っていなかったんでしょうね。せめて一人の女性として扱って欲しかった」「デリヘル扱いされたことが本当に悔しかった」と“性のはけ口”として扱われたことに憤っている。

 ところが信じられないことに、ネットでもテレビでも、渡部以上に、相手女性が激しいバッシングを受けているのだ。

「渡部も渡部だが、応じる女性も悪い」「結婚してると知ってて、近づいたのが悪い」「1回ならわかるけど、トイレとわかってて何回も行くのは女性もおかしい」「不倫のくせに、人として見て欲しかったとか図々しい」「佐々木希を傷つけた加害者のくせに、被害者ヅラするな」「同意の上で関係続けてたくせに」「マスコミにベラベラ喋るな」……。

 ネットをみると、渡部の批判記事や芸人仲間のコメントを扱ったニュースでも、コメントのトップには「それよりも、相手の女性が問題だ」という趣旨の女性批判が寄せられ、多くの支持を集めている。

指原莉乃、ゆきぽよ、ブラマヨ吉田、武井壮らが相手女性をバッシング

 芸能人からも相手女性を非難するような発言が出てきている。たとえば、武井壮はツイッターでこうつぶやいた。

〈不倫男を擁護するつもりはまるでないが、それをペラペラ喋る女性にも辟易としている。妻帯者と知って不貞を働いたなら被害者ではなく加害者であって、それを雑誌やマスコミに喋って唯一の被害者である相手の妻や子供に二児的な損害と甚大な精神的社会的ダメージを与える低俗な行為だと認識するべきだよ〉
〈不倫に関する被害者を無視した『加害者側からの暴露』が報じられることに関して強い違和感を示したくて呟きました。。人との性行為を第三者に話すなんて下劣な行為が当たり前な世の中なんてまっぴらごめんなんだよ。〉

「不倫男を擁護するつもりはまるでないが」とエクスキューズをつけているが、明らかに相手女性だけを激しく非難している。むしろ、性行為を暴露した“加害者”とまで糾弾したのだ。

 普段からミソジニー丸出しのブラックマヨネーズの吉田敬も、15日放送『バイキング』(フジテレビ)で、渡部については多目的トイレを使用したこと以外なんとも思わないと豪語し、それより「雑誌社に売った女」などと、相手女性を非難していた。

 相手女性への非難は同じ女性からも出ている。日頃からオヤジ権力者を内面化した発言で知られる指原莉乃は14日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、「何度も呼ぶのもバカ」としつつも、「結婚しているってすでに皆が知っている人から呼び出されて何度も行くのもバカ」と、どっちもどっち扱い。

 最近、安倍首相礼賛を口にして安倍応援団やネトウヨから支持を受けているモデルのゆきぽよも、14日放送の『サンデージャポン』(TBS)で、「渡部さんも悪いことをしたし、みんなが凄く怒るなって。ゆきも怒ってるんだけど」と前置きしつつ、「不倫相手の女性が被害者ヅラをしてるじゃないですか」「不倫相手の女性も奥さんがいるってことを知ってて関係を何度も持ってたんだから、奥さんからしたらあなたも被害者ヅラしてんじゃねえって思う」と相手女性のことを激しく非難した。

 繰り返すが、渡部のしたことは不倫や恋愛などではなく、女性たちを自身の“性のはけ口”として蹂躙した最悪の行為だ。力関係を利用したハラスメントやいじめに近い。にもかかわらず、その相手をさせられただけの被害者と言ってもいい女性を叩いているのである。

渡部の不倫相手への攻撃は「いじめ」の被害者を責めるのと同じだ

 連中は一体何を言っているのか。これらのバッシングはすべて、現実の力関係を無視した強者の論理そのものではないか。

 その代表とも言えるのが、「自分も望んだ関係」「自分の意思で呼び出しに応じた」などという意見だ。

 今回の相手女性は、渡部から精神的に愛されているわけではないのはもちろん、性的にも一方的サービスを強いられているだけだ。そんな関係を誰が望んでいるというのか。こんなひどい関係であるにも関わらず、彼女たちが渡部に言われるまま会いに行っていたのは、「有名人」で「売れっ子」である渡部に精神的に支配されてある種の奴隷状態になっていたからではないか。

 指原などは前述したように「結婚しているってすでに皆が知っている人から呼び出されて何度も行くのもバカ」などと言っていたが、そもそもトイレに呼び出されるという理不尽極まりない行為は、相手が結婚しているかしていないかという次元をはるかに超えている。

 しかし、男女関係や恋愛で一方的なマウント構造、支配関係が確定してしまうと、被支配者のポジションにある人間はその理不尽極まりない行為すら受け入れてしまうのだ。そして、その関係を壊したり、ひっくり返したりはなかなかできない。恋人や夫にモラハラやDVなど酷い目に遭わせられながら離れられない女性が数多くいるのも、そのためだ。

 いや、性的な関係や婚姻関係だけではない。学校でのいじめ、ブラック企業やパワハラ、カルト宗教の洗脳なども同じだ。当事者でなければ、「そんな会社、辞めればいい」とか「断ればいい」「休めばいい」「逃げればいい」「死ぬようなことじゃない」とかいくらでも冷静な意見は言えるが、こうした悪辣な相手に支配されたら人は簡単に「それだけのこと」ができない精神状態に追い込まれ、ときには命に関わる事態にまでなってしまう。

 今回、渡部の性のはけ口にされた女性たちもこれと近い状況になっていた可能性が非常に高い。渡部は明らかに性的に支配しやすい相手を選び、トイレに何回も呼び出す卑劣な行為を「こんなにリピートするのは、B子だけだよ!」などと支配関係を強化するようなコミュニケーションをとっていた。

 それを「誘いに乗ったほうが悪い」「関係を続けるのはバカ」などと罵るのは、いじめやブラック企業、カルト宗教の被害者を責めるのと同じではないか。

「雑誌にペラペラ喋るな」も不正の口封じをはかる政治家や企業と同じ

 しかも、許しがたいのは、被害を受けた女性たちが「週刊文春」に告発したことを「ペラペラ喋るのも悪い」と非難する声が多数上がっていることだ。不当な扱いを受けた被害者がメディアに告発することの何がいけないのか。

 前述したように、こうした支配関係が成立してしまうと、支配されている人間は直接、命令に逆らったり、異議を唱えることができなくなってしまう。だから、こうした問題はなかなか表に出てこないし、悪質な洗脳集団がなくならない。

 そういう意味では、メディアへの告発は“持たざる弱者”にとって最後の手段なのだ。しかも、今回、渡部に性のはけ口にされた女性たちが声をあげたのは、個人的な恨みを晴らすだけでなく、渡部からのこれ以上の性的被害を防ぐためにも、ほかの芸能人の横暴を抑止するためにも、大きな意義があったはずだ。

 実際、渡部のように表沙汰にはなっていないが、自分が有名人であることを利用してファンや一般女性に対して歪な支配関係を強いている芸能人はいまもいて、犠牲になっている女性はほかにもいるだろう。今回の告発によって、被害は減るかもしれない。

 にもかかわらず、この告発を「ベラベラ喋るな」と非難するのは、不正を働いた政治家や企業経営者が内部告発者を攻撃するのと同じで、強者による弱者の口封じ以外の何物でもない。

 ようするに、芸能人にこうした意見を口にする者が多いのは、自分もしくは自分の仲間がファンに対してやっている行為を正当化し、隠蔽するという目的があるからではないのか。そうとしか思えない。

「不倫相手の女性も加害者」論の背景にある婚姻制度絶対主義と女性蔑視

 今回の渡部の件で繰り広げられている被害女性に対するバッシングでは、もうひとつ、呆れ果てるべき論理がまかり通っている。

 それは「おまえらも奥さんを傷つけた加害者だ」という論理だ。女性たちの「女性扱いされていなかった」という告発の言葉やB子さんが、佐々木希から電話で裁判をちらつかされたという話に対して、「加害者のくせに被害者ヅラするな」などという意見も見られている。

 何度でも言うが、相手女性は渡部から性的搾取、ハラスメントを受けた被害者だ。渡部が女性に対してはたらいたハラスメント行為・性的抑圧行為は、渡部が独身だったとしても許されることではない。それを「奥さんを傷つけた」とは、ハラスメント、性的抑圧を受け、尊厳を傷つけられたという女性の受けた被害より、婚姻制度のほうが重大なのか。

 まったく価値観が倒錯しているとしか思えないが、しかし、これは渡部の件だけでなく、不倫報道全般に見られる傾向でもある。男性の不倫の場合、不倫した男性ではなく不倫相手の女性だけが叩かれるという傾向は、今回に限ったことではない。

 芸能人同士の不倫でも、ベッキーや唐田えりかなど、妻帯者と交際していた女性芸能人ばかりが苛烈なバッシングに晒され、男性芸能人よりも長い間、自粛を強いられた。著名人との不倫関係を告発した一般女性になるとなおさらだ。彼女たちの多くは相手から人間扱いされていないケースが多く、メディアに告白しているのも傷つけられた尊厳を回復するため、という動機が多いのだが、ワイドショーやネット上では、総じて「金銭目的」「売名」「ハニートラップ」などと誹謗中傷を浴びせられる。

 民主主義国でこんな差別がまかり通っているのは日本だけだ。たとえば、アメリカでは、ビル・クリントン元大統領の不倫スキャンダルが発覚したとき、妻のヒラリー・クリントンが夫を擁護したが、そのことは当時、厳しく批判されたし、ヒラリー自身の大統領選のときにも再び批判されている。

 ところが、日本では妻の既得権益ばかりがやたら強調される一方で、いちばん弱い立場にある不倫相手の女性の人権が完全に無視され、平気で蹂躙されているのだ。

不倫相手の女性への攻撃によって、男たちはやりたい放題になる

 しかも、この差別は女性に水商売やセクシー女優などの肩書きがあったり、性のはけ口的な役割を担わされていたりすると、さらにエスカレートする。今回の渡部の件でも、街の声や女性コメンテーターなどからも、東出昌大の不倫と比べて、「1人の人と3年も付き合ってた東出よりはマシ」とか「フウゾクみたいなものだから、まだ許せる」といった意見が、まるで正論のように堂々とワイドショーで語られていたが、性搾取を全面肯定するかのようなこれらの意見は、麻生太郎の女性差別発言とほとんど同じではないか。

 まったく許しがたいが、こうしたバッシングが罪深いのは、不倫女性を傷つけ、追い詰めるだけではないことだ。

 声をあげる女性に対して「おまえも加害者だ」「自分も不倫をしたくせに」などとバッシングされる状況を許したら、それこそ女性は自分にも罪があると思い込ませられ、どんなに理不尽な行為をされても、声をあげられなくなるだろう。そして、結果的に男は婚姻制度を隠れ蓑にして、やりたい放題できる状態になってしまう。

 バッシングしている人びとがこのことに気づいていないはずはない。そんなことはとっくにわかっていて、だからこそ、自分たちが優位に立てるその差別構造を守るために、不倫相手の女性を攻撃しているのだ。

 女性たちはこんな卑劣な詐術にひっかかってはならない。相手が結婚しているかどうかなんて関係ないし、自分が不倫関係の当事者になってしまったことを恥じる必要もない。あらゆる関係において、人格や尊厳を侵害されていると感じたら、どんどん声をあげていくべきなのだ。

最終更新:2020.06.16 04:49

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

渡部建の「不倫相手」の女性たちをバッシングする人びとの間違いと差別性! 武井壮、ブラマヨ、指原、ゆきぽよ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ゆきぽよ吉田敬女性蔑視指原莉乃本田コッペ武井壮渡部建週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
2 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 竹田恒泰の側近が詐欺逮捕、その裏側には
5 死者最多の大阪・吉村知事が会見で追及され小学生レベルの逆ギレ
6 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
7 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
8 星野源がエッセイで明かしていた音楽が政治に利用される危険性
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 ローラへのバッシング報道の裏側
11 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
12 X JAPAN、TAIJIの死の謎
13 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
14 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
15 黒歴史!封印されたドラえもん
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
18 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
1 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
4 自民党候補が街頭演説でLGBT差別、安倍がその動画を拡散
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄