ジャニーズ事務所がTOKIOメンバーに山口強制わいせつの責任を押しつけ!なぜメディアはジャニーズの責任を問わないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamaguchi_180426_top.jpg
山口達也の事件を受けて会見を開いたTOKIOだが…

 本日午後、山口達也の未成年に対する強制わいせつに関して、TOKIOの残りの4人による会見が開かれた。

 リーダーの城島茂が山口から脱退の申し出を受けたうえ事務所退所のための辞表を提出されていることを明かしたり(結論は保留)、松岡昌宏からは「TOKIOに帰る場所がある、帰りたいという思いがあり、その甘えの根源が僕らTOKIOだとしたら、あくまでこれは自分の意見ですが、そんなTOKIOなら1日も早くなくした方が良いと思います」との辛辣な意見まで飛び出す会見となった。ひとまずTOKIOは4人で活動することになりそうだが、それにしても、一方で気になるのが、今回の騒動をめぐるジャニーズ事務所の対応だ。

 1日、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長からお詫びのコメントが発表された。そこには、〈私自身は全ての所属タレントの「親」としての責任を負いながら今後も彼らが“ひと”として成長できますよう、支援し続けて参る所存でございます〉といった文言が書かれていた。

 ワイドショーはこれを「異例の対応」と取り上げ、さもジャニーズ事務所が今回の問題を真摯に検証し、反省しているかのように取り上げた。会見前に放送された『ビビット』(TBS)では、国分太一が涙ながらに「(TOKIOの)産みの親にこんなことを言わせてしまったのが本当に情けない」と話してジャニー喜多川社長の手紙について語っていたが、この社長の手紙をそのようなかたちで取り上げるのはとんでもない間違いだ。

 山口の書類送検が報道されたのは先月25日のこと。あれから1週間近くの時が経っており、いまさら謝罪文を出すのではあまりにも遅すぎる。本来であれば即日出されるべき文章だろう。

 そもそも、なぜ謝罪の会見の場にいるのがTOKIOの4人だけで、事務所のジャニー社長や、メリー喜多川副社長、藤島ジュリー景子副社長ら幹部の姿がないのか。SMAPのときもそうだったが、「連帯責任」の負担を背負うのが、どうしてメンバーだけで、事務所のトップはその責を逃れているのか。

ジャニーズ事務所は事件を1カ月近く隠蔽し、謝罪文でも「キスだけ」と矮小化

 もしも、これがジャニーズ事務所ではなく、弱小事務所のタレントの問題であったら、遅すぎる謝罪文は「異例の対応」などと褒めそやされることなく批判されていただろうし、謝罪会見の場に事務所のトップがいないことも非難の対象になっていたことだろう。

 今回の山口達也をめぐる問題に関して、ジャニーズ事務所の対応はあまりにもひどい。

 まず、その対応の遅さと隠ぺい体質だ。先月26日に行われた山口達也の会見でそれは露呈した。

 会見冒頭ではまず、ジャニー喜多川社長による自社タレントへのセクハラをめぐる報道の裁判をはじめ、長くジャニーズ事務所の代理人を務めてきたのぞみ総合法律事務所の矢田次男弁護士が冒頭に挨拶を行い、「会社が知ったのはつい最近。本来ならもっと早く報告すべきだった」と述べた。

 しかし、この「つい最近」というのはとんでもない嘘だ。というのも、被害届が出されたことを警察からの連絡で山口が知ったのは3月末のことで、山口自身がこのことをジャニーズ事務所に報告したのは「4月あたま」と説明したのだ。つまり、ジャニーズ事務所は山口の事件を1カ月近くも隠していたことになる。「知ったのはつい最近」とはとても言えないだろう。

 この時点ですでにあり得ない対応だが、事件が公になった後の対応もこれまたひどかった。事件が報道された当日、ジャニーズ事務所は報道関係者に宛ててこのようなコメントを発表した。

〈お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております。被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させていただきました〉

 全文を引用してもこれだけである。その短さは言うまでもなく、〈お酒を飲んで〉〈キスをしてしまいました〉などと事件を矮小化し、被害者への謝罪の念が感じられないのはもちろん、事務所としての責任についてはいっさい言及がない。こんな企業対応で済まされると思っているのは、ジャニーズ事務所の驕りそのものだ。

なぜメディアは、ジャニーズ事務所に山口事件と隠蔽の責任を問わないのか?

 そして、このような事務所の対応を助長しているのが、ジャニーズへの異常な忖度を見せるメディアだったのは間違いない。

 実際、山口が書類送検されたという一報はNHKが流したが、これもNHKはジャニーズ事務所と相談の上、発表時期を決定していたはずだ。山口と被害者の女子高生はNHK・Eテレの番組『Rの法則』で共演して知り合っていることから、NHKは事前に山口の事件を把握していたことは確実。そして、報道が4月25日になったのは、ゴールデンウィーク前で軒並み週刊誌が合併号となっており、すぐに後追いできないタイミングを見計らったのは明らかだ。つまり、ジャニーズ事務所は社会的・道義的責任よりも、自社のダメージを最小限に抑えることを優先させ、公表時期をコントロールしてきたのである。

 しかもこの間、山口が出演する番組は通常通り放送され、事件が明るみになった25日も山口は報道も扱う『ZIP!』(日本テレビ)に普段通り生出演していた。ようするに、完全にジャニーズ事務所はテレビ局を舐めきった対応をおこなっていたということになる。もし、これが弱小の芸能事務所であれば、テレビ局は激怒して出入禁止や他の所属タレントの出演見合わせなどの処置をとっていてもおかしくない。

 にもかかわらず、ジャニーズ事務所の顔色を伺うワイドショーはいずれも弱腰な姿勢を露呈。どの番組も山口の事件を大きく報じ、被害者が女子高生だということもあり山口を批判してはいるものの、もっぱら山口の甘さや酒癖といった個人攻撃だけで、不祥事の温床であるジャニーズ事務所の体質が追及されることはない。しまいには「連帯責任」という言葉に象徴される「TOKIOの絆」といった話題がクローズアップされる始末。

 繰り返すが、なぜ何の責任もないTOKIOのメンバー4人が矢面に立つ一方、事務所の幹部はその姿を見せないのか。そもそも、なぜ辞表を提出されて結論を考えるのがグループリーダーの城島なのか。グループに残しても辞めさせても批判されるのは容易に想像できることで、それこそ、事務所の人間が判断するべきことであり、この状況はメンバーにその責任を押しつけ逃げようとしているようにしか見えない。そしてなぜ、メディアはジャニーズ事務所の管理責任を問うこともしなければ、隠蔽についてジャニーズ事務所に説明を求めることすらしないのか。

 一事が万事この調子では、ジャニーズ事務所がタレントのケアやマネジメントができているとは到底思えない。

“甘さの根源”はTOKIOでなく、ジャニーズ事務所の不祥事隠蔽体質にある!

 いや、実際できていないのだろう。先日から本サイトでお伝えしているように、山口の事件はたまたま表沙汰になっただけで、ジャニーズ事務所はこういった騒動を引き起こし続けてきた。Hey! Say! JUMP中島裕翔が路上で女性に抱きついた痴漢行為、嵐の大野智による大麻吸引および3P 疑惑、同じく嵐の松本潤がAV女優の葵つかさを「性のはけ口」扱いした件など、枚挙に暇がない。しかし、事務所はこれまでも所属タレントの私生活における問題行動を放置し、その結果引き起こされた不祥事を揉み消してきたのだ。

 今回ジャニー社長が不祥事にコメントするのは「初」などと報じられていたが、そもそもジャニーズのタレントたちの不祥事がテレビやスポーツ紙で報じられない。ジャニーズ事務所は、所属タレントの問題行為を諌めもせず、もしもそれが問題となれば、メディアに圧力をかけて「なかったこと」にさせてしまう。ジャニーズタレントたちには「ジャニーズだから何をやっても大丈夫」という意識が少なからずあるだろう。山口の事件は、事務所のこういった姿勢が引き起こしたものともいっても過言ではない。

 ネット上で被害者の少女を特定するような動きが出ていたり、挙げ句の果てには、「のこのこ家について行った女のほうも悪い」などと被害女性のほうを攻撃するような意見まで出ている。性暴力被害にあった女性に対する攻撃が日本ではなされがちだが、今回はそれに加え、ファン特有の「夢を壊すようなスキャンダルは一切嘘ということにする」確証バイアス的傾向も手伝い、より苛烈なものになっているのではないか。こうした確証バイアスの形成に、ジャニーズ事務所はもちろん、ジャニーズ事務所を正しく批判してこなかったメディアも加担していることは言うまでもない。

 松岡は今日の会見で「(山口の)甘さの根源がTOKIOなら、早くなくしたほうがいい」と痛切な思いを口にしていたが、甘さの根源はTOKIOでなく、ジャニーズ事務所の体質、そしてメディアの癒着にある。

 ジャニーズ事務所も、それに唯々諾々と従うメディアも、双方の姿勢が改まらない限り、また近いうちにこのような事件は繰り返されるだろう。

最終更新:2018.05.02 11:24

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ジャニーズ事務所がTOKIOメンバーに山口強制わいせつの責任を押しつけ!なぜメディアはジャニーズの責任を問わないのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TOKIOジャニーズ会見山口達也編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
2 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
3 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
4 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
5 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
8 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
9 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
10 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
11 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
12 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
13 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
14 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
15 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
16 セカオワSaoriの壮絶いじめ体験
17 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
18 辻仁成が告白「彼女に新しい人が…」
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 不倫?谷亮子の意外な肉食遍歴
1 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3 炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
8 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
9 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
10 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
11 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
12 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
13 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
14 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
15 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄