ジャニーズ御用「女性セブン」が山下智久の“二股”を報じた裏! 山Pが飯島マネ、SMAP独立組と合流?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sebun_01_20180212.png
山下新恋人を報じた「女性セブン」(小学館)


「山下智久11歳年下テラハ美女とハワイ それでも切れない石原さとみと未練の夜」

「女性セブン」(小学館)2月22日号がこんな見出しで、山Pこと山下智久の“二股”を報じた。

 記事では、まず山下と新恋人とのお忍びハワイ旅行を報じている。新恋人は人気番組『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(通称テラハ フジテレビ)で“番組史上NO1美女”との触れ込みでブレイクしたモデルNikiだ。記事によると、山下とNikiは1月下旬、ハワイの「トランプインターナショナル」に滞在し、1週間ほどバカンスをたのしんだという。

 山下といえば、石原さとみと数年前から交際が報じられてきたが昨秋ごろから破局説も流れており、やはり現在はこのNikiが恋人で、石原とは破局していたのかと思いきや、記事はそれだけでは終わらない。Nikiとのハワイ旅行から帰国した数日後、山下は別れたはずの石原の自宅を訪れたことも報じられているのだ。

 自主規制なのか、記事には「二股」「浮気」という文字こそ一切なく、“石原さとみと別れた”ことを強調していたが、暴いた事実関係は明らかに二股といわれておかしくないもの。

 しかし「女性セブン」といえば、本サイトの読者ならご存知のとおり、バリバリの“ジャニーズ御用”週刊誌。その「セブン」がなぜ、ジャニーズの人気タレントである山下のスキャンダルをここまで大々的にかつ詳細に報じているのか。二股疑惑はもちろんただの熱愛旅行ですら、通常ならあり得ない記事だ。

「スクープしたのがジャニーズの御用週刊誌『セブン』ですから、今回の記事については諸説、取り沙汰されています。ネタ元がジャニーズそのものだというものや、逆に山下との破局を決定的にしたい石原の所属事務所ホリプロ説、さらにはNikiと宿泊したハワイのホテルの部屋がバーニング系列の会社社長所有だったことからバーニング系のリーク説もある。しかし情報源がどこであれまちがいないのは、ジャニーズが、山下のスキャンダル掲載をOKしたということです」(週刊誌記者)

「女性セブン」が、どんな小さなネタであっても、ジャニーズタレントに関する記事をジャニーズ事務所におうかがいをたてることなく掲載することはない。今回の山下の記事についても了承スミ。それどころか「どんどん書け」と煽っていたという話まであるのだ。

 この背景には、SMAP独立問題とそれを生んだ派閥抗争の影響がある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ジャニーズ御用「女性セブン」が山下智久の“二股”を報じた裏! 山Pが飯島マネ、SMAP独立組と合流?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ女性セブン山下智久時田章広石原さとみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
2 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
5 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
13 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
14 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
15 産経が新潟知事選でフェイク野党攻撃!
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
20 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄