ジャニーズ御用「女性セブン」が山下智久の“二股”を報じた裏! 山Pが飯島マネ、SMAP独立組と合流?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sebun_01_20180212.png
山下新恋人を報じた「女性セブン」(小学館)


「山下智久11歳年下テラハ美女とハワイ それでも切れない石原さとみと未練の夜」

「女性セブン」(小学館)2月22日号がこんな見出しで、山Pこと山下智久の“二股”を報じた。

 記事では、まず山下と新恋人とのお忍びハワイ旅行を報じている。新恋人は人気番組『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(通称テラハ フジテレビ)で“番組史上NO1美女”との触れ込みでブレイクしたモデルNikiだ。記事によると、山下とNikiは1月下旬、ハワイの「トランプインターナショナル」に滞在し、1週間ほどバカンスをたのしんだという。

 山下といえば、石原さとみと数年前から交際が報じられてきたが昨秋ごろから破局説も流れており、やはり現在はこのNikiが恋人で、石原とは破局していたのかと思いきや、記事はそれだけでは終わらない。Nikiとのハワイ旅行から帰国した数日後、山下は別れたはずの石原の自宅を訪れたことも報じられているのだ。

 自主規制なのか、記事には「二股」「浮気」という文字こそ一切なく、“石原さとみと別れた”ことを強調していたが、暴いた事実関係は明らかに二股といわれておかしくないもの。

 しかし「女性セブン」といえば、本サイトの読者ならご存知のとおり、バリバリの“ジャニーズ御用”週刊誌。その「セブン」がなぜ、ジャニーズの人気タレントである山下のスキャンダルをここまで大々的にかつ詳細に報じているのか。二股疑惑はもちろんただの熱愛旅行ですら、通常ならあり得ない記事だ。

「スクープしたのがジャニーズの御用週刊誌『セブン』ですから、今回の記事については諸説、取り沙汰されています。ネタ元がジャニーズそのものだというものや、逆に山下との破局を決定的にしたい石原の所属事務所ホリプロ説、さらにはNikiと宿泊したハワイのホテルの部屋がバーニング系列の会社社長所有だったことからバーニング系のリーク説もある。しかし情報源がどこであれまちがいないのは、ジャニーズが、山下のスキャンダル掲載をOKしたということです」(週刊誌記者)

「女性セブン」が、どんな小さなネタであっても、ジャニーズタレントに関する記事をジャニーズ事務所におうかがいをたてることなく掲載することはない。今回の山下の記事についても了承スミ。それどころか「どんどん書け」と煽っていたという話まであるのだ。

 この背景には、SMAP独立問題とそれを生んだ派閥抗争の影響がある。

SMAP独立の際にジャニーズに忠誠を誓った山ピーだったが…

 そもそも山下は、事務所入所当時からジャニー喜多川社長のお気に入りであり、NEWSも「いまデビューできなければ事務所を辞める」と申し出た山下のために結成されたグループだった。しかし山下はその後、ドラマのギャラをめぐりメリー喜多川副社長と揉めたことからNEWSを脱退、同時にメリー氏の娘である藤島ジュリー景子副社長の管轄(ジュリー派)からも外れ、ジャニー社長の仲裁で、非主流派でありSMAPの育ての親である飯島三智マネージャー(飯島派)に鞍替えしたという経緯がある。

 メリー氏・ジュリー氏と飯島氏の対立が深刻化するなか、勃発したのがSMAP独立騒動だった。このとき、山下も飯島氏から独立を打診されたが、しかし山下は狼狽し“独立など画策していない”と事務所に忠誠を誓ったと報じられている。

 その後、山下は亀梨和也主演の『ボク、運命の人です。』(日本テレビ)に出演、大ヒットした『青春アミーゴ』以来となる亀梨とのユニットでCDをリリース。また山下主演の人気ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』(フジテレビ)新シリーズにも出演し瀕死の月9枠で好視聴率をあげ、さらに今年7月には劇場版『コード・ブルー 〜ドクターヘリ緊急救命〜』が公開を控えるなど、事務所から干される事態は回避されたと思われていた。

 しかし、それはあくまで表面上のことだという。

「そもそも山下はメリー氏に一度楯突いた身。さらにSMAP騒動でも飯島氏との親密な関係や、独立までが取りざたされた。山下に対して、いまだ“裏切り者”“飯島派”という認識は変わっていません。一度裏切った人間を絶対に許さないのがメリー氏ですからね」(元ジャニーズ関係者)

 実際ジャニーズの“山下排除”は確実に進んでいるとみられている。この間、山下は年末恒例のジャニーズカウントダウンに参加したり、犬猿の仲だった亀梨和也に近づくなどの動きもあったが、しかし実際は騒動以降も、山下が置かれた立場は微妙なままであり、事務所も山下を露骨に干すことはしなくても、守ることはしないというスタンスだという。

「たとえば映画化もされる『コード・ブルー』は、もともと山下主演の人気シリーズだったが、昨年夏に放送された第3シーズンにもジャニーズはなぜか乗り気じゃなかった。視聴率苦にあえぐフジに頼み込まれ渋々OK、その代わりにねじ込んだのが、ジュリー氏がゴリ押し中のHey! Say! JUMP有岡大貴。映画を最後に山下を切って、今後放送するときは有岡ら第3シーズンで加わった新人救命医を演じた若手たちを主役に交代させたシリーズに変わるという説も根強い」

飯島氏と接触、「新しい地図」移籍の動きも?

 そして、追い詰められつつある山下は、再び飯島氏と接近。水面下で「新しい地図」への移籍を含めた話し合いを進めているとの情報も流れていた。

「Kis-My-Ft2についてはあきらめた飯島さんですが、山下のことは気に入っていて、なんとかしてやりたいと考えているようです」(元ジャニーズ関係者)

 そんなところに出てきたのが、この御用週刊誌「女性セブン」の二股報道だった。

 周知のように、SMAPの独立派メンバーも、同じ目にあっている。2017年前半、キムタクを除くメンバーたちの熱愛や結婚、そしてスキャンダル報道が相次いだのだ。1月には草なぎ剛が交際女性について“周囲に結婚の報告をした”と報じられ、3月には中居正広とダンサーの武田舞香の同棲報道が報道された。しかも、スクープしたのはジャニーズ御用雑誌「女性セブン」(小学館)。えげつない、いやがらせ報道だったが、しかし4月、さらなる衝撃的報道がなされる。「週刊文春」(文藝春秋)が香取慎吾の“隠し子疑惑”を報じたのだ。香取は以前から子どもがいるという“都市伝説”が存在はしていたが、「週刊文春」も、SMAP解散騒動でジャニーズ事務所と太い情報ルートを確立しており、これもジャニーズサイドからの情報だった可能性が濃厚だ。

 この隠し子報道に対し香取本人は完全否定で真相は藪の中だが、一方の中居に関しては事務所に残留した10月になって同棲をスクープした「セブン」で破局が報道された。

 今回の山下の“二股”報道がジャニーズによる移籍阻止のための恫喝なのか、あるいは移籍前提の嫌がらせなのかはわからないが、山下の置かれた微妙な状況を反映しているスキャンダル記事であることは間違いないだろう。

 山下ははたして「新しい地図」に移るのか。今後の動きを注視したい。

最終更新:2018.02.12 12:06

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ジャニーズ御用「女性セブン」が山下智久の“二股”を報じた裏! 山Pが飯島マネ、SMAP独立組と合流?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ女性セブン山下智久時田章広石原さとみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
2 GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都
3 村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を
4 辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
5 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか?
8 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
9 電通社員自殺でも弘兼憲史が宴会芸賛美
10 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
11 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
12 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
13 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
14 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
15 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
16 産経の総帥が軍の慰安所関与証言
17 百田尚樹小説の村上春樹揶揄に新潮社が
18 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
19 ついに村上春樹が原発反対を表明!
20 キンコメ高橋が法廷で母親の自殺を告白
1 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
5 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
6 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
8 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
9 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
12 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
13 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
14 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
16 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
17 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
18 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
19 辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
20 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄