過熱する高畑裕太レイプ事件報道で被害者のプライバシー暴き、セカンドレイプが横行! ネットでは被害者の年齢中傷も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takahata_160825_top.jpg
ANNnewsCHより


 俳優の高畑裕太容疑者が起こした強姦致傷事件でいま、テレビはもちきり状態になっているが、そこで信じがたい報道が横行している。

 テレビ局は今回、被害女性の勤務先であるビジネスホテル前から事件をレポート。ぼかし処理を施しているとはいえ建物の特徴は捉えており、周辺に詳しい人が見ればすぐにわかる。さらには、ホテルの常連客に取材をし、“40代と聞いてあの人だとすぐに思ったくらい美人”という趣旨のコメントを流すなど、デリケートに扱うべき事件被害への配慮のかけらもない報道を展開しているのだ。

 実際、報道を受けてネット上ではすぐさまホテル名が特定され、結果、ホテル従業員の女性とされる写真(別人の可能性が高い)が投稿される事態まで巻き起こしている。

 それだけではない。24日放送の『バイキング』(フジテレビ)では、母・高畑淳子の親友だというピーターが「示談になるっていう可能性は……どうなんですか?」と述べ、さらに本日25日放送ではアンガールズの田中卓志が「テレビ復帰、絶対無理ですかね?」などと言い出した。

 田中のこの発言には、MCの坂上忍が「復帰って話じゃないよ、これは。被害者の方がいるわけであって、心の傷も癒えてないのに、いま、復帰の話なんて冗談じゃないよ」と本気の説教を行っていたが、当然の反応だ。示談の話にしても、強姦致傷は非親告罪であり示談の成立は起訴・不起訴に関係しないが、高畑本人も犯行を認めているなかで示談の話をもち出すこと自体が「性犯罪は金で解決できるのでは」という歪んだ発想があるとしか思えない。

 相手が芸能人だったために過剰な報道に巻き込まれ、犯罪を矮小化するかのような発言が当然のように公共の電波に乗る。そして、被害者のプライバシーがどんどん暴かれ、二次被害が広がっていく。──これは、テレビの過熱報道がセカンドレイプを誘発している状態であり、被害者を苦しめる犯罪行為だ。

 しかし、こうした状況に疑義が呈されないばかりか、ネット上では事件が発覚して以降、被害者の年齢が40代であることから、とんでもない反応が垂れ流されている。

「40のババア大袈裟すぎんだよ、金が欲しいだけだろ」
「40代のババアが女として見られただけいいと思えよ。何通報してんだよ」
「高畑裕太許してあげなよ どうせ40のババアだし てかいいじゃん俳優とやれたんだし」

 40代のババアは被害を受け入れろ、黙っていろ──。つまり、女性の価値を年齢で推し量り、犯罪を犯罪とも捉えていないのである。

 もちろん、現在の日本で性暴力のターゲットになっているのは圧倒的に10〜20代の女性たちではあるが、2014年度の犯罪白書によると、強姦犯罪の被害者は40代が4.4%、50代が1.0%、60歳以上が1.1%。昨年には愛知県で、農作業中の80代の女性が38歳の男性に襲われ、強姦未遂で逮捕される事件も起こっている。

 こうして実際に年配の女性が性暴力の被害に遭っているにもかかわらず、今回のネット上の反応のような社会の視線に晒されることを恐れて、被害の実態を訴えていない女性が多くいることは想像に容易い。すべての性暴力の被害者が被害を訴えにくい世の中ではあるが、中年や高齢者の場合、肉親や配偶者、子どもに知られたくないという思いや、今回のように世間からの「いい年して」という年齢差別や犯罪を過小評価する視線が、被害者たちに泣き寝入りを強いているはずだ。

 しかも、今回のテレビ報道が被害者のプライバシーへの配慮があまりになさすぎる要因に、この年齢の問題があるのではないか。性犯罪の被害者に対しては、週刊誌などは被害者特定につながりかねない情報を出すことがあるが、テレビはそれにくらべればまだ慎重に扱っている。それが今回は、そうした配慮がまったく見えない。相手が芸能人であることだけではなく、被害者女性を「年齢も年齢だから」と、どこかで軽んじて扱っているのではないか。社会の反応を見ていると、そんな気さえしてくるのだ。

 あまりに当然のことだが、性犯罪の恐怖、尊厳を台無しにされることの暴力性、そして犯罪は犯罪であることに、年齢は関係ない。だが今回、「年増は被害者面するな」という価値観が露呈したように、この社会は女性への年齢差別に無関心すぎる。これから先、事件が司法の場に移れば、「なぜ抵抗しなかったのか」「回避できたのではないか」という被害女性をさらに貶める意見が必ず出てくるだろうが、そのまえに、テレビ報道関係者と被害者叩きをしている者たちは、自分が第二の加害者になっていることをしっかり認識するべきである。
(田岡 尼)

最終更新:2016.08.25 11:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

過熱する高畑裕太レイプ事件報道で被害者のプライバシー暴き、セカンドレイプが横行! ネットでは被害者の年齢中傷ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
2 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
3 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
4 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
5 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
6 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
7 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 れいわ議員の介助費用に「税金遣うな」攻撃、対照的だった『とくダネ!』
14 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
15 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
16 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
17 DAIGOの父は許永中の片腕だった
18 頓挫した大阪ワクチンと吉村・松井の闇!日大事件で逮捕の人物も関与か
19 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
20 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
1 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5 吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
6 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
8 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
11 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄