『グッディ!』土田晃之マジギレ事件でわかった、芸能人コメンテーターの限界とフジスタッフの頭の悪さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
goody_150811.jpg
左・フジテレビ『直撃LIVE グッディ!』オフィシャルサイト/右・太田プロダクション公式サイトより


 1.1%という最低視聴率を更新したことで話題の『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)にまたもやトラブルが発生した。
 
8月7日放映の「グッディ」では、その前日の「女性セブン」(8月27日号)で歌手森進一が28歳年下のOLとの熱愛を報じたことを受け、7日早朝、散歩する森を直撃、散歩に同行する形で密着取材を行った。

 自宅から出てきた森を発見するや、コメントを取ろうと必死に話しかける番組ディレクター。「幸せ一杯ですか?」「結婚は?」「(記事では)生活に潤いが出た、彩りを与えてくれたとありますが」「どのへんに彩りが出たのでしょうか」

 ディレクターの問いかけに無言で歩き続ける森。それを必死に追うディレクター。こうしたやり取りが延々と映されるのだが、そのVTRが流れる中、スタジオからはMCの安藤優子やコメンテーターの土田晃之と思われる「どのへんと言われてもね」「うるせーこいつ」「バカみたいなこと聞いてっからだ」と取材するディレクターに対し非難とも思える声が被さった。

 そしてVTRが終わり画面がスタジオに切り替わった途端、安藤と共にMCをつとめる高橋克実が頭を下げ、森に対する謝罪と取材に対する非難を口にしたのだ。

「森進一さん。本当に申し訳ありませんでした。(朝の)穏やかな時を何をしていたんですか、この番組は」

 これに対し安藤も「心臓ドキドキしちゃいました」と苦笑しながら応えたが、しかし土田は露骨に不快感を表し、こう言い捨てたのだ。

「本当にくそみたいだね」「迷惑だよ」

 確かに、長時間に渡り、早朝散歩をする森を追いかけ回したやり方はあまりに執拗だったし、そもそもそこまでやる相手か、という疑問は残る。しかしこうした突撃手法は芸能記者、レポーターにとっては一種の“お家芸”であり、過去スキャンダルや熱愛が発覚した芸能人に対して頻繁に行われてきたものだ。最近はあまり見かけなくなったが、「グッディ」はそれを復活させたともいえる。

 実際、最初は無言だった森も、ディレクターの「人生に彩りをということで、ご飯食べる時はピンク色だったりとか」という捨て鉢な質問に、思わず失笑し、その後、ぽつりぽつりと質問に答え出したのだ。ある意味、芸能レポーターの本領発揮ともいえる直撃取材だった。

「グッディ」の直撃精神は今回の森だけではなく“マスコミタブー”であるジャニーズ事務所にも向けられたことがある。

 それが今年5月26日の中居正広の囲み取材の場だった。この日「コカ・コーラ ゼロ」のイベントに出席した中居だったが、その直前ラジオで父親が亡くなったことを明らかにしており、主催者からは「プライベートな質問はNG」とのお決まりの説明がされていた。ところが、「グッディ」のレポーターだけは「(父親の死因である)ガンに対する思いは」などと執拗に質問をし、「安藤さんに聞いてこいっていわれたの」と返されている。

 しかし、この中居の一件にしても、森のことにしても、それを取り上げたネットニュースや芸能マスコミは「土田が激怒」「執拗な取材に批判」「中居が大人の対応」「グッディがまたやらかした」などと「グッディ」を批判する形でこれを伝えている。

 だが、はたしてそうなのだろうか。マスコミタブーである中居のプライベートを果敢に質問したことは芸能レポーターとしては賞賛に値する。むしろ、問題は芸能ネタを取り上げる番組コメンテーターやMCを同じ芸能人が務めているということだろう。俳優の高橋にしろ、芸人の土田にしろ、大御所歌手であり大先輩の森のスキャンダルに適切なコメントなどできるはずがない。実際、大御所だけでなく所属事務所や利権、人脈の関係から、彼らは芸能ネタにはいつも完全に腰が引けている。

 さらに言えば、自分たちも「何かあればレポーターに追いかけられる芸能人」という身。そんな人物たちが同じ芸能人を叩くことはできないし、タブーを破ることなど期待できない。コメンテーターを務めること自体に無理があるのだ。

 せっかくの直撃をこうしたMCやコメンテーターといった“身内”に批判されるのだから、スタッフもたまったものではないが、しかし、「グッディ」の場合はスタッフ側にも問題がないわけではない。

 たしかに直撃取材やしつこい取材をやっていのだが、覚悟をもってやっているとは到底思えないのだ。森や中居のケースを見てもわかるように、ただただ、突撃しているだけ。直撃すべき相手、執拗に食い下がるテーマかどうかという判断がまったくない。

 そのダメさが露わになったのが、事故死した萩原流行の夫人の2回の会見だ。5月22日に行われた最初の会見では生中継を禁止する約束にも関わらず、それを破り代人弁護士から注意を受けている。これに対しMCの安藤は「ちょっと現場の取り決めが、私達の解釈と違う部分があったのかもしれません」と仕切りや連携の悪さを露呈させた。

 また7月1日に行われた妻の2回目の会見では、番組冒頭から「注目の会見が始まります」「生中継でお届けします」と煽りに煽っておきながら、その内容が警察批判だとわかると、すぐに生中継を打ち切り、話題さえも別なものに差し替えてしまった。

 確信犯なのか、ケアレスミスによるトラブルなのか、万事こんな調子なのだ。何をしても一貫性がなく、戦略性もなくグダグダ。現場とスタジオの考えが統一しておらず、何をやりたいのかの方針も不明。現場もスタジオも常にドタバタしていて、統括する人物はいないのかと疑問に思うほどだ。

 土田の芸能人利権を守る態度にムカついて、一瞬、スタッフを擁護しようと思ったが、やっぱり、この番組、頭が悪すぎるかもしれない――。
(林グンマ)

最終更新:2018.07.22 09:51

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ジャーナリズムは甦るか

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『グッディ!』土田晃之マジギレ事件でわかった、芸能人コメンテーターの限界とフジスタッフの頭の悪さのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブーフジテレビ土田晃之林グンマ直撃LIVE グッディ!の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 X JAPAN、TAIJIの死の謎
8 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
9 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
10 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
11 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
12 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
13 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
14 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
15 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
16 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
17 川島なお美が近藤誠の診断を告発
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
1 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄