SKE時代にはもう戻りたくない…卒業したアイドルの告白から見る、アイドル業界の過酷さ、貧困、性接待強要の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kanekoshiori_150802.jpg
「金子栞オフィシャルブログ Powered by Ameba」より


 表向きは華やかな“アイドル”という職業だが、その裏では“やりがい搾取”にも似た過酷な労働がまかり通っているのは昨今盛んに報道されている通り。そして、そんな報道を裏付けるかのように新たに裏実情を告白する元アイドルが現れた。

 2014年にSKE48を卒業し、現在ではグラビアを中心として活動している金子栞が「週刊実話」(日本ジャーナル出版)2015年7月23日号掲載の杉村太蔵との対談でSKE48時代を振り返っているのだが、その発言があまりにもネガティブで話題を呼んでいる。

「(「栞さんは、SKEのころから“地味系”だったんですか」という質問に対し)そうですね。そのころからずっと引っ込み思案です。どうしてかっていうと、ダンスや歌が嫌いだったから(笑)。センスがなくて、踊りは下手で、歌も音痴…。特にSKEは髪をかき乱すような激しいダンスが特徴的だったから…。あ、それと集団でいるのも苦手で、名古屋にもあまりなじめなかったんです(笑)」

「まずご飯が合わなかったかな…。それと、みんな気が強そうで、おっとりタイプの私は気が引けてしまうというか…。地元の埼玉が一番いい。私は地味なんですよね。なのにSKEは踊りも激しく、私はジャンプしても高く飛べないし、動作もワンテンポ遅くて、よく怒られました」
「SKEに入ったことは後悔していないけど、楽しかったかと聞かれると…うーん、まあ、いい経験にはなりました(笑)」
「(「もう一度、SKEに入れといわれたら?」という質問に対し)もう入りたくないです(笑)」

 金子本人も言及している通り、SKE48といえば沖縄アクターズスクール出身の振付師・牧野アンナによる厳しいレッスンと、その結果鍛えられた激しいダンスが特徴のグループ。SKE48のドキュメンタリー映画に収録された、苛酷なレッスンに松井玲奈が腰を故障する一部始終はファンの間で語り草になっている。グループ卒業後も芸能界に身を置く人間でありながらも思わず「(SKE48には)もう入りたくないです」と言ってしまうとは……。グループアイドルの一員として活動するのはそれほど過酷なものなのだろうか?

 金子栞といえば、世間的な知名度は低いものの、SKE48のシングル「オキドキ」「片想いFinally」「アイシテラブル!」の3作で選抜入りし、“SKEのエース候補”とも呼ばれた人物。13年の選抜総選挙では63位にランクインしている。

 そんな恵まれたキャリアを歩んだ人物すら、卒業後このような赤裸々な本音を暴露したことに驚きが隠せないが、昨今のアイドル界の状況を振り返ってみると、その惨状はこんなものではなかった。

 まず、金子栞も所属していたAKB48グループについて。「週刊文春」(文藝春秋)2010年5月6日・13日合併号では、メンバーの父親(名前は伏せられている)からの手記が掲載された〈AKB48は現代の「女工哀史」〉という記事が組まれ、当時大きな話題となった。

 そこには、朝は始発で出かけて夜は終電で帰ってくる過酷な労働環境、そして、それだけのハードワークなのにも関わらず理不尽な薄給しかもらえない悲惨な状況が告白されていた。

〈いまだに娘の給料は約十万円です。現在の所属事務所との契約にはCDの印税から何%、写真やグッズなどの売上から何%、と歩合収入が明記してあったのですが、加算されていないのです。
 イベントのグッズ売上でいくらかの振り込みが一度ありましたが……。親同士で話してみると、ごく一部のメンバーを除いて、選抜組でも月給十万円程度。それなりの額をもらっている人はどうやら三、四人のようです〉(前掲書より)

 記事掲載から5年ほどの月日が経過しているので、現在の状況はこのときに比べれば好転しているのかもしれないが、AKB48グループが栄華を極める過程には、こういった許されざる犠牲があったのである。

 ただこれなどは、たとえ月給10万円でもお金をもらえていただけまだマシなのかもしれない。さらに調べていくと、アイドル業界に蔓延する“貧困”は目を覆うばかりだった。

 とくに悲惨なのが“グラビアアイドル”である。

 出版不況で雑誌が次々と休刊に追いやられ、ただでさえ露出できる紙媒体が少なくなっているのにも関わらず、巷間知られている通りのAKBグループによる水着グラビア進出でグラビアアイドル業界は死屍累々の状態。そこに、雑誌編集部からの“制作費カット”が追い討ちをかける。

〈いまや雑誌のグラビアは、ほとんどがDVDのパブ(宣伝)写真。アイドルには、ギャラが発生しません。DVDも制作費は一本100万円程度で、アイドルは10万円ほどのギャラを事務所と分け合う形になります〉
〈良心的な事務所なら、少ないながらも正当なギャラがもらえる。だがヒドいところだと、事務所とアイドルの取り分の比率が、8対2や、9対1のところもあるという〉(「週刊大衆 臨時増刊」双葉社/12年11月20日号)

 ひどい事務所であれば、ギャラの配分が不公平というだけなく、きちんと支払われないケースもある。グラビアアイドルの杉本有美が未払い分のギャラ支払いを求め、前所属事務所に対して民事訴訟を起こした事件は記憶に新しい。

 いずれにせよ、こんな状況ではとても暮らしていけない。しかも、アイドル活動には仕事で使うものであるのにも関わらず自腹で負担しなければいけない必要経費があるらしい。

〈イベントや、撮影会、それに今はグラビアの撮影でも、自前衣装ということも少なくない。贅沢するつもりがなくても、そういった現場に同じ服は着ていけない。手取りで1万円にもならない仕事だろうと、パブ扱いでノーギャラの仕事だろうと、1回あたり、1~2万円の洋服代はかかる。毎月の給料じゃ全然足りない〉(「宝島」宝島社/13年10月号)

 こうなってくると、アイドル稼業だけではとてもやっていけない。副業に手を染めたとしても誰も責めることはできないだろう。ただ、定時のバイトに入ってしまうと芸能の仕事が優先できなくなる。かといって、顔が知られている仕事なので、キャバクラなど“お水”の仕事も難しい。

 そこで、彼女らの大きな収入源となっているのが、“ギャラ飲み”という、女性がお小遣いをもらって参加する合コンなのだという。

〈相手は、芸能関係者やスポンサー、会社役員など様々。相場として、2~3時間の飲み会で1万円程度もらえます。羽振りの良い人にあたるとプラスしてタクシー代がもらえたりして。女の子のほうも、仕事の繋がりを求めたり、単に日当バイトの場じゃないときもあります〉(「実話ナックルズ」ミリオン出版/12年11月)

 この“ギャラ飲み”は、幹事によるシークレットな人間関係の繋がりのなかでのみ開催されるものなので、同じコンパニオン的な仕事ではあるが、キャバクラのような不特定多数の目に触れることもない。さらに、時間の融通も利くので本業にも差し支えない。加えて、参加する男性も業界関係者が中心で人脈も広がる、と彼女たちにとって都合のよい人気の副業だ。本来は、こんな副業などせずとも、芸能プロダクションがきちんとした対価を払い、本業だけで生活できるよう環境を整えるのが筋なのではあるが……。

 また、彼女たちに襲い掛かる苦難は“貧困”だけではない。アイドルが弱い立場にいることをいいことに“性接待”“枕営業”を強要する悪辣な大人たちの存在が報道され続けているのはご存知の通り。

 近年の代表的なものだけでも、アイドルグループ・仮面女子のメンバーが所属事務所社長による性接待強要を暴露した件、芸能プロダクション・センディングの代表が芸能界デビューをちらつかせた中学生女子にわいせつ行為を強要し逮捕された件、グラビアアイドルの小泉麻耶が元所属事務所幹部から性接待を強要され被害届を提出した件、眞鍋かをりが元所属事務所・アヴィラとの事務所移籍訴訟のなかで枕営業の存在を示唆した件……、並べていけばキリがないほど枚挙に暇がない。

 なぜ、こんなにも“枕営業”が横行してしまうのだろうか? そこには、アイドル志望の女子が増えたことによる過当競争の構図に問題が潜んでいるという。

〈そもそも今の芸能界、売れたい子で飽和状態。(中略)所属していても(事務所の)HPに名前も載せてもらえない子が200人も300人もいる。名前載ってても、タレントとしてはB級扱いなのにそこにすら載せてもらえない。よほど何かないと目を付けてさえもらえないですよ〉(「宝島」宝島社/15年1月号)
〈枕営業といっても、色んなパターンがあると思うのですが、ウチは、社長が手を出す事務所でした。事務所に所属している女の子は何十人もいるんですが、社長と寝なければ何も始まらない。まともな営業もしてもらえず、売ってもらえない〉
(「実話ナックルズ」ミリオン出版/12年11月号)

 なんと、近年横行している“枕営業”は、スポンサー企業の重役やテレビ局のディレクターなど、社外の人間に対するものではなく、“事務所内枕営業”なのだという。

 こういったことが蔓延り始めた背景には、芸能人志望の新人が増えたと同時に、芸能事務所の数も増えたことに問題があるようだ。

〈女の子が増えたと同時に中小のいかがわしい事務所が増えたことにも問題はあると思います。DVDや撮影会にキャスティングできれば芸能事務所を名乗れるような状況なんです。そんな事務所の社長のなかには、女の子といかがわしいことをするための手段と思って運営している人も少なくない〉(「宝島」宝島社/15年1月号)

 同様の指摘は、アイドルライターの、永山あるみ氏からもなされている。

〈AKB48のブレイク以降、雨後の筍のようにアイドルが生まれているが(中略)いまや毎週のようにどこかしらのグループが不祥事を起こしている。その主たる要因は、アイドルブームに便乗して芸能のルールを知らない素人がアイドル運営に参入していること(後略)〉
〈仕事を得るためにプロデューサーと寝るといった枕営業は昔からあったが、「事務所関係者がタレントに手を出す」「アイドルがファンと交際する」というのは、タレントのブランド力を損なうだけで、ビジネス的には目先の欲に負けた愚かな行為だった。だが地下アイドル界ではこれが日常茶飯事〉(「宝島」宝島社/15年9月号)

 インターネットやSNSの普及により、口コミなど草の根の宣伝活動が威力をもつようになった昨今。大手事務所のオーディションに落ちてしまった人でも、規模の小さい環境とはいえ芸能活動をすることが可能となった。しかし、そのような時代の到来が、彼女たちをさらなる危険に晒していたとは……。

 低賃金、枕営業といった業界の悪癖がすぐに是正されるかどうかは分からないが、人々に夢を与える“アイドル”という職業が、アイドル本人にとっても“夢のある”職業になってくれる日が一日でも早く訪れることを祈るばかりである。
(新田 樹)

最終更新:2016.08.05 06:03

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

金子栞/happy smile [DVD]

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

SKE時代にはもう戻りたくない…卒業したアイドルの告白から見る、アイドル業界の過酷さ、貧困、性接待強要の実態のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SKE48新田 樹裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 眞子内親王の結婚に際しても佳子内親王が個人で勇気あるコメント!
2 松井府知事と橋下徹の台風対応が酷い!
3 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
4 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
5 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
6 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
7 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
8 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
9 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
10 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
11 広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
12 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 佳子さまはなぜ学習院をやめたか
15 週刊誌の秋篠宮バッシングは官邸が発信源か?
16 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
17 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
18 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
19 田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
20 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
3 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
4 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
5 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
9 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
10 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12 眞子内親王の結婚に際しても佳子内親王が個人で勇気あるコメント!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄