SKE時代にはもう戻りたくない…卒業したアイドルの告白から見る、アイドル業界の過酷さ、貧困、性接待強要の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 金子栞といえば、世間的な知名度は低いものの、SKE48のシングル「オキドキ」「片想いFinally」「アイシテラブル!」の3作で選抜入りし、“SKEのエース候補”とも呼ばれた人物。13年の選抜総選挙では63位にランクインしている。

 そんな恵まれたキャリアを歩んだ人物すら、卒業後このような赤裸々な本音を暴露したことに驚きが隠せないが、昨今のアイドル界の状況を振り返ってみると、その惨状はこんなものではなかった。

 まず、金子栞も所属していたAKB48グループについて。「週刊文春」(文藝春秋)2010年5月6日・13日合併号では、メンバーの父親(名前は伏せられている)からの手記が掲載された〈AKB48は現代の「女工哀史」〉という記事が組まれ、当時大きな話題となった。

 そこには、朝は始発で出かけて夜は終電で帰ってくる過酷な労働環境、そして、それだけのハードワークなのにも関わらず理不尽な薄給しかもらえない悲惨な状況が告白されていた。

〈いまだに娘の給料は約十万円です。現在の所属事務所との契約にはCDの印税から何%、写真やグッズなどの売上から何%、と歩合収入が明記してあったのですが、加算されていないのです。
 イベントのグッズ売上でいくらかの振り込みが一度ありましたが……。親同士で話してみると、ごく一部のメンバーを除いて、選抜組でも月給十万円程度。それなりの額をもらっている人はどうやら三、四人のようです〉(前掲書より)

 記事掲載から5年ほどの月日が経過しているので、現在の状況はこのときに比べれば好転しているのかもしれないが、AKB48グループが栄華を極める過程には、こういった許されざる犠牲があったのである。

 ただこれなどは、たとえ月給10万円でもお金をもらえていただけまだマシなのかもしれない。さらに調べていくと、アイドル業界に蔓延する“貧困”は目を覆うばかりだった。

 とくに悲惨なのが“グラビアアイドル”である。

 出版不況で雑誌が次々と休刊に追いやられ、ただでさえ露出できる紙媒体が少なくなっているのにも関わらず、巷間知られている通りのAKBグループによる水着グラビア進出でグラビアアイドル業界は死屍累々の状態。そこに、雑誌編集部からの“制作費カット”が追い討ちをかける。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

金子栞/happy smile [DVD]

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

SKE時代にはもう戻りたくない…卒業したアイドルの告白から見る、アイドル業界の過酷さ、貧困、性接待強要の実態のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SKE48新田 樹裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
2 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
3 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
6 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
7 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
8 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
9 昭和の名作裏ビデオ史
10 槇原敬之は明らかに不当逮捕だ!薬物より怖い警視庁組対5課
11 乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!
12 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
13 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
14 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
15 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
16 原発事故前に安倍が地震対策拒否
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
19 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
20 安倍晋三「桜前夜祭」事件で秘書が「違法性を認識していた」と供述!
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
3ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
4古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
5自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄