芸能エキストラ、軽作業、警備員…怪しい求人は損しかしない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
atasiikyuujin_01_150202.jpg
『あやしい求人広告、応募したらこうなった。』(文庫ぎんが堂)

 先の見えない不況で、アルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用労働者の数は増え続けている。厚生労働省の2013年の調査によれば、役員を除く雇用者全体の36.7%が非正規雇用労働者であるとの報告がなされており、いまや労働者の約4割が“非正規”という時代に突入。しかも、そんな彼らをターゲットにした求人広告には、限りなく怪しいものがいくつもある。

『あやしい求人広告、応募したらこうなった。人気バイトの裏側「実体験」ルポ』(多田文明/文庫ぎんが堂)は、ライターという不安定な仕事の傍ら、週に数回入れるアルバイトを求めた著者が、実際にこうした求人広告に応募して、働いてみたところの実情が記されている。本書によれば、こうした求人の多くが、割に合わなかったり、広告の内容と実情が違っていたり、果ては求人という体で詐欺的商法のカモを探しているだけだったりするのである。

 まずは情報誌に多く掲載されている求人の代表格「軽作業」。軽作業にも荷物の仕分けからイベントの機材搬入までピンキリだが、著者はそのなかでも求人数が多く、広告も目立ち、時給も1000円以上の「荷物仕分けの軽作業」に応募した。ところが、面接会場で熟年男性社員はこんなことを言い出したのだという。

「この作業をするにあたって、作業靴や手袋、ヘルメットはご自分で用意してもらう事になります。お持ちでない方には、購入してもらいます」

 しめて3000円。2日間の生活費と同じである。「面接に受かると決まった訳ではないのに、なんで、もう申込書を書くのだろうか。それに、物品を購入しなければ仕事ができないなんて、半強制ではないか」と著者は購入申込書に記入しながらも疑問がとまらなかったが「余計な事を言って、面接に落ちたら最悪である」と、質問はせずに提出した。結局、著者は採用となったが、クール便を保管する冷蔵庫で極寒のなか、重い荷物を仕分けし続け、1カ月で体力の限界をむかえた。

 著者は万年人材不足と言われている警備員のアルバイトにも応募しているが、そこでも「警備で着る制服は貸与いたしますので、安心してください。ですが、保証金として1万5000円いただきます。これは最初のお給料のときにお引きします」と言われている。応募した警備員の日給は7000円。2日間以上の稼ぎが保証金で消えることになる。さらに「また警備員になるにあたって、安全靴や雨具などの必要な装具は、自前で揃えていただきます。もしお持ちでない場合は、最初の給料からの天引きという手段もありますのでご利用ください」とも。まだある。「初日の研修に持ってきてほしい書類があります」と渡された必要書類のメモには「履歴書サイズの写真がさらに3枚必要」「住民票を持参する必要がある」とあった。とにかく最初にかかる金が多すぎるのである。すぐにでも金が欲しくてこうした日給のバイトに応募して来た人もいるだろうに、そこはまったく容赦ない。

 しかも、この警備員のバイトには4日間の研修と健康診断があったが、その日給がいつ支払われるのかと担当者に尋ねると、「30回勤務したあとに銀行振込で支払われます」と回答。これには短期で辞めていくバイトの研修費用を払いたくないという会社の目論みすら見え隠れする。著者は研修の途中でバイトを辞めた。

「清掃業務」にも落とし穴がある。「掃除するだけなら、それほど難しいスキルも要求されないため、すぐに作業できるアルバイトではないのか」と、応募してみたところ「申し訳ありませんが、男性の方のご応募はお断りしています」と軒並み門前払いをくらった。

「ここでようやく分かったのは、求人に“トイレ清掃”とある場合、男性は女性トイレの清掃をすることができないため、基本的に応募はNGという意味なのだった」(本書より)

 これは募集要項に明記されていない場合が多いため、知らなければ応募の電話をいくつもかけることになり、時間の無駄である。

 さらに著者は、トイレ清掃のないマンション清掃員のアルバイトに応募したが、マンションでゴミを見つけた場合の対処法を尋ねると、清掃会社の男性は「基本的にゴミは出ません。もし出たとしても、葉っぱかタバコの吸い殻くらいですね」と“ゴミは出ない”と答えたという。しかしそう言っている矢先、エントランス付近に紙くずとタバコの吸い殻が落ちていたのを見つけると「あっ!」という顔をしながらそれを拾い上げ、「まあ、たまにはこんなゴミが出ることもあります。そんなときは……ここだけの話ですけど、万が一、ゴミが出たら、道路の溝にでも捨てちゃってください」と言いながら、手に持っていたゴミを溝にポイッと捨てたという。しかも、著者はその後、不採用になったらしい。

 求人情報媒体に当たり前のように掲載されているこうした仕事には色々と落とし穴があるが、もっともアブナイのは「芸能エキストラ」だ。バブル時代ならいざ知らず、現在ではエキストラのギャラは5時間で3000〜4000円が相場だという。決して割の良い仕事とはいえないが、著者がある求人サイトを見ていると「幅広い年齢層のモデル・タレントを募集!」として、出演1回につき日給1万円がもらえると記載しているA社の求人を発見した。サイトを通じて応募し、ようやく面接にこぎつける。

 面接会場となった都内のビルには20人以上の男女が集まっていた。そして「面接開始時間になると、やたらにスタイルのいい黒服女性がやってきて、業務の説明を始める。事務所をぐるりと見回すと、スタッフは全員女性。みんなすらりとした美人ぞろいである。ん?この光景はどこかで見た事がある……。そうだ!これはキャッチセールスで連れて行かれた絵画販売会場にいる女性たちにそっくりではないか!」と不安ばかりが募る状況に。書類選考通過の書類にも「実力に応じてギャラはアップし、最高で90万円もらえる」と書いてあったという。この時代にそんな簡単に、しかも未経験だったのに、90万円もらえるバイトが存在するのだろうか?

 会場で女性のひとりが仕事の説明をはじめ「みなさまにお支払いできるギャラは最低でも10万〜30万円以上になります」と断言した。また、雑誌での出演でも数10万円が入るとも説明。テレビ番組出演歴があり、ライターとして稼働する著者は「よほどのメインを張らない限り、こんな金額を手にするなんて、ありえないはずだ。話が誇張されすぎていて、胡散臭さがプンプン匂う」と警戒心を募らせてゆく。

 そして面接では各人が数分間、女性たちに質問を受けるという形で行われたが「これまで、芸能関係の経験は?」と必ず聞かれ、3分間ほどで終了していった。面接の声が筒抜けのためそれを聞いていた著者は「ここに来るほとんどの人は今まで芸能関係に無縁な人たちばかり」とさらに疑念を抱く。いよいよ著者の面接になり「多少ですが、テレビなどで演技つきの役をやった事がありますね」と過去の芸能活動について正直に答えると、女性の顔が明らかにこわばったという。面接は誰よりも短い2分で終わり、帰りに会社案内を渡された。それに目を通すと……。

「合否は1週間ほどでご連絡します。オーディションに合格したあとには、仕事を補完する上でレッスンを受けてもらう場合があります」

 とあり、その金額は30万円。「面接に合格させて、喜ぶ応募者に『あなたの才能を伸ばすためには芸能レッスンが必要』と言って、その費用を請求する。面接会場に芸能関係未経験者が多かったのも、これなら頷ける」と著者は未経験者をカモにした悪徳ビジネスであることを確信した。また、求人情報誌ではなく求人サイトに応募情報を掲載していることについてもこう分析する。

「今回の芸能事務所の事例は、求人サイトの情報を通じて自ら応募しているので、当然ながら特定商取引法は及ばない。そのため、応募者らがレッスン契約を結んだとしても、中途解約やクーリングオフの適用はない。業者らはこの点を熟知しているので、求人情報を利用していると思われる。もしレッスン契約を破棄しようとすれば、契約書の不備を突くことしかないだろう。
 この手のあやしげな求人情報は、求人サイトに多くあるが、求人誌にはあまり載っていない。おそらく、紙をベースにすると、後々まで証拠として求人内容が残るからだろう」

 ネットは求人内容がある一定の期間を過ぎると消去されたうえで更新される。また、クーリングオフが適用される“勧誘による契約”でもない。泣き寝入りしている芸能界希望の若者は多くいるのではないだろうか。

 非正規雇用者はその生活の不安定さから、時にはその日に給与が支払ってもらえる日払い制のアルバイトであったり、とりあえず採用されやすいものを選んだりすることもあるだろう。しかし、安易に飛びつくと大きな落とし穴が待っていることも、よく覚えておきたい。
(寺西京子)

最終更新:2017.12.13 09:13

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

あやしい求人広告、応募したらこうなった。 人気バイトの裏側「実体験」ルポ (文庫ぎんが堂)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

芸能エキストラ、軽作業、警備員…怪しい求人は損しかしない?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アルバイト寺西京子派遣詐欺貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
3 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
6 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
7 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
8 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
9 安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠
10 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
11 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
12 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
13 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
14 『笑点』で三遊亭円楽が「いま日本は本当に民主主義国家ですか?」
15 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 KADOKAWA夏野剛社長に新たな暴言が発覚! 一方、森喜朗には…
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
20 安倍政権御用ジャーナリスト大賞10位〜6位発表! 
1 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
3 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
4 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
5 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
6 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄