鈴木亮平の裸がすごい! 写真集が即売り切れも納得の萌え度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
szukiryouhei_01_140927.jpg
『鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動』(キネマ旬報社)

 本日、最終回を迎えた『花子とアン』(NHK)。スタートから連続で視聴率20%超えするなど好調で、主人公の親友を演じた仲間由紀恵の再ブレイクを筆頭に、数々の出演者たちがブレイクした。とくに多くのイケメン俳優たちが登場しそれぞれにお茶の間の女性たちをキュンキュンさせていたが、なかでも大ブレイクしたのが、主人公である花子の夫・村岡英治を演じた鈴木亮平だ。

 9月15日には、鈴木初のフォトブック『鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動』(キネマ旬報社)が発売された。鈴木については既報のとおり、その肉体美が女子だけでなく2丁目でも絶大な支持を誇っている。今回の写真集ではヌードを披露しているということで、売れに売れている。Amazonでは発売初日に売り切れ、紀伊国屋のウェブストアでも「会員お一人様一点限り」という制限が設けられるほどだった。そんな『鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動』には、いったいどんな写真が収録されているのだろうか。

 まずは、やはり最大の見所であるヌード。真っ黒な背景やモノクロで撮影された見開き8ページにも及ぶ全裸の写真では、ひとつひとつの筋肉の陰影が綺麗に浮かび上がり、それこそ彫刻というか、一種の芸術品のような仕上がりになっている。とくに、首の後ろで手を組み、肘をあげて身体を伸ばした写真では、綺麗に割れた腹直筋だけでなく、大胸筋や横腹の腹斜筋までじっくり観察することができるのだ。

 バックショットも、膝のあたりまで大胆に披露しており、『HK/変態仮面』で話題になったお尻も見ることできる。同作出演時は「原作から判断して変態仮面はお尻がプリッとしていなければいけない」「筋肉ムキムキでも、お尻は柔らかく見えないとかわいげがないし、萌えない」と語り、それを見事に体現して見せた鈴木。今回も相変わらずプリッとしたいいお尻をしているのだが、変態仮面のときよりは少し丸みが削ぎ落とされ、男らしさも加わっている。つまり、この写真集では、あのときとはまた違うお尻に出会えるのだ。

 美しく、完成された肉体美もすばらしいが、少しくだけた様子のヌードもなかなかいい。シーツにくるまれて真っ白なベッドに横たわり、気だるげにこちらを見つめたり、うつぶせで顔をあげ、微笑む写真。同じヌードでもこれらの写真には、どこか甘さや柔らかさが加わり、先にあげたものとはまったく違った印象を受ける。同じ裸体で、ここまで違うのもすごい。

 こうやってヌード写真ばかりを見ていると、鍛え上げられた腹筋や胸筋、プリッとしたお尻にしか目がいかなくなってしまいそうだが、そんなこともない。隠れていることやチラリと垣間見えることで、より惹きつけられたり、際立って見えることも多いのだ。たとえば、よく見ると七分丈のズボンから覗くふくらはぎが、引き締まっているけれど案外スラリとしていて細いということにも気づく。それに、胸元がざっくり開いたV字の白Tシャツを着ているときは、脱いでいるときよりも胸筋の盛り上がりや胸板の厚さが強調されているので、「あの胸に抱かれたら……」と妄想が膨らむのではないか。

 現在公開中の映画『TOKYO TRIBE』では全編ほぼTバック姿だったが、監督の園子温も「ハダカも自分で散々、この映画で利用させてもらっていうのはなんだけど、だんだんチラリズムになってもいいよね。また、女性がうっとりしますね」と語っている。そもそもチラリズム自体も十分に魅力的なものだが、鈴木の場合はヌードを披露したうえでのチラリズムなので、見る側はよりリアルに妄想することができるのだ。たしかに、その強みを利用しない手はないだろう。

 ここまでその肉体ばかりに注目してきたが、素の部分や内面がにじみ出た写真も多い。浴衣姿で組んだ腕を袖に入れ、木造家屋の庭に佇む様子には、彼の優しさや、知的な雰囲気が表れているし、縁側や畳の上で仰向けになり、天井を見上げて物思いにふける姿を見ると、彼のまっすぐさ、真面目さが伝わってくる気がする。また、タッパのある鈴木が体育座りをしたり、片膝を立てて座り、膝に顎をのせるような縮こまった姿をしていると、なんだかかわいらしくも見える。普段は落ち着いた大人の印象が強い彼だけに、草原に寝転がったり、指で四角形を作った手カメラ越しにこちらを見つめる笑顔、波打ち際ではしゃぐ姿など、無邪気な子どもっぽいところを見ると、そのギャップ、二面性に萌える女子も多いだろう。

 実は同書では、彼と関わった監督やプロデューサーたちから見た“鈴木亮平”についても語られているのだが、『Seventh Code』の黒沢清監督も『TOKYO TRIBE』の園子温監督も、鈴木の持つ“二面性”に魅かれたと語っている。それゆえ『Seventh Code』では「一見、好青年ですが、実はいろいろと裏のある謎めいた男」という役を任されたし、『ホットロード』でも、鈴木が演じることで「優しいけれども、どっちかわからない妖しさ」があるトオルになった。そして、その二面性がこの本に収録されている写真にも表れているのだ。

 鈴木は、本書の中で今後の目標として「NHK大河ドラマの主役をやりたい」とも語っている。変態仮面から村岡印刷さんまで演じ分ける幅の広さや、彼の持つ肉体派だけどインテリといった相反する二面性があれば、どんな役でも演じることができるのは間違いないが、もうひとつ期待したいことがある。大河といえば、最近は『八重の桜』で西島秀俊が、『軍師官兵衛』で速水もこみちが裸を披露し、話題になった。朝ドラで鈴木を見られるのは今日が最後だが、近い将来、今度こそ、大河では鈴木の裸を披露してほしいものだ。
(田口いなす)

最終更新:2018.10.25 12:37

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

鈴木亮平の裸がすごい! 写真集が即売り切れも納得の萌え度のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。朝ドラ田口いなす鈴木亮平の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相がこの緊急時に今度は百田尚樹、有本香と会食!
2 休校要請しても安倍首相は休業補償にふれず“有給を”
3 杉田水脈もコロナのなかパーティ! 櫻井よしこ、ケント、フィフィも参加
4 安倍首相の休校要請に非難殺到、コロナ対策費ケチり韓国1兆円以上なのに153億円
5 「桜を見る会」マルチ商法社長の招待は昭恵夫人の事業への資金提供の見返り
6 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
7 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 安倍政権のコロナ基本方針に絶句!検査受けられない体制は続行
11 石破茂が安倍応援団メディアを痛烈批判
12 安倍首相が新型コロナ対応から逃げまくり! 韓国・文在寅大統領との差
13 田崎史郎がコロナ問題で「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」
14 『スシローと不愉快な仲間たち』9 新型コロナであのコピーライターが
15 百田尚樹がなぜか告発「官邸から仕事、謝礼をもらっている保守論客」って誰?
16 クルーズ船死亡者「コロナ感染者かどうかも言えない」は安倍政権の失態隠しか
17 田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
18 安倍政権の酷すぎる新型コロナ対応!「金がかかる」と検査キットを導入せず
19 安倍政権はコロナも“自己責任 韓国は生活費支援も日本は休業補償認めず
20 田崎とケントに自民党からカネが!
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄