太宰治が川端康成に殺害予告!? 芥川賞の黒歴史がスゴイ件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akutagawashou_01_140716.jpg
『直筆で読む「人間失格」』(集英社)

 明日、第151回芥川龍之介賞と直木三十五賞が発表される。直木賞は中堅作家の大衆文学作品に与えられるが、一方の芥川賞は純文学の新人作家に与えられる“登竜門”的な位置づけ。セールス面ではどんなに本屋大賞が大きな影響力を持とうとも、社会的影響力という意味ではやはり芥川賞の存在感はいまだ大きい。純文学を志す作家にとって芥川賞は“なんとしても獲っておきたい賞”であることに違いはない。

 だが、過去の受賞者を見ていると、いまでは名実ともに評価が高い作家が意外と芥川賞を獲っていないことも。その最たる例が“ノーベル文学賞”候補にもあがる世界的作家・村上春樹。デビュー作「風の歌を聴け」で第81回、続く「1973年のピンボール」で第83回芥川賞候補となっているが、いずれも落選している(ちなみに第81回の受賞者は重兼芳子と青野聰、第83回は受賞作なし)。また、春樹同様に海外評価が高いよしもとばななも「うたかた」(第99回)、「サンクチュアリ」(第100回)で候補にあがるが、ともに落選(第99回受賞者は新井満、第100回は南木佳士と李良枝が受賞)。島田雅彦にいたっては、現在、芥川賞の選考委員をつとめているにもかかわらず、なんと6度も落選し続け、結局受賞していないのだ。

 6度も落とされて選考委員を引き受けている島田は「お人好し」としか言いようがないが、春樹などは、昨年の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』までは、文藝春秋から長編小説を1冊も出していなかったあたり、芥川賞の勧進元に対する複雑な感情もうかがわれる。

 しかし、この作家ほど芥川賞に執着した作家はいないのではないだろうか。落とされて激怒し、情けないほどの恨み節をたらたらと述べたのは、かの文豪・太宰治である。

 太宰が芥川賞候補になったのは、賞が誕生した第1回(昭和10年)。作品は「逆行」だった。そもそも芥川・直木両賞は文藝春秋の社長だった作家・菊池寛が“半分は雑誌の宣伝のために”と設立したものだが、現在のように社会的ニュースとして注目を集めるようになったのは1956年に石原慎太郎が「太陽の季節」で第34回芥川賞を受賞してからのこと。「文藝春秋」07年3月号に掲載された「芥川賞10大事件の真相」によると、第1回の結果発表時は、新聞の扱いが軒並み小さいどころか、一行も書いてくれなかった新聞もある、と菊池は激怒したという。まだ海のものとも山のものともつかない賞だったのだ。

 ただし、さすがはやり手の菊池寛というべきか、選考委員はまさしく豪華絢爛。谷崎潤一郎に川端康成、室生犀星、山本有三、佐藤春夫などの錚々たる作家が名を連ねている。そんななか発表された第1回受賞作は石川達三の「蒼氓」。そして、この結果に憤慨したのが当時26歳の太宰だった。

 といっても、太宰はただ落とされて怒ったわけではない。怒りの原因は、選考委員の選評にあった。まず、佐藤春夫は、太宰の候補作が「逆行」と同じ年に発表された「道化の華」のほうがよかったとし、「「逆行」は太宰君の今までの諸作のうちではむしろ失敗作」とジャッジ。問題は、佐藤の発言を受けた川端康成の選評だ。

「なるほど「道化の華」の方が作者の生活や文學観を一杯に盛つてゐるが、私見によれば、作者目下の生活に厭な雲ありて、才能の素直に發(はっ)せざる憾(うら)みあつた」

 たしかに、太宰はこのころすでに女グセの悪さを発揮し、心中や自殺未遂を繰り返していたが、何も文学賞の選評で私生活の話を持ち出すのは意地悪すぎないか……とも思える。先述の「芥川賞10大事件の真相」によれば、この川端評を読んで怒りに震えた太宰は、当時、文藝春秋が発行していた雑誌「文藝通信」に抗議文を投稿。それはこのように綴られていたという。

「事実、私は憤怒に燃えた。幾夜も寝苦しい思ひをした。小鳥を飼ひ、舞踏を見るのがそんなに立派なのか。刺す。さうも思つた。大悪党だと思つた。」

 ネットの殺害予告かと見紛う「刺す」という言葉選びからも恨みの深さが伝わるが、川端が小鳥と浅草の踊りに萌えているという事実をきちんと押さえているあたり、いかにも神経質な太宰らしい細やかな罵言である。他方、この選評で“自分を理解してくれている”と思った佐藤春夫に対しては、「佐藤さん一人がたのみでございます。(中略)芥川賞をもらへば、私は人の情に泣くでせう。さうして、どんな苦しみとも戦つて、生きて行けます。(中略)私を助けて下さい」と手紙を送っている(とはいえ、第3回ではノミネートもされず佐藤にも裏切られたと思い込み、短編「創世記」で川端とともに攻撃ターゲットとしているのだが)。

 それにしてもなぜ太宰は、まださほど影響力のなかった芥川賞にこれほどまでにこだわったのか。その理由は、賞によって名をあげたい気持ちのほかに、賞金(500円)にもあったのだろう。そして、この太宰の執念は、芥川賞を狙う純文学作家にも繋がる感情だ。芥川賞を受賞すれば、とりあえず一度は世間から注目を浴びることができるし、少なくとも何冊かは本を出版することができる。また“芥川賞作家”という肩書きさえあれば、講演会の謝礼も跳ね上がり、細々とでも何とか仕事をしていくことはできるからだ。

 ただ、賞を獲れば安泰、とはいえない状況にさしかかっている。現在は出版不況である上、近年、芥川賞受賞作という売り文句だけでは本は売れない。04年の綿矢りさ、金原ひとみのW受賞をピークに、その後の受賞作は大ヒットには結びついていないのだ。もしかすると、太宰のころよりも作家は厳しい状況に置かれているといえるのかもしれない。

 作家にしてみれば、賞を獲っても地獄、獲らなくても地獄……こうして芥川賞の威光が陰っていくさまを、草葉の陰で太宰と菊池はどんな思いで眺めているのだろう。
(田岡 尼)

最終更新:2014.07.16 08:50

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

太宰治ADHD(注意欠陥・多動性障害)説―医師の読み解く「100年の謎」

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

太宰治が川端康成に殺害予告!? 芥川賞の黒歴史がスゴイ件のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界芥川賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
2 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
5 星野源がエッセイで明かしていた音楽が政治に利用される危険性
6 ローラへのバッシング報道の裏側
7 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
8 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
9 竹田恒泰の側近が詐欺逮捕、その裏側には
10 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
11 死者最多の大阪・吉村知事が会見で追及され小学生レベルの逆ギレ
12 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
13 吉永小百合が「9条は変えさせない」
14 黒歴史!封印されたドラえもん
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
17 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
18 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
19 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
20 X JAPAN、TAIJIの死の謎
1 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
4 自民党候補が街頭演説でLGBT差別、安倍がその動画を拡散
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄