菅政権が検討、三浦瑠麗、ホリエモンらも賛同「コロナの5類引き下げ」に騙されるな! 感染対策は放置され治療費は自己負担に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

政府は医療費の公費負担を減らすことしか頭にない 倉持仁院長も「お金の面だけでも恐ろしい」と警告

 

 また、入院対象を重症者らに限定する方針を打ち出した菅首相と小池百合子都知事に「2人とも至急お辞めになったほうがいい」と発言して大きな話題となった「インターパーク 倉持呼吸器内科」の倉持仁院長も、このようにツイートしている。

〈今2類→5類になれば、コロナ→家にいてください、希望者お金1-4万払えれば抗体カクテル療法、レントゲンCT撮って5000円自己負担。隔離も自己責任、会社にも普通に出社。ワクチンも自己負担。結局かかったらすべて自己責任でとなる。入院などしたらもっとかかる。お金の面だけでも恐ろしい事。〉

 そして、5類への引き下げによってコロナの入院・治療費が高額になれば、倉持院長が述べているように、症状があっても経済的な理由から検査を受けたり病院を受診することを避ける人が出てくる。そうなると、容体急変による命の危険も高まり、何より感染拡大は食い止めようにも手が施せない状況になるだろう。

 つまり、医療や保健所の逼迫を解消するには、5類への引き下げではどうにもならないどころか、むしろ感染を拡大させてしまい、さらなる医療崩壊を招くことになるのだ。医療や保健所の逼迫を解消しようと言うのなら、必要なのは5類引き下げではなく、検査の拡充、保健所機能の強化、病床のさらなる確保しかないのだ。

 ところが、政府はこのような感染拡大を招く5類引き下げを検討するだけではなく、この期に及んでも医療費カットのために全国の病院の病床数をさらに1万床削減し、削減した病院に消費税を使って“ご褒美”の補助金を支払うという信じられない政策を撤回することもなく推進している。ようするに、菅政権が5類引き下げの検討をはじめたのもこれと同じで、医療崩壊という惨事に陥っている最中にも、コロナ医療費の公費負担を抑え込むことを狙っているのである。

いや、それだけではなく、政府には「コロナはインフルエンザ並み」とすることで国民の警戒感を緩和し、経済活動を優先したいという思惑もある。実際、昨年の夏にも5類への引き下げが検討されたが、その際、内閣官房の幹部は「新型コロナに対する国民のイメージを変え、消費拡大につながる可能性がある」(読売新聞2020年8月26日付)と語っていたからだ。

 救えたはずの命が救えないという事態が現実に巻き起こっているというのに、新型コロナの脅威を矮小化しようとする菅政権と、それを支持するトンデモな面々……。だが、こんな暴挙をいま許せば、この国は医療崩壊だけではなく社会が崩壊することになるだろう。くれぐれも騙されてはいけない。

最終更新:2021.08.12 07:01

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

菅政権が検討、三浦瑠麗、ホリエモンらも賛同「コロナの5類引き下げ」に騙されるな! 感染対策は放置され治療費は自己負担にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インフルエンザ倉原優堀江貴文大木隆生新型コロナ木村盛世田村憲久編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 X JAPAN、TAIJIの死の謎
8 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
9 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
10 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
11 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
12 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
13 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
14 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
15 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
16 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
17 川島なお美が近藤誠の診断を告発
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄