渡部問題で『ガキ使』と松本人志の責任はなぜ問われない? 話題性狙いで女性蔑視・ハラスメントを軽視も、松本は逆ギレで責任逃れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
渡部問題で『ガキ使』と松本人志の責任はなぜ問われない? 話題性狙いで女性蔑視・ハラスメントを軽視も、松本は逆ギレで責任逃れの画像1
日テレ公式HPより


 本日12月31日、大みそか恒例の特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス』(日本テレビ)が放送される。

 周知のとおり、今年の『ガキ使』大みそか特番といえば、アンジャッシュ渡部建の復帰主演することが報じられ、渡部の謝罪会見、渡部批判再燃のきっかけとなった。

 渡部の行為は、単なる不倫スキャンダルなどではなく、女性を性の道具扱いしたうえ、「多目的トイレ」で性行為に及んだというもの。その差別性を考えたら、報道からわずか半年、しかも『ガキ使』というオフザケ番組で(おそらくは問題をネタにして)の復帰に批判が集まったのは当たり前の話だ。

 収録済みの渡部の出演シーンがお蔵入りになっているのか強行放送されるのか現時点では不明だが(おそらくお蔵入りだろう)、放送されるにしろされないにしろ、女性蔑視・ハラスメントという事態の本質を軽視し、話題性優先で安易にオフザケ番組で復帰させようとした、日本テレビ『ガキの使いやあらへんで』や番組を牛耳る松本人志の責任も大きい。

 しかし、この騒動をめぐって渡部本人への批判が再燃する一方、日テレや『ガキ使』、松本の認識の甘さや責任を問う声はほとんどなく、スルーされてきた。

 本サイトでは、渡部の謝罪会見直後に、渡部復帰騒動における日本テレビ『ガキ使』、そして松本人志の問題について批判する記事を出した。以下に再録するので、あらためてご一読いただきたい。
(編集部)
***************

●渡部問題で『ガキ使』と松本人志の責任はなぜ問われない? 土田晃之は『ガキ使』出演が渡部の希望でなく松本への配慮と推測

 アンジャッシュの渡部建への批判が再燃している。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)の大みそか特番で復帰することが報じられ、慌てて謝罪会見を開いたが、むしろ火に油を注ぐ結果にしかならなかった。

 本サイトは芸能人が不倫したからといって芸能活動を自粛すべきだとは1ミリも考えていないが、渡部の行為は、女性を性の道具扱いしたうえ、「多目的トイレ」で性行為に及んだというもの。その差別性を考えたら、報道からわずか半年、しかも『ガキ使』というオフザケ番組での復帰に批判が集まるのは当然だろう。

 しかし、今回の騒動で渡部以上に不可解なのは、批判が渡部本人にだけ集中し、渡部をそのオフザケ番組に引っ張り出した日本テレビ『ガキの使いやあらへんで』や番組を牛耳る松本人志の責任を問う声が全く聞こえていないことだ。

 芸能マスコミは、渡部本人や所属の人力舎が復帰を焦ったかのように報じているが、これまでの立ち位置や芸風を考えても、渡部が『ガキ使』のような完全色物での復帰を自ら望むわけがない。これは明らかに『ガキ使』側からのオファーだった。

 しかも、芸能プロダクション関係者によると、渡部サイドはこのオファーを松本人志の提案と捉えていたようだ。

「渡部サイドは復帰時期や方法についてまだ具体的に煮詰めていなかった。ところが、そこにいきなり『ガキ使』から出演オファーがあった。渡部サイドは当初、かなり迷っていたが、出演オファーを松本の意向だととらえ、断れなかったようだ。松本はテレビ業界を完全に牛耳っている存在だから、松本の提案を断ったらそれこそ復帰は絶望的になる。それよりは、松本の敷いたレールに乗って復帰する方が得策だと考えたんだろう。渡部サイドには『ガキ使』の出演のあと『ワイドナショー』に出演して完全みそぎをするというシナリオも提示されていたという話もあるしね」

 渡部と親交のあるお笑い芸人の土田晃之は、4日の『バイキングMORE』(フジテレビ)で、『ガキ使』への出演が本意でなく、松本の顔色を伺ってのものだったことを示唆していた。

「渡部がたぶんもし復帰するんだったら、きっとレギュラー番組だと思うんですよ。計画を立てるなら。だってあの番組で復帰しようなんてたぶん思ってないですから」
「お世話になっている先輩で、迷惑かけたんで、僕でも出ると思う、同じ状況だとしても」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

渡部問題で『ガキ使』と松本人志の責任はなぜ問われない? 話題性狙いで女性蔑視・ハラスメントを軽視も、松本は逆ギレで責任逃れのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ガキの使いやあらへんで!土田晃之松本人志林グンマ渡部建笑ってはいけないの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
6 川島なお美が近藤誠の診断を告発
7 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
8 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
9 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
10 河瀬直美監督とNHKが五輪反対派をデタラメ攻撃!
11 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
12 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
13 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
14 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
15 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
16 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
17 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
18 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
19 れいわ・大石あきこに維新・音喜多、足立康史が醜悪攻撃!
20 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄