安倍政権のコロナ対応批判を始めた百田尚樹が告発!「官邸から仕事、謝礼をもらって官邸を擁護している保守論客」って誰だ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍政権のコロナ対応批判を始めた百田尚樹が告発!「官邸から仕事、謝礼をもらって官邸を擁護している保守論客」って誰だ?の画像1
百田尚樹Twitterより


 まさか安倍応援団が自ら官邸・自民党との金銭癒着を暴露してくれるとは……。安倍政権がコロナ問題で中国人全員の入国拒否をしなかったことに腹を立て、最近、やたら政権批判を口にするようになった百田尚樹センセイ。安倍政権を擁護している右派論客とも内ゲバを繰り広げているが、そうした流れの中で、24日、こんなツイートをしたのだ。

〈保守論客の中には、官邸から仕事をもらったり、選挙のたびに応援演説に行き少なくない謝礼をもらったりしている人がいる。まあ、それは許そう。しかし、そういう恩義で今回の官邸の対応を擁護しているとしたら、最低だと思う〉
 
 さらに3時間後には、差別用語を交えながらこう追い討ちをかけた。

〈まあ、あれだけ謝礼をもらえたら、官邸の悪口は言えんわな。選挙のたびに金が入るんやから。 コジキやね。〉

 たしかに、百田センセイの言うとおり、安倍応援団の評論家やジャーナリスト、右派論客たちに、官邸や自民党から巨額の金が流れているという話は前々から指摘されてきた。政治資金収支報告書に田崎史郎氏や三浦瑠麗氏への支払いが記載されていたのは記憶に新しいが、それ以外にも、講演会や勉強会の講師、PR媒体でのインタビュー、原稿執筆、というかたちで仕事をもらっている安倍応援団は山ほどいる。

 しかも、支払われている金は表の金だけではない。安倍政権は領収証のいらない官房機密費から「政策推進費」という名目で6年間合計67億円を使っているのだが、これらのかなりの部分が右派メディアや安倍応援団ジャーナリスト・評論家に支払われていることは確実といわれてきた。

 また、本来は謝礼を受け取ったら公選法違反に当たる可能性のある選挙演説でも、裏で自民党議員から高額の謝礼をもらっているケースがあるのではないかと指摘されてきた。

 しかし、今回は官邸や自民党に極めて近い百田センセイが「保守論客の中に仕事をもらったり、少なくない謝礼をもらっている人がいる」と告発、公選法違反の疑いのある選挙の応援演説での高額謝礼まで告発したのだ。安倍応援団が金儲けの利権となり、裏で違法性の高い金のやりとりが行われていることは確定的といってもいだろう。

 しかし、だとすると、気になるのは百田氏がいったい誰を指してこんなことを言っているのか、だ。まず、すぐに頭に浮かぶのは、この間、コロナ対応をめぐって百田尚樹と舌戦を繰り広げていたネトウヨ経済評論家の上念司だ。

 中国人の入国禁止を強硬に主張する百田氏に対して、上念氏が「渡航制限はさほど効果がない」と主張したことで、百田氏がブチギレ。上念氏のことをディスっていた。その流れで名前を伏せたまま攻撃ツイートをした可能性はある。

 安倍首相御用達評論家の小川榮太郎氏も百田氏の条件にあてはまる部分がある。選挙演説ではないが、小川氏が安倍擁護本を安倍事務所に爆買いしてもらうなど、安倍首相がらみの仕事をしてきたのは今更説明するまでもないし、コロナ対応でも一貫して官邸を擁護していた。

 実際、小川氏はくだんの百田氏のツイートと同じ24日、やはりツイッターで〈まずは現時点での政府の広報に従って行動してほしい。知識や情報、取材のないまま先走った政府批判をするのは国民の判断を大きく狂わせ、劇症化拡大を最小限にする政府国民一体での取り組みを阻害します。必要な具申があれば政府に取り次ぎますので私にお知らせください。〉と呼びかけ。
百田氏から〈政府に取り次ぐって… 小川さんは政府の出先機関ですかって話。 そういうことを言えば、政府広報ですかと思われますよ。〉と、批判を受けていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍政権のコロナ対応批判を始めた百田尚樹が告発!「官邸から仕事、謝礼をもらって官邸を擁護している保守論客」って誰だ?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Twitter上念司安倍応援団小川榮太郎櫻井よしこ百田尚樹編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 X JAPAN、TAIJIの死の謎
8 川島なお美が近藤誠の診断を告発
9 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
10 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
11 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
12 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
13 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
14 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
15 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
16 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
17 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
20 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄