石野卓球がバッシングの裏でマスコミがピエール瀧に出した“媚びまくりの手紙”公開! 逮捕時に続き道徳ファシズムに鮮やかな逆襲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
石野卓球がバッシングの裏でマスコミがピエール瀧に出した媚びまくりの手紙公開! 逮捕時に続き道徳ファシズムに鮮やかな逆襲の画像1
マスコミがピエール瀧に出した手紙を公開した石野卓球Twitter


 昨年コカイン使用で逮捕されたピエール瀧の映画復帰が報じられ、またぞろワイドショーが「時期尚早」「まだ執行猶予中なのに」「1年も経っていないのに」などとバッシングを展開している。政治家の汚職や税金私物化より芸能人の不倫と薬物を重罪扱いするマスコミの倒錯ぶりにはあらためて辟易とさせられるが、しかし、ピエール瀧には、卓球という強い味方がついていた。

 逮捕の際に続いて、今回も電気グルーヴのメンバー・石野卓球が、ワイドショーや週刊誌を向こうに回し、鮮やかな反撃を見せているのだ。

 はじまりは、ちょうどテレビでバッシング報道が盛り上がっていた最中の2月5日の正午前。卓球はこんなツイートを投稿した。

〈おいフジテレビ”グッディ”よ。朝から瀧の自宅の前で張り込むのやめてやれよ。彼の家族はもちろんご近所さんも迷惑してるぞ。〉

 さらに5日深夜には、〈皆さん。フジテレビ”グッディ”に続いてはTBS「新•情報 7daysニュースキャスター」のやり口編です〉とツイートしたうえで、TBSの『新・情報7daysニュースキャスター』スタッフから日付の違う7通もの取材依頼の手紙の画像を次々とアップ。〈以上の宛名消印の無い封筒で極悪人とその家族の住む家の郵便受けに週一で投函されたんだってさ〉と解説し、『情報7days』が毎週のようにわざわざ瀧の自宅にまで押しかけていたことを示唆した。

 そして6日未明には、〈明日は「フジテレビ”とくダネ”の勝手にピエール瀧のお宅訪問編(動画込)」お楽しみにー!〉と予告し、予告通り、『とくダネ!』スタッフからの瀧への取材依頼の手書きの手紙の画像と、瀧の自宅にピンポンしその手紙を投函していると思われるインターホン動画をアップ。

 続けて〈次回、女性自身記者の執拗なストーキングについての巻。乞うご期待!〉として、「女性自身」(光文社)記者の名刺の画像と、住所も切手もなく「ピエール瀧様」という宛名のみ手書きで大きく書かれた封筒の画像をアップ。

 さらに6日夕方には、〈フジテレビ"Mr.サンデー"1回目のピエール瀧いきなりお宅訪問時の手紙〉〈2回目のピンポン&手紙〉とツイートして、「瀧正則様」と書かれた住所も切手もない封筒と手紙、スタッフの名刺、インターホン画像をアップ。

 そのあとは〈お待たせしました。"女性自身記者のジャーナリズム魂"以下お付き合いのほどを。〉として、ちぎったリングノートに宛名もなく手書きで書かれた手紙、記者の張り込み姿や、ピエール瀧の妻に直撃した「女性自身」記事画像を次々とアップしている。

 自宅に突撃する取材手法じたいは、芸能マスコミに限らず、ジャーナリズムの古典的な手法で決して否定されるものではないが、たかだか薬物で捕まっただけ、しかも逮捕から半年経ってもまだこんなことをやっているとは……。
 
 だいたいマスコミがこうした手法で突撃するのは、弱小プロダクションや後ろ盾のない芸能人、事件の被害者や加害者家族などの一般市民だけ。大手芸能プロに所属する芸能人なら不祥事を起こしたとしても、自宅に何度も押しかけるような取材はしない。

 権力者ならなおさらだ。安倍首相や昭恵夫人、菅義偉官房長官、麻生太郎財務相など、政権幹部にどんな不正が持ち上がっても自宅直撃どころか、国会登院前の声かけすらしない。検察の捜査が進んでいる河井克行・前法相や河井案里参院議員にすら、自宅に押しかけて執拗に食い下がった取材をしたなんて話は聞いたことがない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

石野卓球がバッシングの裏でマスコミがピエール瀧に出した“媚びまくりの手紙”公開! 逮捕時に続き道徳ファシズムに鮮やかな逆襲のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ピエール瀧ワイドショー本田コッペ石野卓球電気グルーヴの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
2 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
3 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
4 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
5 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
8 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
9 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
10 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
14 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 ポイント還元でも307 億円…安倍政権の電通優遇はネット情報操作の見返りか
20 麻生太郎が愛人の店に2360万円
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄