辺野古土砂投入から1年──Coccoが県民投票日をタイトルにした新曲「2.24」に込めた思い、ウーマン村本の漫才と通底する怒り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
辺野古土砂投入から1年──Coccoが県民投票日をタイトルにした新曲「2.24」に込めた思い、ウーマン村本の漫才と通底する怒りの画像1
「2.24」が収録されているCoccoの新アルバム『スターシャンク』


 県民が国に叩きつけた意思に対し、黙れと言わんばかりに辺野古の海に土砂を投入する──。安倍政権がその強権性を隠そうともせず全開にする辺野古新基地建設にともなう土砂投入を開始して、きょう14日で1年を迎えた。

 この1年も、安倍政権は沖縄に暴政のかぎりを尽くした。土砂を投入したのは、「辺野古新基地建設反対」を掲げた玉城デニー氏が与党候補に約8万票もの差をつけ沖縄県知事となって、わずか約2カ月半後のこと。その後、安倍首相はNHKの番組で「土砂投入にあたって、あそこのサンゴは移している」などとフェイク発言をおこない、さらに安倍官邸は投入土砂に赤土混入の疑いがあることを追及する東京新聞の望月衣塑子記者を官房長官会見から排除しようと“恫喝”文書を官邸記者クラブに提示するにいたった。

 しかし、それでも沖縄県民はその大きな力に抗った。今年2月24日におこなわれた辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票の実施を実現させ、7割超が「反対」という民意を示したのだ。だが、その圧倒的な結果が出た県民投票の翌日も安倍政権は海に土砂を投入しつづけ、「直接示された民意は何より重く、尊重されなければならない」と建設中止を訴える玉城知事に対し、安倍首相は「結果を真摯に受け止める」としながら「もはや先送りできない」と一顧だにせず。当時の岩屋毅防衛相は「沖縄には沖縄の民主主義があり、国には国の民主主義がある」とまで言い放った。

 声を上げつづけても、その声を国が無視をする。この非道、絶望感を、沖縄出身のアーティスト・Coccoが歌にしている。10月に発売したアルバム『スターシャンク』に収録された、「2.24」という曲だ。言うまでもなく、「2.24」とは県民投票がおこなわれた日を指している。

〈命(ぬち)あらばいいの? まだましだって言うの?/声を上げて 何も変わらずに〉
〈誰か聞いて 誰もいないの?/みんな聞いて 誰もいないんだって〉

 この曲に込めた思いをインタビューで訊かれたCoccoは、「県民投票が行われる直前に、できる限りの自己防衛というか、自分を防御する盾を作ろうとして生まれたんだと思う」と言い、こうつづけている。

「(辺野古の新基地建設に)ノーと言っても結局、国のイエスの答えは覆せない。(私も)40歳を過ぎてあきらめることがいっぱいある。それでもノーと言うんだけど、そのたびにすごい敗北感を味わって、傷ついて、泣いた。でも、自分の子どもと同じくらいの選挙権を得たばかりの子たちは『ノーになるかもしれない』と本気で信じている。それを見たときに、この子たちがまたショックを受けて泣くことになると思った。この子たちが泣くことになる現実を受け止められない」(琉球新報11月8日付)

 一方、安倍首相がやっていることの卑劣さを、ウーマンラッシュアワーの村本大輔も8日放送『THE MANZAI 2019』(フジテレビ)で披露した漫才のなかで訴えた。

「沖縄県民の70%以上が新しい基地に反対したんですね。それに対して安倍政権は『結果を真摯に受け止めます』ってそのまま工事を続けたんです。『真摯に結果を受け止める』ということは一旦まじめに話を考えるということ。『真摯に結果を受け止める』って言ってそのまま工事を続けるということは、僕は真摯に受け止めてないと思う。あの日、雨が降ってました。雨が降ってるなか、おじいちゃんもおばあちゃんも自分たちの孫の、沖縄のために一生懸命投票に行ったのに。その結果に対して『真摯に受け止める』って言ってそのまま工事を続けたことが僕は許せなかった」

 このあと、村本はその沖縄への思いをTwitterに投稿して炎上し、ついには吉本の社員から“Twitterでケンカはやめろ”と言われた話につなげ、「『真摯に受け止めます』って言って、そのまま続けました!!」と見事にオチをつけたが、村本が漫才のネタ全体で訴えたのは「いつでも“みんな”のなかにいない人がいて、“みんな”のなかにいない人が透明人間にされて、透明人間の言葉は誰も聞かれないようになる」ということだった。これはCoccoが歌う〈誰か聞いて 誰もいないの?/みんな聞いて 誰もいないんだって〉という歌詞と通底するものだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

辺野古土砂投入から1年──Coccoが県民投票日をタイトルにした新曲「2.24」に込めた思い、ウーマン村本の漫才と通底する怒りのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。2.24Coccoスターシャンク安倍政権安倍晋三村本大輔水井多賀子沖縄米軍基地辺野古の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
2 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
3 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
4 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
5 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
6 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
7 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
10 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
11 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
12 櫻井よしこの朝日攻撃の「捏造」が法廷で
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
17 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
18 佐々木宏問題の本題はMIKIKO先生の排除 でもワイドショーは
19 南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
4東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
5五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
6 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
10菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
11南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
12五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
13五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
14五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
17NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄