ネトウヨ大喜び『反日種族主義』は韓国で出版前から日本版出版予定だった!編集協力に安倍応援団の産経・久保田や西岡力の名前も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ネトウヨ大喜び『反日種族主義』は韓国で出版前から日本版出版予定だった!編集協力に安倍応援団の産経・久保田や西岡力の名前もの画像1
『反日種族主義』(文藝春秋)


 韓国人研究者たちが「韓国の“反日”はウソと捏造だらけ」と糾弾する書籍『反日種族主義』(李栄薫・編著)が売れている。日本語版の版元である文藝春秋によると、今月15日の発売から18日の時点ですでに4刷、累計20万部を数えるという。

 絶賛の声をあげているのは、右派メディアと極右文化人、そしてネット右翼だ。「正論」(産経新聞社)、「月刊Hanada」(飛鳥新社)、「WiLL」(ワック)、「Voice」(PHP研究所)など極右モロ出し雑誌はもちろん、「中央公論」(中央公論新社)そして「文藝春秋」にも著者らのインタビューや論文が次々に掲載されるなど、いわば、右派論壇はいま“反日種族主義バブル”の最中にあると言える。

 ある意味、当然だろう。同書は「韓国の反日」を徹底的に批判するだけでなく、前編記事(https://lite-ra.com/2019/11/post-5097.html)で詳しくお伝えしたように、慰安婦問題や徴用工問題などの歴史認識でも日本の歴史修正主義や政府の言い分を“トレース”するような内容になっている。つまり、以前から日本の極右勢力と安倍政権が展開してきた「韓国が悪い!」の大合唱を「韓国人」が代弁してくれるというシロモノだからだ。

 しかも、同書には〈韓国の嘘つき文化は国際的に広く知れ渡っています〉〈二〇〇〇年代に入ると全ての国民、全ての政治が平然と嘘をつくようになったのです〉などと、日本のヘイト本さながらの記述まで盛り込まれている。韓国文化や国民性を「呪術的な“反日”で結託し、ありとあらゆる嘘をつく」と断言したうえで、未開的かつ侮蔑的な意味で「反日種族主義」と名付けるのだから、いまだ「併合時代の宗主国意識」を温存して韓国を見下したい日本の右派のみなさんにとって、これ以上にうってつけの本はないというわけだ。

 だが、この本、本当に日本の右派が言うような「韓国人が母国の未来を嘆いて“反日”を糾弾する憂国の書」なのか。いや、そんなピュアなものではありえないだろう。

 というのも、『反日種族主義』は最初から日本での発売を意図しており、実際、日本の極右勢力の全面協力を得ているからだ。むしろ、発売までの経緯を追っていくと「日韓右派のマッチポンプ」の可能性すら浮上してくる。

 たとえば、日本語版『反日種族主義』には、産経新聞編集委員である久保田るり子氏の「解説」が寄せられている。久保田氏といえば、ソウル支局特派員などを歴任し、「朝鮮半島ウォッチ」と称して韓国叩きを繰り返してきたゴリゴリの右派。フジテレビのニュース番組にも出演して安倍政権を擁護しまくったり、具体的根拠を示さずに“日本に3桁ぐらいいる北朝鮮スパイがテロを起こす”などと垂れ流してきた記者だ。

 そんな久保田氏が、実は『反日種族主義』出版計画の初期から大きく関与していた。李栄薫(イ・ヨンフン)氏による「日本語版序文」には〈『反日種族主義』日本語版の刊行には、韓国語版の企画段階からそのような提案をされて来られた産経新聞の久保田るり子記者(編集委員)の役割が重要でした〉と記されている。さらに、李氏と文藝春秋の編集者とを引き合わせたのも久保田氏だったという。

 これだけでも、日本の右派にとって同書がどれだけ“待望の一冊”であったかがよくわかるというものだが、それだけではない。李栄薫氏が「韓国語版の企画段階からそのような提案をされて来られた」と記しているように、実は、『反日種族主義』は最初から日本での刊行を予定してつくられていたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ネトウヨ大喜び『反日種族主義』は韓国で出版前から日本版出版予定だった!編集協力に安倍応援団の産経・久保田や西岡力の名前ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ久保田るり子反日種族主義安倍晋三李栄薫編集部西岡力の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
2 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
3 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
4 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
6 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
9 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
10 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
11 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
13 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
14 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
15 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
16 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
17 安倍首相の「お父さん違憲なの」はやはりでっちあげ?
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
20 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄