『モーニングショー』玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本を検証! ほとんどはやっぱり“嫌韓・ヘイト本”だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『モーニングショー』玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本を検証! ほとんどはやっぱり嫌韓・ヘイト本だったの画像1
9月12日放送で「嫌韓本」についてお詫びした『モーニングショー』


 テレビや出版界で吹き荒れる“嫌韓扇動”の嵐。数は少ないながら、一部のマスコミからも、こうした安倍政権の「嫌韓キャンペーン」にまる乗っかりした企画に懸念を表明したり、メディアに冷静さを求める論調が出始めた。たとえば、9月5日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)は、玉川徹氏の「そもそも総研」のコーナーで、「週刊ポスト」(小学館)の韓国ヘイト特集を入り口にして、巷間に溢れかえる「嫌韓本」の問題を取り上げた。

 番組は、旧ユーゴスラビアの民族紛争関連の取材などで知られ、『さらば、ヘイト本!』(ころから)の共著もあるノンフィクション作家・木村元彦氏をスタジオに招き、出版界が売上げ目当てで“嫌韓扇動”に走る現状に警鐘を鳴らした。

 木村氏は「韓国のことを批判するというか、非常に扇情的なタイトルをつくったうえで、視聴率をあげるという。テレビも同じような問題をはらんでいると思うんです」と指摘。玉川氏は、戦中に主戦論を煽った新聞が部数を伸ばしたことを振り返りながら、「メディアに関わっている人間には責任があると思います。無駄に国民感情を煽っちゃいけないと僕は思っています」と述べてコーナーを締めくくった。この“嫌韓バブル”のなか、出版メディアによる安易な扇動を真っ向から批判し、テレビ業界にも冷静さと自制をうながした特集の内容は評価されるべきだ。

 ところが、この嫌韓本特集の1週間後、12日放送の『モーニングショー』が視聴者に「お詫び」する事態になった。「そもそも総研」の冒頭で玉川氏がこう述べたのだ。

「先週の『そもそも総研』で嫌韓感情とメディアの関係について放送したんですけれども、そのなかで嫌韓本がなぜ作られて、売られるのかという内容を議論しました。その際に、モニターに本を映したんですけれども、ここに映っている本は、あくまで韓国に関する本とか、文在寅政権を批判する本でした。嫌韓本について討論をしていたので、そのときにこの映像が流されると、視聴者のみなさんは、この本が嫌韓本かというふうな誤った印象を受けてしまったと思われます。その点について、極めて不適切でした。関係者のみなさま、視聴者のみなさまにお詫びいたしたいと思います。すみませんでした」

 これは、5日放送の嫌韓本特集内の討論のなかで、スタジオのモニターにチラッと映し出された韓国関連の書籍8冊のことを言っているのだが、案の定、ネトウヨたちは目の敵にしている玉川氏の「お詫び」に大喜び。Twitterでこんな快哉を叫んでいる。

〈嫌韓本なんて無い、あるのは、韓国、真実暴露本だけ(笑www〉
〈要は、玉川が嫌韓本と文政権批判本の区別も出来ない白痴ってだけでしょ?〉
〈嫌韓本なんて存在自体が嘘。韓国について事実を書くとなぜ嫌韓本になるのかな?〉
〈玉川徹の存在自体が不適切なのでは?そもそも嫌韓本などない。日本政府もマスコミも嫌韓を煽ってない。韓国がどういう国で、日本に何をしているのかを言ってるだけ〉

 ようするに、ネトウヨたちは『モーニングショー』の「お詫び」にかこつけて、「日本に嫌韓本はない」などと強弁しているわけだが、結論から言えば、番組はこんな訂正など出す必要などなかった。

 なぜならば、本サイトがあらためて読んで検証したところ、これらの書籍はほぼすべて、明らかに読者の“嫌韓感情”を煽りに煽る嫌韓本に他ならなかったからだ。

 まず、5日放送でスクリーンに映し出されたのは以下の8冊だ。

武藤正敏『文在寅という災厄』武藤正敏(悟空出版)
高橋洋一『韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択』(扶桑社)
高山正之『韓国とメディアは恥ずかしげもなく嘘をつく』(徳間書店)
鈴置高史『米韓同盟消滅』(新潮社)
峯岸博『韓国の憂鬱』(日本経済新聞社)
呉善花『韓国を蝕む、儒教の怨念 反日は永久に終わらない』(小学館)
櫻井よしこ、洪熒『韓国壊乱 文在寅政権に何が起きているのか』(PHP研究所)
藤井厳喜、古田博司『韓国・北朝鮮の悲劇 米中は全面対決へ』(ワック)

 このうち、最低限のバランス感覚とジャーナリズムが担保されているのは、峯岸博・日経新聞編集委員兼論説委員がソウル支局長時代に書いた『韓国の憂鬱』ぐらいで、他の7冊は単に「あくまで韓国に関する本とか、文在寅政権を批判する本」では決してない。ことば巧みに韓国への悪感情を誘導するのはもちろん、なかには韓国人や在日コリアンへの差別や偏見を助長する「ヘイト本」と断じる他ないものもあった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『モーニングショー』玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本を検証! ほとんどはやっぱり“嫌韓・ヘイト本”だったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。呉善花嫌韓櫻井よしこ玉川徹編集部羽鳥慎一モーニングショー高山正之の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生の成功例として
2 安倍首相が東京五輪聖火ランナーの原爆との関わりや平和への思いを無視
3 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
4 辛坊治郎パワハラ疑惑で坂上忍、木村太郎がトンデモ擁護
5 ル・モンドが安倍の歴史修正主義批判
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍が日米安保改定60年で祖父自慢連発!でも岸信介の正体は…
8 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
10 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
11 麻生太郎“単一民族”発言もアイヌを描いた『熱源』が直木賞受賞
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
14 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
15 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
16 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
17 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
18 会計検査院が森友への値引き過大と疑義
19 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
20 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄