『モーニングショー』玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本を検証! ほとんどはやっぱり“嫌韓・ヘイト本”だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

高橋洋一も櫻井よしこも嫌韓本出版、「WiLL」版元の嫌韓本は性的マイノリティを「異常」呼ばわり

 程度の差こそあるが、他の本も似たり寄ったりと言っていい。表向き「韓国という国家」や「文在寅政権」を批判しているだけのように振る舞っていても、いつの間にか「朝鮮人は〜」「韓国人は〜」などと民族や国籍を一括りにして、「嘘つき」だの「犯罪を犯す」「病気」などと、ネガティブな「性格」「感情」「気質」の持ち主と認定する。たとえば、鈴置高史『米韓同盟消滅』にはこんなくだりが出てくる。

〈韓国人は突然に自信を付け、世界は自分の思うようになると信じ込んだ。〉
〈韓国人はもう「反日」ではない。彼らを突き動かすのは「日本を卑しめたい」との衝動なのだ。〉
〈世界中の人々が「韓国の方が日本よりも偉い」と言い出すまで、世界を舞台にした卑日運動は収まらないだろう。韓国人が中二病にかかっている限りは。〉

 あるいは、「人種差別ではない」「国民性の話はしていない」などと予防線を張ったうえで、陰謀論やレッテル貼りを展開することにより、読者が韓国(人)を「日本(人)の敵」に認定するよう誘導していく本もあった。高橋洋一『韓国、ウソの代償』のこのくだりなどは典型だろう。

〈自民党の中には「やはりスパイ活動防止法を作ったほうがいい」という意見がだんだん増えている。
〔中略〕
 実はマスコミには意外と外国人が多い。筆者の知る限り、NHKにも在日外国人は多い。だから反対するのかもしれない。もちろんその中には在日韓国人だっているし、出版社にも結構多いはずだ。〉
〈国民性の話はあまりしたくないが、韓国は小が大に事える、強い勢力に付き従うという「事大主義」に取り憑かれている。これは完全に半島根性で、強いものに巻かれて弱いものに強く出る。だからずっと中国に依存してきた。〉

 同じ右派陣営の差別扇動言説を無批判に紹介し、「だとすると」などと言葉を継いで悪印象を強めていく手法も、嫌韓本の定番中の定番だ。櫻井よしこ、洪熒『韓国壊乱 文在寅政権に何が起きているのか』では、櫻井氏がこんなことをもっともらしく語っている。

〈櫻井 日本では「韓国が慰安婦問題で虚偽を大きく騒ぎ立てる心理の背景に『中国が一番で、韓国が二番、日本が三番』というような儒教的な華夷秩序があるのではないか」と指摘する人もいます。韓国人のほうが日本人より優れているという通念と自負心、自尊心を満たすために、日本を貶め続けることが必要ではないか、と。ところがもし、本当にそんな考え方が通るのだとすれば、そういう世論の前に、事実はどこかへ飛んで行ってしまう。事実や合理性を離れ、印象や思い込みによる言動が強くなります。〉

 また、これらの本には、歴史修正主義を振りまくものも含まれているが、そこにも朝鮮への蔑視・差別意識がダダ漏れになっている。極右ヘイト雑誌「WiLL」の版元ワックから出版された『韓国・北朝鮮の悲劇』は、右派評論家の藤井厳喜氏と古田博司・筑波大学院教授の対談本だが、こんなやりとりがある。

〈古田 日本が朝鮮半島を植民地にしたと言われるでしょう。でも、日本が朝鮮にいった時は国庫が空でした。そして、王様が「好きにはからえ」と言って、五人の大臣に国を丸投げした。これは記録に残っています。その結果、日本に併合された。だから侵略でも何でもない。
 藤井 自壊です。
 古田 日本からすれば、そんなころに関与したというのは不運としか言いようがないんですがね。
 藤井 ある意味では日本は朝鮮を助けたけれど、その助け方が間違っていたと思います。何が間違っていたかというと、朝鮮人をまともな近代的国民にしようという「変な考え」を持ったことです。〉

 ちなみに、藤井氏はこの対談本で性的マイノリティへの差別意識もむき出しにし、積極的に差別の扇動すらしている。〈たとえば同性愛者が基本的に人間として価値が劣るわけではありません〉と予防線を張りつつ、こう述べている。

〈ただ、異常か正常かといったら、それは異常です。異常だからまた楽しいのだろうと思う。倒錯の世界は快楽があるらしいし、その人たちから快楽を奪ってはいけません。〉

 そして性的マイノリティの結婚について〈ご本人が幸せならいい〉とエクスキューズを入れつつ差別語まで使ったうえで、こう断じる。

〈しかし、子供には「あの人たちはちょっと普通ではない」ということが教えられないといけない。私はそれだけだと思います。〉

 いかにこの種の本が差別肯定の思想に根ざしているかがわかるというものだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『モーニングショー』玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本を検証! ほとんどはやっぱり“嫌韓・ヘイト本”だったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。呉善花嫌韓櫻井よしこ玉川徹編集部羽鳥慎一モーニングショー高山正之の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 安倍が横田早紀江さんを無視している
4 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
9 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
10 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
11 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
12 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
13 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14 生活保護カットで他の低所得者も困窮
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
17 橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
20 ウンギョン写真掲載で横田夫妻に圧力
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
10大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
14NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
15検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
20大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄