韓国ベストセラー『反日種族主義』は日本のネトウヨ本そっくりの歴史修正とフェイクだらけ! 背後に日本の極右人脈が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
韓国ベストセラー『反日種族主義』は日本のネトウヨ本そっくりの歴史修正とフェイクだらけ! 背後に日本の極右人脈が…の画像1
『反日種族主義』(文藝春秋)


 改善の兆しのない“戦後最悪”の日韓関係のなか、安倍政権の尻馬に乗ったマスコミは相変わらず「嫌韓キャンペーン」の大合唱。そんななか、韓国人学者らが書いた『反日種族主義』なる書籍の日本語版が今月、文藝春秋から出版された。編著者の李栄薫(イ・ヨンフン)氏は元ソウル大学教授の保守論客で、その弟子にあたる李宇衍(イ・ウヨン)氏ら6人の研究者・ジャーナリストによる論考集だ。

 この本、今年7月に韓国で発売されるやベストセラーになり、日本のワイドショーの嫌韓特集でも度々好意的に取り上げられていたのだが、その宣伝文句は「韓国で通説とされる歴史認識のウソを明かした」なるもの。ようするに、徴用工問題や慰安婦問題など日韓政府で対立している問題を軸に、「韓国人が韓国側の“反日”はウソや捏造だらけと糾弾する」らしい。著者らは『正論』(産経新聞社)などのインタビューに引っ張りダコで、日本の右派メディアは惜しみない賛辞を送っている。

〈慰安婦、徴用工における韓国反日歴史観のウソを立証した画期的な「反日種族主義」の日本語版「反日種族主義~日韓危機の根源」が日本発売されるやベストセラーのトップにおどり出た。これまで自国を支配してきた歴史観を正面から否定する挑発的な論であるにも関わらず韓国で11万部という異例のベストセラーとなり、いまも売れ続けている。〉(久保田るり子・産経新聞編集委員、「文春オンライン」11月14日)

〈徴用工問題、慰安婦問題に象徴される韓国の歴史観を「ウソで固めた堕落した精神文化」と批判し、「これを克服しなければ亡国の予感を拭い去れない」と反日勢力を徹底的に糾弾したのだ。〉(久保田るり子氏、「正論」10月号)

〈日本人や米国人ではなく、韓国人の学者らが、自国による「歴史の捏造」を暴露したわけだ。この勇敢な人々に最大限の賛辞を贈りたい。この本が、日本語や英語で翻訳出版されれば、文在寅政権も、いつまでも「反日」政策を続けられないだろうな。〉(テキサス親父、「zakzak」9月26日)

 版元の文藝春秋にいたっては、月刊「文藝春秋」12月号に「『反日種族主義』を追放せよ」という特集記事(著者鼎談)のタイトルを表紙に持ってくるなど、大々的に売り出しをしかけている。

 とくれば、本サイトとしてもスルーするわけにはいくまい。そう思い、さっそく読んでみたのが──。

 はっきり言って、驚いた。その内容のほとんどが、日本の右派が従来から主張してきた歴史修正主義やフェイクと瓜二つ。「画期的」どころか、日本の歴史修正本やヘイト本を“トレース”しているかのようだったからだ。

 たとえば李栄薫氏が担当する同書のプロローグからして、ネトウヨたちがSNSで吐き出している韓国ヘイトそのもの。「嘘の国」「嘘をつく国民」「嘘をつく政治」「嘘つきの学問」「嘘の裁判」と、これでもかと“韓国国民は嘘つき”“嘘つき文化の国”と畳み掛けるのだ。

〈韓国の嘘つき文化は国際的に広く知れ渡っています〉
〈この国の国民が嘘を嘘とも思わず、この国の政治が嘘を政争の手段とするようになったのには、この国の嘘つきの学問に一番大きな責任があります。私が見るところ、この国の歴史学や社会学は嘘の温床です。〔中略〕そのため、二〇〇〇年代に入ると全ての国民、全ての政治が平然と嘘をつくようになったのです。〉
〈嘘が作られ拡散し、やがて文化となり、政治と司法を支配するに至った過ぎし六〇年間の精神史を、何と説明したらよいのでしょうか。人が嘘をつくのは、知的弁明力が低く、それに対する羞恥心がない社会では、嘘による利益が大きいためです。〉

 そして著者は、韓国の「民族主義」は西洋のそれとは異なる「種族」(≒未開的な意味での部族tribe)と呼ぶべきであるとし、〈隣の日本を永遠の仇と捉える敵対感情〉の集団心理によって〈ありとあらゆる嘘が作られ広がる〉様態を「反日種族主義」と名付けるのである。

 いやはや、まるで百田尚樹センセイとかケント・ギルバートが書いたヘイト本を読んでいるのかと錯覚してしまいそうになるが、本章を読み進めても、やっぱり歴史修正主義的なミスリードのオンパレード。もっとも端的なのが、戦時中の徴用工問題を「否定」するくだりだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

韓国ベストセラー『反日種族主義』は日本のネトウヨ本そっくりの歴史修正とフェイクだらけ! 背後に日本の極右人脈が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨフェイク久保田るり子反日種族主義徴用工慰安婦文藝春秋李宇衍李榮薫歴史修正産経新聞編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
4 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
5 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
6 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 ゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!
12 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
13 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
14 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
15 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
16 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
17 【2020年読まれた記事】菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
18 蓮舫“二重国籍”報道は卑劣な差別攻撃だ!
19 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
20 乙武洋匡の本質をマツコが見抜いていた
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
4古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
5維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄