菊池桃子の結婚相手の経産省幹部はパワハラ体質であだ名は「将軍」、官邸時代は安倍首相のために数々の悪政を主導

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
菊池桃子の結婚相手の経産省幹部はパワハラ体質であだ名は「将軍」、官邸時代は安倍首相のために数々の悪政を主導の画像1
菊池桃子オフィシャルブログより


 タレントの菊池桃子が昨日11月4日、ブログを更新。今年に入ってから交際をしていた〈一般の男性〉と入籍したことを明かした。

 菊池は2012年に離婚し、シングルマザーとして2人の子どもを育ててきた。ブログでは再婚相手について〈お付き合いの間、何かと臆病な私を応援してくれていたのは長男と長女で、いま共に喜んでくれていることを感謝しています〉〈幾つになっても、人間的な成長を目指す前向きで明るい伴侶と共に、私自身、仕事も精進を重ね、もうひと回り大きくなる姿を皆様に見ていただけますよう頑張ってまいります〉と綴った。

 だが、気になるのは菊池のブログで「一般男性」とされている相手だ。一部ではすでに報じられているが、じつはその相手は「将来の事務次官」と囁かれる経産省のエリート官僚で、現在、同省の経済産業政策局長を務めている新原浩朗という人物だ。

 安倍政権といえば、本サイトでこれまで何度も指摘してきたとおり、首相秘書官と補佐官を兼任し“影の総理”の異名を持つ今井尚哉氏を筆頭に、加計学園関係者と面談をおこなっていた柳瀬唯夫・元首相秘書官や、内閣広報官として官房長官会見でメディア圧力を強めている長谷川栄一首相補佐官など、数々の経産省出身者で身の回りを固め官邸主導の政治を進めてきたが、この新原氏はそんな「官邸官僚」の代表格のひとりなのだ。

 しかも、新原氏は今井首相秘書官と一緒になって、安倍政権のとんでもない政策を推進してきた中心人物である。

 たとえば、消費税率10%への引き上げに合わせた実施されたポイント還元制度については、巨額の予算や広報費の無駄遣いをした挙げ句、格差を助長させる結果になったことを批判されているが、こうした増税対策メニューは、新原氏が財務省を差し置いて先頭に立ち、取り仕切ったもの。2017年に森友・加計学園問題の疑惑追及から逃れるために安倍首相が総選挙に打って出た際に持ち出した消費増税の税収分を幼児教育の無償化などに充てるという大義名分を事務方トップとしてとりまとめたのも新原氏だ。同年9月に「人生100年時代構想会議」を立ち上げ、政策の骨格をつくり上げ、安倍首相の「国難突破解散」に合わせた。

 また、安倍首相が昨年ゴリ押しして法案を強行採決させた働き方改革でも、内閣府に出向中だった新原氏が主導。内閣官房に設けられた「働き方改革実現推進室」の室長代行補に就任し、過労自殺に追い込まれた電通の高橋まつりさんの母親と安倍首相が対面した際も同席していた。

 さらに、現在、安倍首相が推し進めている「全世代型社会保障制度改革」でも、新原氏は検討会議の事実上の事務方トップに就任。いかに安倍首相からの信任が厚いかがここでも見てとれるだろう。

 つまり、新原氏は安倍官邸を代表する絶対的な官僚として君臨してきたわけだが、その一方で、新原氏につきまとっている評判がある。それは「パワハラ」体質だ。

 朝日新聞2017年5月14日付記事では、新原氏の霞が関での評価がこう記されている。

〈新原は経済産業省出身。霞が関では「結果を出す」官僚との声がある一方、「部下を容赦なく怒鳴りつけ、情報管理を徹底する」仕事ぶりで知られ、ついたあだ名は「将軍」。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

菊池桃子の結婚相手の経産省幹部はパワハラ体質であだ名は「将軍」、官邸時代は安倍首相のために数々の悪政を主導のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。1億総活躍会議安倍政権官邸官僚新原浩朗経済産業省編集部菊池桃子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
3 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
6 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
10 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
12 稲田防衛相はレイシストと蜜月と最高裁が
13 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
16 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
8河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄