『報ステ』安倍政権忖度CPのセクハラを文春、新潮が報道も…テレ朝内部から被害女性たちへ卑劣なバッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『報ステ』安倍政権忖度CPのセクハラを文春、新潮が報道も…テレ朝内部から被害女性たちへ卑劣なバッシングの画像1
テレビ朝日『報道ステーション』公式Facebookより


 本サイトが9月1日にスクープした『報道ステーション』(テレビ朝日)チーフプロデューサーがセクハラで更迭された問題だが、やはり今週、「週刊文春」「週刊新潮」(両誌とも7月5日発売号)が大々的に記事にした。

 更迭されたのは、“テレ朝のドン”早河洋会長が『報ステ』に送り込んだ桐永洋氏。桐永氏は昨年7月にCPに就任するや、『報ステ』の政権批判や原発報道を極端に減らし、スポーツなどをメインに。さらに、小川彩佳を番組から追放し、早河会長お気に入りの徳永有美アナをMCに起用するなど、安倍首相に近い早河会長の意向を受けて、『報ステ』を完全に骨抜きにしてしまった。

 ところがその桐永氏が8月30日、突如「3日間の謹慎」という懲戒処分を受け、『報ステ』CPから異動になった。原因は女性アナウンサーやスタッフへのセクハラ。桐永氏は複数の被害女性からテレ朝のコンプライアンス室に告発されていた。

 本サイトはこの事実を報じた上、「テレ朝が突如、処分を発表したのは、自主的に処分したわけでなく、文春が取材をかけたから」と指摘していたが、その通り「週刊文春」、さらに「週刊新潮」も動いたというわけだ。

 しかも、「週刊文春」「週刊新潮」両誌が報じた桐永氏のセクハラの中身は想像以上に露骨なものだった。

 なんと、今年4月から『報ステ』のフィールドリポーターに抜擢されていた森葉子アナウンサーを呼び出し、サシ飲み。その後、マンションまで強引についてき、エレベーターの中で抱きつき無理やりキスをしたというのだ。さらに桐永氏は部屋にまで入ろうとしてきたという。森アナはなんとか阻止してことなきを得たが、合意なしのキスは「強制わいせつ」という立派な犯罪だ。

 さらに「週刊新潮」によると、桐永氏は森氏と飲んでいる最中、「俺のバックには早河さんがいる」と自慢していたという。これは関係を迫るため、職権や社内の地位をチラつかせていたということではないか。

 しかも、驚いたことに、桐永氏がこうしたセクハラを働いたのは、森アナに対してだけではなかった。

「(セクハラの被害者は)社員から学生アルバイトまで、10人以上に及んでいたようです。複数で飲むと見せかけて実は2人きりの飲み会だったという『手口』も何度かあったそうです」(「週刊新潮」に掲載された関係者の証言)

「桐永氏は、しょっちゅう女性記者やスタッフを飲みに誘っていた。番組の最高権力者の誘いは断りにくく、やむなく応じるものも多かった。手口はいつも同じで、二人きりの席で猥談を連発。『その服エロイねぇ』と言ったり、『恋がしたい』と嘆いたり。学生バイトの女性が手を握られたこともある。セクハラが酷いという声がいくつも出ていたところに森アナの件が舞い込んできたため、怒った女性ディレクター陣がこれまでのセクハラ被害を報告し、女性スタッフ全員の聞き取り調査をコンプラ室に求めた。調査の結果、十人ほどが被害を訴えたそうです」(「週刊文春」に掲載された関係者の証言)

 さらには、昨年秋、小川彩佳アナが報ステを卒業する直前の8月、桐永氏が広島取材に同行し、小川アナに2人きりで飲もうと誘い、断わられていたことも、両誌が暴露していた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『報ステ』安倍政権忖度CPのセクハラを文春、新潮が報道も…テレ朝内部から被害女性たちへ卑劣なバッシングのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ朝日報道ステーション早河洋桐永洋週刊文春週刊新潮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
2 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
5 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
13 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
14 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
15 産経が新潟知事選でフェイク野党攻撃!
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
20 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄