小川彩佳アナ退社もうひとつの要因! テレビ朝日の安倍政権忖度、『報ステ』外しで追い込まれ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
小川彩佳アナ退社もうひとつの要因! テレビ朝日の安倍政権忖度、「報ステ」外しで追い込まれ…の画像1
本日『Abema Prime』に出演する小川アナ


 テレビ朝日の小川彩佳アナが退社することが発表された。一般男性と結婚することも同時に発表され、「寿退社」などと報じられているが、小川アナの退社が単に私生活上の理由によるものだけではないのは明らかだろう。

 小川彩佳といえば、現在はネット番組『Abema Prime』(AbemaTV)のキャスターを務めているが、やはり忘れてはいけないのが『報道ステーション』から外されたという問題だ。

 テレビ朝日の小川彩佳アナが退社することが発表された。一般男性と結婚することも同時に発表され、「寿退社」などと報じられているが、小川アナの退社が単に私生活上の理由によるものだけではないのは明らかだろう。

 小川彩佳といえば、現在はネット番組『Abema Prime』(AbemaTV)のキャスターを務めているが、やはり忘れてはいけないのが『報道ステーション』から外されたという問題だ。

 小川アナは、東日本大震災の直後、古舘伊知郎キャスター時代の2011年4月から2018年9月まで『報ステ』でサブキャスターとして出演していたが、単なる「添え物」でなく、社会問題への強い関心とジャーナリスティックな視点をもっていた。取材にも積極的に出かけ、要所要所では的確なコメントを発し、時を経るごとに存在感を増していった。

 事実、政権に不正や問題が起きると、臆することなく厳しい発言もしていた。安倍首相が生出演した際も、MCの富川悠太アナやコメンテーターの後藤謙次が攻めあぐねるなか、厳しい質問を投げかけ、安倍首相を憮然とさせたこともある。

 彼女のジャーナリスティックな姿勢は、安倍政権に忖度するメディアだらけの言論状況にあって、非常に貴重なものだった。

 ところが、早河洋・テレビ朝日会長ら上層部が安倍首相と会食を繰り返すうち、テレ朝の番組からは次々と政権批判が消えていく。もっともターゲットになったのが『報ステ』だ。古賀茂明降板、古舘伊知郎降板、チーフプロデューサー交代……。そして、小川彩佳アナも『報ステ』から外された。

 しかも異動先は、ネトウヨ論客も多数出演する『Abema Prime』という、嫌がらせのような人事。小川アナが支持を集めたのはジャーナリスティックでリベラルなスタンスだったにもかかわらず、なぜかテレ朝は番組でコスプレをさせたり、露出多めの衣装でドラマに出演させたり、とセクハラまがいの扱いも繰り返していた。

 それでも小川アナは「自分の色をきちんと出したい、取材もしたい」とジャーナリズムへの意欲を語っていた。実際、小川アナは先日も辺野古新基地建設を問う県民投票をめぐって沖縄に取材に出かけていたのだが、一方、『AbemaTV』はスタジオでの議論に「沖縄はゆすりの名人」と発言したことで知られるケヴィン・メア元沖縄総領事まで出演させるような番組作りをおこなっている。そうした現実を前に、葛藤を募らせていたことは想像に難くない。

 結婚も退社へと背中を押す契機にはなったかもしれないが、小川アナの退社は本質的には、こうしたテレ朝の政権忖度と圧力による変節によって追い込まれたものではないのか。

 テレ朝では、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)のサブキャスターを務める宇賀なつみアナの退社も発表されている。宇賀アナもまた、同番組コメンテーター・玉川徹の存在感が強すぎて話題になることは多くなかったが、常にリベラルな発言をしてきた。

 小川アナといい、政権批判も厭わずリベラルな発言をする人材が相次いで退社する背景は、テレビ朝日の政権忖度・政権批判潰しと決して無関係ではないだろう。

 本サイトでは、昨年、小川アナが『報ステ』を降板する際にも、彼女のジャーナリスティックな姿勢と、降板の背景にあるテレビ朝日と『報ステ』内部の問題について記事にしたことがある。あらためてご一読いただきたい。小川アナ、宇賀アナには、どうかフリーの立場でも、リベラルなジャーナリストとして活動を続けてくれることを願いたい。
(編集部)
***************

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小川彩佳アナ退社もうひとつの要因! テレビ朝日の安倍政権忖度、『報ステ』外しで追い込まれ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Abema Primeテレビ朝日報道ステーション安倍晋三小川彩佳編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 葵つかさが「松潤とは終わった」と
2 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
4 三浦瑠麗が「医者はワイドショー見てコロナ怖がりすぎ」と医療従事者を嘲笑!
5 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
6 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
7 三浦瑠麗CM出演でアマプラの解約運動が……DaiGoは批判も的外れ
8 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
9 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
10 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
12 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
13 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
14 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
17 統一教会最古参元幹部が安倍晋三と教団の深い関係をテレビで激白!
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 『ワイドナ』の裏で、『サンジャポ』が吉本と安倍政権の癒着を批判
20 オリックスDHC買収で「虎ノ門ニュース」に続き「DHC テレビ」も解体か
1細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
3夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄