「THE Wが面白くない」のは女芸人のせいじゃない! お笑い界とテレビの男尊女卑体質が女芸人を歪ませている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「THE Wが面白くない」のは女芸人のせいじゃない! お笑い界とテレビの男尊女卑体質が女芸人を歪ませているの画像1
日本テレビ公式HPより

 12月10日に放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ)をめぐって各所で議論が紛糾している。

 たとえば、有吉弘行は16日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)のなかで、「『M-1グランプリ』の賞金1000万で、『THE W』の賞金1000万って、ちょっと釣り合ってないよ。賞金は100万にしなきゃだめだよ、マジで。来年からいい加減にしないと」と発言。お笑いコンテストとしていま最も権威とポピュラリティのある『M-1グランプリ』と賞金が同じなのはおかしいと主張した。

『THE W』に関しては、他にも批判的な意見が続出している。

 15日放送『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)で塙宣之(ナイツ)は、「“女性のこと”をネタにする人が多すぎる」「女性の『彼氏がいなくて……』という内容はバラエティ番組のひな壇でやって欲しい」「ネタはネタでちゃんとつくった方がいい」と、『THE W』を振り返った。

 有吉や塙のような同業者のプロの芸人のみならず、『THE W』に関しては一般視聴者からも低い評価が多く、SNSでも「『M-1』と違って笑えなかった」「女芸人は面白くない」といったコメントが大量に投稿されている。

 ネタの内容についての批判が出ること自体はいいことだ。日本の笑芸の発展のためにも、むしろ積極的に意見が交わされてしかるべきだろう。

 しかし、気になるのは、『THE W』をめぐる言説のなかに「ネタそのものへの評価」とはまったく違う「女性蔑視」の考えが垣間見えることだ。

 有吉の「釣り合ってないよ。賞金は100万にしなきゃだめだよ」という発言はその典型だろう。

 だいたい賞金の金額で、賞の価値をうんぬんすることがナンセンスだが(それをいうなら、芥川賞・直木賞の賞金は100万円、水嶋ヒロが受賞したポプラ社小説大賞の賞金は2000万円だ)、有吉の発言には加えて「所詮面白くない女芸人のコンテストに金なんてかけるな」という意識が透けて見える。

 しかし、ネットでは有吉の意見に同調する声も多く、賞金を10分の1にするどころか、「そもそも女性芸人だけのコンテストがいらない」「男性芸人だけのコンテストはないのに」と女性芸人のコンテストの存在意義そのものに疑義を呈する声まである。議員や会社役員などの一定数を女性に割り当てるクォータ制を「逆差別」などとする批判と同根のものだろう。

 タカ派オヤジ紙である夕刊フジ(12月22日)にいたっては、『THE W』批判に便乗して、「今の女性芸人で単独でしっかりと笑いがとれるタイプは少なく、中堅から若手では友近ぐらいでしょう。あとは集団芸のような形になってしまう。先日、大勢の女性芸人と明石家さんまが旅に出る特番が放送されましたが、あれもそれぞれにきちんと笑いを振り分けるさんまさんでないと成立しない内容でした」という演芸関係者のコメントを掲載。女芸人バッシングを展開していた。

 だが、本当に彼らの言うように「女芸人はおもしろくない」のだろうか?

 たしかに、『THE W』は面白くなかった。前回優勝者のゆりやんレトリィバァも含め、斬新なネタ、新しい笑いは見られず、「なんで本選に?」とクビをひねりたくなる芸人も少なくなかった。

 だが、それは「女芸人がもともと面白くない」ということを意味しているのではない。そのことを指摘していたのが、能町みねこ氏だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「THE Wが面白くない」のは女芸人のせいじゃない! お笑い界とテレビの男尊女卑体質が女芸人を歪ませているのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。女芸人No.1決定戦 THE W日本テレビ有吉弘行本田コッペ松本人志能町みね子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
2 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
3 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
4 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
5 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
10 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
11 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
12 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
13 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14 谷村新司のオカルト告白がスゴい
15 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
16 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
17 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
18 『ミヤネ屋』が青木理をクビ切り
19 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
20 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
10悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
15大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄