またまた敗訴、百田尚樹が『殉愛』裁判で自ら露呈した嘘と醜態! こんなフェイク作家が『日本国紀』を書いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

『殉愛』と同じ手法で『日本国紀』を出版した百田と幻冬舎の無反省

 K氏が訴えた裁判の口頭弁論を傍聴し、レポートしていた角岡氏にあらためて、百田の法廷での言動について、感想を聞いてみた。

「裁判で『殉愛』の虚偽が明らかになっていったこと自体は、私自身、この問題をずっと取材していたので、別段驚きませんでした。裁判で明らかになった嘘は、争点に関係していることだけで、あの本の問題はもっといろいろあります。ただ、裁判を傍聴してびっくりしたのは、百田氏のジャーナリズム、取材に対する意識の低さですね。私がブログで指摘した『殉愛』のずさんな取材や百田氏の虚偽の主張というのは、答えに窮してポロリ漏らしてしまったというより、百田氏が自分から堂々と語ったケースが多かった。原告側弁護士から指摘されても『それがなんで悪いの』という感じで、悪びれるところがまったくない。しかも、これだけずさんな取材や虚偽がはっきりしているのに、“裏を取った”“これは間違いないという確信を持って書いた”と、自信満々に言い切ってしまう。本当に取材や裏取りの意味、事実とは何かということをわかっているのか。こんな人が平気で自分の本をノンフィクションと称し、政治や歴史問題について発言していることにあらためて恐ろしさを感じましたね」

 さくら夫人を「天使」として描く一方、たかじん氏の長女やK氏のことは直接取材もせず、さらには取材ノートにも記述のない言葉まで勝手に捏造して「悪人」「金の亡者」に仕立て上げる──。もはや『殉愛』は「ノンフィクション」などではなく、百田氏による悪質な誹謗中傷本であることが数々の裁判ではっきりした。
 
 だが、問題は、こうした判決が下っても、百田氏と版元の幻冬舎にはまったく反省がみられないということだ。

『殉愛』は発売直後から、さくら夫人の結婚歴など虚偽の記述があることが指摘されてきたが、そんななかでも百田氏は開き直りつづけ、幻冬舎も何ら対応をとってこなかった。そればかりか、たかじん氏の長女の名誉毀損が認められた判決が確定した昨年12月以降も、幻冬舎は百田氏の著書を出版。そして、今月には「幻冬舎創立25周年記念出版」と銘打ち、百田氏による『日本国紀』を発売したのである。

『日本国紀』をめぐっては、発売後からネット上でWikipediaなどからの“コピペ疑惑”が指摘され、検証作業がつづいているが、問題はコピペ疑惑だけではない。

『殉愛』が一方的にたかじん氏の親族や関係者を貶める内容であることを裁判所に指摘されながらも、それを出版したことの製造者責任について何の説明もおこなっていない幻冬舎が、『殉愛』と同様に新聞広告を大々的に打って百田氏の『日本国紀』を売り出す、その行為自体が問題ではないか。

 恣意的に嘘を書く人物が書く「日本通史」がベストセラーになるとは世も末だが、製造者責任など無視して百田氏と一体化しつづける幻冬舎にも批判が向けられるべきだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

またまた敗訴、百田尚樹が『殉愛』裁判で自ら露呈した嘘と醜態! こんなフェイク作家が『日本国紀』を書いたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。やしきたかじん幻冬社殉愛百田尚樹編集部見城徹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 菅官房長官と幻冬舎見城社長、avex松浦社長の仲良し写真
2 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!
3 ローラも辺野古反対署名を呼びかけ!
4 安倍政権の原発輸出政策が世界各国から拒否され破綻!
5 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
6 日産ゴーン再逮捕で官邸、経産省主導説がますます濃厚に!
7 山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る
8 沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
9 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
10 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
11 指原莉乃卒業でその処世術を考える
12 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
13 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
14 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
15 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
16 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
17 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
18 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
19 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
20 林真理子が寝屋川事件被害者の親を批判
1安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
2『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
3THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
7 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
8辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
9 入管法改正をケント・ギルバートが批判
10 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!
11三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
12 安倍政権の原発輸出政策が世界各国から拒否され破綻!
13沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
16 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
17維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
18“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛
19りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
20官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄