安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!百田、上念、有本、WiLLが小川の悪口と「自分は関係ない」の大合唱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪! 百田、上念、有本、「WiLL」が「アウト」「ダメ」「関係ない」「よくわからない」の画像1
安倍首相も関与した小川氏のデビュー作『約束の日』

 自民党・杉田水脈衆院議員の“LGBTには生産性がない”という差別言説を“LGBTを認めるなら痴漢の触る権利も保障せよ”なるヘイトの上塗りで擁護した、自称文芸評論家の小川榮太郎氏。その小川氏をめぐって、極右文化人・安倍応援団界隈がいま、まるで“糞の押し付けあい”のような醜態を次々にさらしている。

 たとえば、昨日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が「『新潮45』を休刊させた“安倍応援団長”を直撃150分」という記事のなかで、例の「放送法遵守を求める視聴者の会」(以下、「視聴者の会」)における小川氏の“寄付金私的流用疑惑”を追及。

「視聴者の会」といえば、2015年に小川氏が事務局長となり、初代よびかけ人のすぎやまこういち氏や、上念司氏、ケント・ギルバート氏などの安倍応援団を中心に発足された民間団体だ。周知の通り、安倍政権に批判的なニュース番組に圧力をかけ、結果、当時『NEWS23』(TBS)で安保法案の危険性を指摘していたアンカー・岸井成格氏を番組降板に追いやった。

 ところが、その「視聴者の会」で、昨年からカネをめぐる“内紛”が起きていた。記事によると、同会に「数千万円単位の寄付」をしていたというすぎやま氏の妻が「視聴者の会」の経理がおかしいのではないかと気付き、会計処理を担当していた小川氏に「寄付金を私的に流用しているという疑惑が持ち上がった」(同会関係者)というのだ。

 たしかに、すぎやま氏は昨年3月に代表呼びかけ人を辞任し、小川氏も同年7月に事務局長を退任、新代表を百田尚樹氏、事務局長を上念氏とする新体制に移行(2018年4月から一般社団法人化)していたが、その背景に、この小川氏らの金銭トラブルがあったということらしい。

「週刊文春」の取材に対してすぎやま氏側は「寄付金の管理と使途につき、小川氏と紛議を生じていることは事実」「未だ解決していないという認識」などと回答。一方の小川氏は「全くの事実無根」などと疑惑を否定しているが、いずれにせよ、あの“安倍政権を守る言論圧力団体”でカネ絡みの醜い“内ゲバ”が起こっていることは間違いない。

 しかし、本サイトとしてより興味深いのは、これまで小川氏とよろしくやってきた連中による、見事なまでの“小川切り”と“手のひら返し”のほうだ。

 たとえば、この「文春砲」に慌てふためいたのが、事務局長を引き継いだ「視聴者の会」設立時からの“盟友”上念氏と、現在、理事を務める自称ジャーナリストの有本香氏、そして同会代表理事である作家の百田尚樹氏の3人。百田氏は、10月1日、ニコニコチャンネルの「百田尚樹チャンネル」での生放送に上念氏と有本氏を招き、文春報道に先んじて小川氏の「私的流用」疑惑について釈明したのだが、そこで連発したのは見苦しい責任逃れだった。

 たとえば上念氏は、小川氏から事務局長を引き継いだ際、「数十万の預金と、数百万円のリース債務があった」「230〜240万円くらいの債務があった」といい、百田氏も「月何十万もかかる、めっちゃ高いコピー機」の利用があったことを認め、「ちょっと金の使い方は乱暴ではありました」「これはほぼ私的利用じゃないかとすぎやまさんが思う帳簿だった」と言及した。一方で3人は、この問題について「1年以上前の話」(上念氏)「前時代の話」(有本氏)であり、あくまで“小川さんとすぎやまさんのトラブル”だと繰り返し強調。「現在の『視聴者の会』と小川榮太郎さんは一切なんの関係もありません」(百田氏)などと言って、金銭問題とは無関係だと主張したのだ。

 いや、「一切関係ない」なんて、とてもじゃないが言えないだろう。百田氏が同会の代表理事に就任したのは昨年3月末であり、事実、同年3月28日におこなわれた記者会見では、百田氏の新代表就任とすぎやま氏の退任を同時に発表、すぎやま氏の退任を同会は「高齢と多忙が理由」とした。しかも、この会見の場には、事務局長として小川氏も出席している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!百田、上念、有本、WiLLが小川の悪口と「自分は関係ない」の大合唱のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三小川榮太郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
2 通販生活が「左翼だ」攻撃を一蹴!
3 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
4 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
5 鶴保庸介に重大「政治とカネ」疑惑!
6 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
7 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
8 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
9 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
10 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
11 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
12 自民党がネトサポに他党叩きを指南
13 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
14 菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
17 田崎史郎が『ひるおび』共演・柿崎首相補佐官就任で不機嫌に!
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 日本学術会議への不当人事介入は安倍政権時代から始まっていた
20 堀江貴文がマスク着用求めた餃子店を攻撃して休業に追い込む弱いものいじめ!
1杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
2欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
3菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
4大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
5 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
6甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
7「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
8日本学術会議への不当人事介入は安倍政権時代から始まっていた
9菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
10菅首相 学術会議の推薦名簿を「自分は見ていない」とトンデモ発言
11菅首相と河野太郎行革相が学術会議を「行革対象」にして違法人事介入を正当化
12二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
13ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
14田崎史郎が『ひるおび』共演・柿崎首相補佐官就任で不機嫌に!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄