初防衛戦を前に、村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論!「政治的な広告価値があるかどうかで判断している」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

『夜と霧』からの引用も…読書家・村田諒太が語る“公平と差別”の深さ

 念のため言っておくと、村田選手は別に、羽生選手に授賞するなと言っているわけでも、単なる印象論で国民栄誉賞を批判しているわけでもない。それは「週刊新潮」のインタビューを読めば明らかだろう。むしろ逆で、村田選手は「公平性とは何か」を高いレベルで考えたうえで、国民栄誉賞を批判している。

 読書が趣味という村田選手。雑誌やテレビでも哲学者と対談したり、心理学者のアルフレッド・アドラーや神学者のラインホルド・ニーバーの言葉を参照したりするなど“読書家”の一面が知られるが、「週刊新潮」のインタビューでも、冒頭で引用した“国民栄誉賞批判”の前に、ヴィクトール・フランクルの『夜と霧』について語っている。

 村田選手が『夜と霧』で感銘を覚えたシーンのひとつとして挙げているのは、こんな場面。ナチスの強制収容所で、ほとんどの給仕係が自分の個人的な仲間にだけ具のじゃがいもが多く皿の中に入るよう優遇する。しかし、「F」という給仕係だけは被収容者の顔を全く見ずに公平にスープを分け与えていた。その文字通り「人によってスープの中身を変えない公平」さに胸が打たれたという、フランクルが紹介したエピソードだ。

 村田選手は、そのシーンを読み返して、昨年、同じミドル級の世界的スター選手同士が対決した、ある試合を思い出したという。

 これはボクシング界が待望してきた2017年最大のビッグマッチで、パウンドフォーパウンド(もし体格が同じと仮定したら全階級通じて一番強い選手)と呼ばれる無敗の王者ゲンナジー・ゴロフキンに、やや不利と言われながらも人気では勝る挑戦者サウル・アルバレスが挑むという構図だった。結果は三者三様のドロー。さっそく再戦が今年5月に予定されていた。ところがその後、アルバレスからドーピングの陽性反応が出て、この決着戦が流れてしまった。

 村田選手は、自分は絶対にバレないドーピングを持ちかけられても絶対断るとしたうえで、こう述べている。

「ただ、その一方で、ドーピングに手を出してしまう選手の精神的な弱さを頭ごなしに否定していいのかという葛藤もあります。公平、クリーンであることは大切です。しかし、誰もがFのように振る舞えるわけではない」

 フランクルも〈生死に関わる状態において、その友を優先させた人間に、誰が石を投げ得るであろうか〉〈もし自分が同じような状態に置かれたならばそうしなかっただろうか、と率直に自らを問う前に、何人も石を取り上げてはならない〉と書いている。

 誤解のないように解説しておくが、ここに出てくる給仕係というのはいずれもナチスの人間などではなく、フランクルらと同じく強制収容されているユダヤ人の被収容者たちだ。自らも強制収容所に囚われ、家族や友人と引き離され(あるいは殺され)、自らの命の行方もわからない、そんな極限状況のなかで、栄養失調で死にそうな友人にたかだかスープの具をいくらか多く入れたとして、それを誰も責めることなどしないだろう。しかし、その極限状況のなかにあってなお、人間としての倫理を失わず、公平であろうとした給仕係。これをフランクルは長く苛烈な収容所生活のなかで「ただ2回だけ本当に嬉しい瞬間」のひとつとして綴っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

初防衛戦を前に、村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論!「政治的な広告価値があるかどうかで判断している」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。村田諒太編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
2 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
3 「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
4 菅に日歯連から3000万円迂回献金
5 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
6 貴乃花出馬を阻む森喜朗との不仲
7 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
8 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
9 『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
10 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
11 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
12 オウム菊地無罪!井上証言の裏に
13 グッディ!土田マジギレ真の原因
14 『橋下×羽鳥』が森友疑惑の論点ずらし
15 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
16 フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
17 オウム裁判のデタラメを弁護士が告発
18 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
19 麻原の三女・アーチャリーが手記出版
20 靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
2サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
3 柴山文科相「教育勅語」発言は政権の総意
4安倍改造内閣は杉田水脈レベルの“ほぼ全員ネトウヨ内閣”
5安倍改造内閣に田崎スシローも「これまでで一番出来が悪い」
6加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
7ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
8旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
9翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
10本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
11百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
12安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
13靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
14 『zero』有働由美子がニュース感覚“ゼロ”を露呈
15 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
16茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
17テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
18フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
19民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
20『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄