『バイキング』が維新スラップ訴訟で不可解な米山新潟県知事バッシング! 背景に原発再稼働推進派の意向か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

不可解な米山バッシングの背景に、原発再稼働をめぐる東電の思惑か

 しかも今回の『バイキング』の取り上げ方には、もうひとつ不可解な点がある。前述のとおり、松井府知事が米山県知事を提訴したのは昨年末で、そのことが広く知れ渡ったのは年明け1月のこと。つまり、それから1カ月以上も開いているし、裁判の新たな動きを伝えるわけでもなく、言ってしまえば、テレビが常に求めているニュースとしての新鮮さもない。

 にもかかわらず、いったいなぜ2月も後半の今頃になって、“松井VS米山のバトル”を取り上げたのか。 
 
 そこでひとつ思い出されるのは、MC坂上と松井府知事との関係だ。坂上は昨年『ダウンタウンなう』(フジテレビ)で松井府知事と共演。松井府知事のたいしておもしろくもない過去のやんちゃ話や恐妻家エピソードを大喜びで聞き続け、ヨイショしまくっていた。まさか松井府知事に頼まれでもしたのだろうか。

 しかし、そんなことよりもっと可能性の高いものがある。局上層部あるいは東電の意を受けて、番組ぐるみで原発再稼働をめぐって米山県知事へのバッシングを仕掛けた可能性だ。

 周知のとおり、米山氏が知事をつとめる新潟県には東京電力柏崎刈羽原発があるが、昨年10月、原子力規制委員会が東電の示す安全対策が新基準に「適合」しているとして審査に合格。再稼働に向け本格的に動き始めている。

 しかし、脱原発の方針を掲げて当選した米山県知事は、この再稼働の動きに一貫して否定的な立場を崩していない。福島原発事故の原因究明や、柏崎刈羽原発で事故が起きた場合の住民避難や健康影響に関する独自の検証委員会をつくり検証を進めており、昨年末にも「県独自の検証がなされない限り、再稼働の議論は始められない」と従来の方針を明言。先月25日にも「検証を待たずに再稼働をすれば、差し止め訴訟をすることになる」とまで語った。再稼働には地元の同意が必要なため、再稼働を進めたい安倍政権と東電、原子力ムラにとっては、米山県知事の存在が邪魔なのだ。

 そのため、米山県知事に対するバッシング報道を仕掛けたのではないか。うがちすぎと思うかもしれないが、同じ新潟県でやはり当時脱原発を掲げていた泉田裕彦前知事もバッシング報道を仕掛けられたことがあった。

 さらに、福島原発後鳴りをひそめていた東電のメディア対策もここに来て完全に復活。最近は、再稼働に向けて“ご説明”と称してメディア各社に出向くなど、情報操作に動きまわっている。

 実際、米山県知事に対しても、2月22日発売の「週刊新潮」(週刊新潮)が、「大雪で使えない太陽光に血税を流した戦犯は誰か」として、バッシング記事を掲載。米山県知事が再稼働に同意しないことについて、「次の知事選を睨んでのことであるなら、個人の選挙のために首都圏を巨大なリスクにさらす姿勢は万死に値する」などと批判している。
 
 また先月中旬、大雪で新潟県内の電車が立ち往生した際も、産経新聞が自衛隊の要請も検討しなかったなどとして、米山県知事を厳しく批判していた。
 
 今回の『バイキング』の不可解な“松井VS米山のバトル”企画も、こうした再稼働をめぐる動きを睨んだ米山バッシングのためのものだったのではないか。

 フジテレビということを考えると上層部の意を受けた企画だった可能性は十分ありえる。脱原発そのものをテーマにするとどう転ぶかわからないが、“松井VS米山バトル”なら坂上や東国原が松井府知事の肩をもつことは目に見えているおり、米山県知事=目立ちたがりのおかしな人と印象づけられる。そういうことだったのではないか。

 しかしいずれにせよ、そうしたポチ犬みたいな番組のあり方は、報道や言論の自滅を導くだけだ。討論形式で人気を博しているという『バイキング』だが、あらためてそのおかしさに視聴者は気がつくべきだろう。

最終更新:2018.02.24 09:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『バイキング』が維新スラップ訴訟で不可解な米山新潟県知事バッシング! 背景に原発再稼働推進派の意向かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バイキング坂上忍東国原英夫松井一郎橋下徹米山隆一編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
2 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
3 木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか?
4 辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
8 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
9 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
10 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
11 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
12 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
13 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
14 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
15 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
16 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
17 新しい地図の番組『ななにー』に吉村知事出演でSMAPファンが抗議!
18 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
19 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
20 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
5森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
6小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
7安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
8GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
9大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
12東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
13東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
14吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
16「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
17「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
18河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
19小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
20香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄