「組み体操」を強制する文科省や教師は何もわかっていなかった! 自分で体験した途端「4段でも無理」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

『NEWS23』の取材で教師たちの信じがたい認識不足が露呈

 番組では、小学校・中学校・高校の教師が集まった「“安全な組み体操”講習会」の模様を取材していたが、そのなかで3段ピラミッドに挑戦した教師たちは疲労の色を隠せず、「これが4段になるとどうなるか想像できますか?」との講師の質問に対し、中年男性の教師は息も絶え絶えに「無理」と語った。たかだか3段程度で自分には無理なものなのに、生徒には10段を強いているのだから狂っているというほかない。

 また、驚くべきは、その講習を受けた感想として、また別の男性教師からこんなコメントが出ていたことだ。

「専門的なことをわからないまま指導している部分があったなということに気づいたので、きちんと理解したうえで教えていくことが事故の防止につながるんじゃないか」

 組み体操による事故件数は11年度から15年度までの間は年間8000件前後を推移していたが、十分な安全確保を求めるスポーツ庁からの通知があった後の16年度は5200件あまりまで減った。とはいえ、それでもまだ5000件以上もあるのだ。また、自治体により組み体操をめぐる扱いにはばらつきがあり、東京都、奈良県、大阪市、福岡市、金沢市などのようにピラミッドやタワーを廃止したところもあれば、愛知県、名古屋市、神戸市、岡山市などのように段数制限を設けていまだに組み体操を残している地域もあると、番組では説明されている。

 死亡事故が起こっているにもかかわらず、温存される組み体操。だが、子どもたちは、保守層の人々が感動で「うるうる」するためのマスターベーションの道具ではない。一刻も早く廃止されるべきだ。

最終更新:2018.02.07 08:09

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「組み体操」を強制する文科省や教師は何もわかっていなかった! 自分で体験した途端「4段でも無理」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。教育編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
6 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
7 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
8 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
9 原発新設を言い出した安倍晋三は福島原発事故の最大の戦犯
10 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
11 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
12 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
13 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
14 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
15 乙武洋匡の本質をマツコが見抜いていた
16 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
17 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
18 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
19 フジの格闘技RIZINと暴力団が
20 水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄