平昌ではジャンプの高梨沙羅が標的に…五輪選手への道徳押しつけバッシングの異常! 今井メロや國母和宏が心境告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
平昌ではジャンプの高梨沙羅が標的に…五輪選手への道徳押しつけバッシングの異常! 今井メロや國母和宏が心境告白の画像1
公益財団法人全日本スキー連盟HPより


 ついに明日9日、開会式がおこなわれる平昌オリンピックだが、それを前に、ある冬期オリンピック出場経験者の発言が話題を集めている。

 2006年のトリノオリンピックにスノーボードハーフパイプの日本代表選手として出場した今井メロは、1月27日放送『The NIGHT』(Abema TV)にて、ふるわない成績でオリンピックから帰国した際、近所の人間から悪口を言われたり、石を投げられたりもしたことで、「オリンピックの“オ”の字も聞きたくなかった」というトラウマになったと告白した。

 彼女はそれまでのワールドカップで優勝などの良い成績を残していたため、オリンピックでも、「(メダルを)獲らなくても、せめて予選は絶対通過だろうと言われていた」と語る。

 しかし、結果は予選敗退。彼女はこの結果に「すごく恥もありましたし、逃げたくなる気持ちっていうのにすごい駆られて」と語っているが、本当の地獄は帰国した後から始まる。

「そんなに落ち込まなくてもいいのかなって日本帰ってきた瞬間、少し思ったんです。『メルちゃんおかえり』『大丈夫だよ』みたいなことを言ってくださる空港で待ってくれてた方を見て少し安心したんですけど、そこから自宅に帰りまして、なぜかわからないですけど、家で少し騒がしいなってことが何回かあったんですね、で、数日してゴミを捨てに行ったときに『まだ住んでるの?』っていうことを言われて、で、そのうち区域の小学生たちに石を投げられて」

 注目を集めるスター選手としてトリノまで行くも芳しい成績を残せず帰ってきた彼女の自宅には、インタビューやコメントを取ろうとするマスコミが連日押し寄せた。それに対し周囲の人々は同情するどころか、目の前で彼女のことを責め立てた。

 近所の住民から「近隣の迷惑だってことを感じないのか?」や「負けて帰ってきてるんだから」と面と向かって言われた経験と、それらが残したトラウマを彼女はこのように語っている。

「もう、オリンピックの“オ”の字も聞きたくなかったし、見たくないという状態が続きました。(テレビでオリンピックをやっていたら)消します。(結果も)知らないです。(ゲレンデも)行かないです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

平昌ではジャンプの高梨沙羅が標的に…五輪選手への道徳押しつけバッシングの異常! 今井メロや國母和宏が心境告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。平昌オリンピック平昌五輪編集部高梨沙羅の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
2 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
5 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
6 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
7 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
8 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
9 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
10 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 愛川欽也が「安倍に殺される」と
13 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
14 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
15 松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
16 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
17 産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
18 星田、村本、博士がデモ批判に反論
19 高畑勲監督との別れに宮崎駿監督は…
20 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
5柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
6かこさとしが安倍を「大本営の戦後版」と痛罵
7NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
8安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
9麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
10安倍応援団「野党の国会放棄」攻撃はスリカエ
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
13星田、村本、博士がデモ批判に反論
14山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
15のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
16「セクハラ罪という罪はない」麻生の暴言という罪
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ