宮藤官九郎のオリンピック大河ドラマはナチスの「民族の祭典」になるのか、それとも五輪ナショナリズムを解体するのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kudokan_141207.jpg
大人計画 公式サイトより


 2019 年のNHK大河ドラマの脚本を宮藤官九郎が担当することが発表された。しかも、テーマは「東京とオリンピックの物語」。日本選手がたった2人で初めて参加した1912年のストックホルム大会から、1964年の東京オリンピック開催まで、52年にわたってオリンピックに関わった日本人を描くのだという。

 大河が近現代を舞台にするのは33年ぶりらしいが、それよりもびっくりしたのは、なぜクドカンがこんなテーマのドラマをやる気になったのかということだ。クドカンというのは典型的な「小ネタ」の人で、「大きな物語」なんて興味がないと思っていた。それが、大きな物語の代表選手のような大河ドラマで、これまた、大きな物語でマッチョなオリンピックを描く。舞台もこれまでクドカンが好んで描いてきた木更津や三陸のような「周縁」ではなく、「中心」である東京だ。大丈夫なのか、クドカン。

 さらに気になるのは、安倍サマのNHKがこのところ、2020年東京五輪を「国家の一大イベント」と位置付けて、並々ならぬ意欲を見せていることだ。リオ五輪が閉幕した直後の9月21日、同局の『おはよう日本』で、五輪開催のメリットとして、いの一番に「国威発揚」をあげる時代錯誤丸出しの解説をしていたが、この空気はいま、NHK全体を覆っている。

 東京五輪の前年に放送されるクドカン大河も、このNHKのベタな「オリンピック=国威発揚」キャンペーンのひとつに組み込まれてしまうのではないか。そんな懸念がつい頭をもたげてしまうのだ。

 いや、下手をしたら、クドカン大河は、ナチスドイツでレニ・リーフェンシュタールが監督したベルリンオリンピックの記録映画『民族の祭典』のような役割まで演じてしまうかもしれない。

 というのも、1912年のストックホルム大会から1964年東京五輪までを描くということは、日本が帝国主義・侵略戦争に突入していった時代、そしてオリンピックが、国家主義的イベントへと変質していった時代を避けては通れないからだ。

 たとえば、1912年は明治最後の年であり、1925年には治安維持法が制定され、1931年には柳条湖事件、満州事変が起きた。1936年にはナチスドイツによるベルリンオリンピックが開催されている。そして1941年、太平洋戦争に突入していくのだが、その前年の1940年は、幻の東京五輪が開催される予定だった年だ。この1940年の東京五輪は、皇紀2600年を記念し、ベルリンオリンピックと同様、まさに国家主義イベントとして招致されたのだが、日本が日中戦争を引き起こしたことで世界中から非難を浴び、開催を返上している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

宮藤官九郎のオリンピック大河ドラマはナチスの「民族の祭典」になるのか、それとも五輪ナショナリズムを解体するのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
2 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
3 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
4 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
5 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
6 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
7 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
10 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
11 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
12 自民党がネトサポに他党叩きを指南
13 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
14 安倍首相がまた「死者数は正確」「必ずPCR検査」とデタラメ強弁
15 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
16 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
17 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
18 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
19 大村知事に杉田水脈や維新の松井・吉村が「表現の自由制限論」展開
20 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
10内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
12持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
13NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
17ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄