ブルゾンもひふみんも…流行語大賞授賞式の欠席者続出はネトウヨの炎上攻撃のせい? ファミマ“忖度御膳”にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

“政治的炎上案件”となってしまった流行語大賞

 それはネット上だけにとどまらなかった。『ワイドナショー』(フジテレビ)ではMCの東野幸治やコメンテーターの松本人志が「I am not ABE」が入っていることを疑問視。爆笑問題・太田光も『爆笑問題 カーボーイ』(TBSラジオ)において、「安倍さん関係が多すぎるんだよ。安保関係が」「全部、安保関連だよ」「『早く質問しろよ』なんて別に流行語にしなくてもいいじゃない」と批判した。

 そして、昨年には、「保育園落ちた日本死ね」がトップテン入りしたことに対して、「死ねってヘイトスピーチだろ」「どこで流行ったの?」などとネット上で炎上。さらに、つるの剛士が〈こんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました〉などとツイッターに投稿し、批判はさらに加速したのだった。

 こうした経緯を考えると、流行語大賞が「政治的炎上案件」となってしまったため、多くの有名人が授賞式参加を避けたのだろう。しかも、今年の流行語の年間大賞は「忖度」が選ばれるだろうと誰もが予想しており、炎上は目に見えていた。

 本サイトでは流行語大賞が2015年に炎上した際、新語・流行語大賞は、設立された1984年の第1回から中曽根康弘首相(当時)の「鈴虫発言」を銀賞に選ぶなど、「政治の言葉」を数多く大賞・候補語に選んできたことを紹介し、世相を反映させようとすれば時の政治に対して風刺・批判的な言葉が入るのは当然のことだと論じた。むしろ、「政治色が強い」だの「批判に傾きすぎ」だのといった批判が起こること自体が異常で、安倍政権批判を許さない人びとによる過剰反応でしかない。

 実際、今年の年間大賞となった「忖度」をめぐっては、コンビニ弁当にまで炎上が飛び火している。流行語大賞発表と同じ日からファミリーマートで販売されている「忖度御膳」だ。

 忖度御膳は11月にツイッターでおこなわれたアンケートでアニメ『けものフレンズ』をモチーフにした弁当の約2倍となる6万票以上を獲得し商品化されたもの。だが、これに早速噛みついたのが、「森友・加計疑惑は陰謀」とネトウヨそっくりの陰謀論を国会で振りまいた義家弘介・前文科副大臣だった。

 義家前副大臣は弁当発売と同日の財務金融委員会で、冒頭から忖度御膳の話題を取り上げると、こんなことを言い出した。

「そもそも忖度という言葉は歴史がたいへん古うございまして、日本では10世紀から用いられている記録がございます。本来、この言葉は人の気持ちを推し量る、日本独特の、日本文化の特徴」
「しかしマスコミ報道、これ影響は絶大でございまして、いまネガティブな言葉、あるいはバラエティワード、キャラクターワード、そんなふうに使われていることが残念でなりません」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ブルゾンもひふみんも…流行語大賞授賞式の欠席者続出はネトウヨの炎上攻撃のせい? ファミマ“忖度御膳”にものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。水井多賀子流行語大賞義家弘介の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 安倍が横田早紀江さんを無視している
4 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
9 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
10 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
11 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
12 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
13 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14 生活保護カットで他の低所得者も困窮
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
17 橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
20 ウンギョン写真掲載で横田夫妻に圧力
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
5吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
10大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
14NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
15検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄