がんと闘う大林宣彦監督が映画をつくり続ける理由…「青春は戦争の消耗品ではない」父たちの悲劇をくり返してはならない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「戦争」と「平和」を見直すことが映画づくりの目的と語る大林宣彦

 大林監督はこの日の思い出を「文藝春秋」2016年9月号に寄せた随筆にも書いている。

〈戦争に負けた。男は撲殺、女は強姦、祖国は壊滅する。母と二人、短刀を前に一夜を過ごした。あの時、確かに僕は死んでいた。
 その後の記憶はズタズタだ。教科書の文字を墨で塗り潰したっけ。チョコレートにチューインガム。闇米、パンパン、アプレゲール。自決もせず、「平和」に浮かれている大人たち。日本人の精神年齢は十二歳、とアメリカさんは言う。大いに納得した。大人たちはみんな「平和難民」、僕ら子どもは「平和孤児」だ〉

 そして、この日の経験と、戦後日本の歩みに憤りを覚えたことが、いまにいたるまでの映画監督としての作品づくりの礎になっていると綴る。

〈日本は復興・発展。高度経済成長期、僕は大人になった。すると今度は、日本人が自らの手で、日本を壊し始める。僕は町興しならぬ町守り映画を作る事こそが、「敗戦少年」の責務であると。斯くして「3・11」を経て、明治維新以降の日本の「戦争」と「平和」を見直す「古里映画」を作り続けております。敗戦後七十年は「平和〇年」の筈だった。然し今、この日本は!?
 人ヲ殺シテ死ネヨトテ、二十四マデヲソダテシヤ。
 僕は七十八まで生き延びた。まだまだ、死ねぬ〉(前掲「文藝春秋」)

 ご存知のように、現在の安倍政権は度重なる北朝鮮によるミサイル・核実験に対し、ひたすら圧力を強める方向の反応を示し続けている。喧嘩腰の外交のその先に起こり得る事態を想定しているのかどうか、疑問に残る。人の命は一度失われたらもう二度と戻っては来ない。そのことを果たして本当に認識しているのかどうかすら、はっきり言って微妙だ。

 だからこそ、我々は『花筐/HANAGATAMI』のような作品が語りかけようとしていることに耳を傾ける必要がある。ドキュメンタリーのなかで大林監督は「戦争」についてこのように語っている。

「みんながしっかりと怯えてほしい。大変なことになってきている。過剰に怖がらせているように思われるかもしれませんが、過剰に怯えていたほうが間違いないと僕は思う。それが、実際に怯えてきた世代の役割だろうと思うので、敢えて言いますけどね。怯えなきゃいかん。戦争というものに対して。本当に」

 戦争の恐ろしさをしっかりと認識し、その凄惨さに怯えること。そして、その恐怖を乗り越えたら、今度は「平和を信じる力」を身につけること。大林監督はがんと闘いながらつくった『花筐/HANAGATAMI』で、それを伝えようとしている。

 大林監督はこれからも映画やインタビューなどを通じてメッセージを発信し続けてほしい。

最終更新:2017.12.08 11:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

がんと闘う大林宣彦監督が映画をつくり続ける理由…「青春は戦争の消耗品ではない」父たちの悲劇をくり返してはならないのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK大林宣彦編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
2 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
3 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
4 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
7 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
8 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
9 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
10 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
11 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
12 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
13 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
14 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
15 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
16 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
17 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
18 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
19 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
20 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
6GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
7大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
8 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
9「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
10 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
11東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
12吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
13東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
14安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
15「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
16河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
17「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
18小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
19香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
20『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄