肺がんを告白した大林宣彦がそれでも映画をつくり続ける理由「映画には、世界を戦争から救う力がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
oobayashi_01_20170613.png
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」公式 HPより


「映画とは風化せぬジャーナリズムである。自分自身を確立する手段であるという意識を持って生きていってほしい」

 今月11日、都内で行われた映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017」の授賞式に公式審査員として出席した大林宣彦監督は後輩の映画関係者に対してこう語りかけた。

 大林監督はかねてより肺がんを患っていることを公表しているが、今回の授賞式が病気を告白してから初めての公の場でありニュースにも大きく取り上げられた。この壇上では、「余命3カ月の宣告を受け、本当はここにはいないはずでしたが、まだ生きてます。生きているならば、ただ一人、胸に温めていた黒澤明監督の遺言を伝えようと命懸けでここに立っております」と語ったうえで、かつて黒澤監督から「映画には、世界を必ず戦争から救う、平和に導く、そういう美しさと力がある」と教えられたことなどをスピーチしたという。

 大林監督といえば、『転校生』、『時をかける少女』など青春映画・アイドル映画の巨匠として知られているが、それ以外にも作家として大林監督の柱となるものに「戦争」と「平和」がある。大林監督は、12年公開の『この空の花 長岡花火物語』と14年公開の『野のなななのか』を挙げながら、インタビューでこのように答えたことがある。

「今の若い人たちに会うと「戦争も、死ぬのも嫌だけど、国のために死んでいくのはかっこいい。自分もそうなったら覚悟を決める」なんて言う。自衛隊が協力して作る映画を見てね。そういうのが一番怖い。戦争を知らない世代が次の戦争を起こす可能性が怖くて、二つの映画を作った。「この空の花」では主にアメリカとの戦争、「野のなななのか」では旧ソ連との戦争を描いた。戦争は恐ろしいと語ってから死のうと思っている。」(14年7月5日付東京新聞)

 また、15年9月15日付日刊スポーツのインタビューではこのようにも答えている。

「戦争を知っている最後の世代だからこそ、私たちが知っている戦争を若い世代に伝えていかないと、また次の戦争が起きてしまうかもしれない。それが、77歳になった今も頑張って映画を作り続けている理由です。シリアスにドキュメンタリーで伝えても、“私には関係ない”と言われてしまうし、私たちも辛い過去は忘れたいから、それをファンタジーやホラーにして趣向を変えてみせる。エンターテインメントとして見せられるのが映画の良いところであり、映画は面白く、楽しく歴史を学ぶ学校です」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

肺がんを告白した大林宣彦がそれでも映画をつくり続ける理由「映画には、世界を戦争から救う力がある」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大林宣彦編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
2 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
3 菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
4 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
5 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
6 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
7 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
8 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
9 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
10 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
11 維新の市長候補はたかじん遺言執行人
12 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 菅原文太の安倍批判が一周忌に公開
15 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
18 ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
19 松坂桃李、GLAYもランクイン「芸能人よく言った大賞」後編!
20 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
4 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
5大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
6 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
7宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
8『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
9大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
10北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
11菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
12内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
13高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
14池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
17菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄