紅白出場決定の欅坂46…センターの平手友梨奈が意外な告白「今年はいいことがなかった。ひどいことばかり心に残っている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

平手友梨奈「『不協和音』は気持ちが入らないと歌えない」

 欅坂46は同月5日、お台場で行われたTOKYO IDOL FESTIVAL 2017にも出演。ここにも平手は出演したが、やはり立っているのがやっとという状態。ボサボサの髪と伸びた前髪で目を隠し終始うつむき加減で、センターを務める人間とは思えぬほど存在感を消し去っていた。この日のステージにはテレビ中継も入っていたため、神戸の公演よりも多くの人に平手の状況が伝わることになり、「てち大丈夫か?」との声が溢れた。その後、16日に日本ガイシホールにて行われた全国ツアー名古屋公演でも欠席を余儀なくされている。

 しかし、このようにステージに立てなくなってしまったり、立てていたとしても十分なパフォーマンスができなくなってしまうような状況は、ただ単に身体的な疲労により引き起こされるものではないらしい。

「STREET JACK」(KKベストセラーズ)2017年12月号に掲載された平手のインタビューのなかで取材に同席していたマネージャーは、かつて彼女が言っていた「私は、エネルギーの充電に時間がかかると思うんです。『サイマジョ』を歌ってエネルギーを出したら、次の曲を歌うのに、また充電させて放出する。このエネルギーが溜まりきらないと放出できなくなる」という発言を紹介。精神的な問題がパフォーマンスに大きな影響をおよぼしていると証言した。

 実際、平手自身も前掲「ROCKIN’ON JAPAN」のインタビューのなかで、欅坂の楽曲やライブについてこのように発言している。

「“不協和音”は気持ちが入ったり、その世界に行かないとできないです。だから、できる時とできない時がだいたいわかるので、(ライヴで)『今日はできないな』と思ったらできないし、やれるとしても自信はないです」
「欅坂46の曲って、それぞれストーリーがあって全部繋がってるって思うんですけど、セットリストに、そのストーリーのつながりが見えないと、切り替えができないんです」

 これは、「提供された楽曲をただ単に歌うだけ」といった、操り人形としてのアイドル像から脱し、ひとりの表現者としての自覚が彼女のなかで芽生えつつあることを示している。

 しかし、この思いと彼女の現状は大きな矛盾をはらんでいる。

 言うまでもなく、欅坂46のすべての楽曲の歌詞は秋元康氏のペンによるものであり、そのほかのクリエイティブの面においても、恋愛禁止などプライベートな面でも、周囲の大人たちのコントロール下に置かれている。

 そのシステムの範疇にいる限りにおいては、彼女の自立にも限界がある。その相克といかに対峙していくのか。

 さらに言えば、平手自身がインタビューのなかで挙げる『サイレントマジョリティー』や『不協和音』といった欅坂46の代表的な楽曲は、大人がつくったシステムや同調圧力へのプロテストを歌ったものだ。それを深く表現しようとすればするほど、自らの抱える矛盾や相克にも自覚的にもならざるを得ないだろう。

 ライブ途中にコンディションを崩してしまうほどの精神的な苦しみは、そういった矛盾を乗り越えようとしているがゆえに起きているものかもしれない。事実、前掲「ROCKIN’ON JAPAN」のインタビューのなかで、最近はコンサートの演出などに関して平手からアイデアを出すこともあると語られており、自らを蝕む矛盾を壊そうと試みているようだ。

 AKB48ブレイク以降の隆盛をほこってきたグループアイドルのフォーマットも、そろそろ更新されてほしいものである。

最終更新:2017.11.21 08:49

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

紅白出場決定の欅坂46…センターの平手友梨奈が意外な告白「今年はいいことがなかった。ひどいことばかり心に残っている」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48平手友梨奈新田樹欅坂46紅白歌合戦の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 防衛費43兆円の財源はやはり増税!一方「子ども関連予算」倍増を先送り
2 杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
5 防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
6 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
7 オリックスDHC買収で「虎ノ門ニュース」に続き「DHC テレビ」も解体か
8 長澤まさみ『エルピス』脚本家・渡辺あやが抱くマスコミの権力従属への危機感
9 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
12 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
13 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
14 安倍が今井首相秘書官めぐる質問に狼狽
15 統一教会被害者救済法策定に萩生田が関与で批判殺到
16 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
17 大阪カジノ800億円負担は松井市長の命令! 大石あきこは「黒塗り」を告発
18 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
19 「維新」議員の顔ぶれがひどい!ヘイト、極右、金、暴力を報道された議員まで
20 玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去
1防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
2 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
3防衛費43兆円の財源はやはり増税!一方「子ども関連予算」倍増を先送り
4杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄