柳広司、中原昌也、松尾スズキ、恩田陸、赤川次郎…高まる“オリンピック圧力”に抗い、東京五輪に異を唱える作家たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

松尾スズキ、恩田陸が抱くナショナリズムの高まりへの違和感

 中原が指摘する「代理戦争」の気味悪さを松尾スズキ氏も指摘する。

 彼は、エッセイ集『東京の夫婦』(マガジンハウス)のなかで、睡眠時間を削ってまでオリンピック中継に夢中になり、「内村航平くんなんかすごい頑張ってるじゃないの!」と熱弁する共演者の話を聞いた感想をこのように綴っている。

「それだ。オリンピックに夢中になっている人すべてのその論理ですよ。
 いやいや、だって、僕だって、頑張ってるじゃないですか! 頑張っておもしろい芝居作ってるじゃありませんか。でも、誰も徹夜するほど夢中になってくれませんし、国費で海外に連れてってくれたりしませんよ。もっといえば、日本人全員が、おのおのの持ち場で頑張って生きてますよ! だけど、赤の他人は夢中になってくれるどころか知りもしませんよ」

 いかにも最近の松尾スズキらしい自虐と嫉妬に溢れている文章だが、オリンピック選手に対し「頑張ってる」という理由で応援を強いる同調圧力に対する違和感がよく表れている。このエッセイが書かれたのはリオデジャネイロオリンピックでの出来事がきっかけだが、東京オリンピックが開かれるときにはこの同調圧力が数百倍の強さで迫ってくることだろう。

 そういった同調圧力とナショナリズムの高まりによって生まれる戦争への危機感を小説のテーマにした作家がいる。

 昨年出版した『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)が直木賞と本屋大賞をダブル受賞するという史上初の快挙を成し遂げた恩田陸氏である。恩田は今年2月、直木賞受賞後第一作目となる小説『失われた地図』(KADOKAWA)を出版したが、その作品がそれだ。

 この小説は、時空の裂け目から出現する「グンカ」という化物(茶色がかった軍服に赤い星のついた帽子をかぶっているなど、太平洋戦争中の日本兵の幽霊なのではないかと思わせる描写がなされている)と戦う若者たちを描いたアクション。

 この「グンカ」は戦争の機運やナショナリズムが高まってくると、どんどん勢いを増す化物として描かれているが、物語のラストではオリンピックのシンボルとともに大量の「グンカ」が現れ、ついに主人公たちは手も足も出せなくなってしまう。

 このようなシーンが描かれた内幕について、恩田はウェブサイト「BOOK SHORTS」のインタビューでこのように答えている。

「オリンピックの開催地が東京に決まったときには、これでまた東京大開発だし、ナショナリズムが……とすごく嫌な気持ちになりました」

 東京五輪の開催まで3年を切った。もうすでにこの国に大量の負の遺産を残しつつあるが、開催までの3年、そして五輪が終わったあとも、さらに国民を苦しめることになるのは明らかだ。

 大量の血税を投入し、建設や運送の現場にはブラック労働を強制し、挙げ句の果てには共謀罪のような悪法までつくらせてしまう。いまからでも間に合う。東京オリンピックなど返上するべきだ。

最終更新:2017.11.20 09:05

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

柳広司、中原昌也、松尾スズキ、恩田陸、赤川次郎…高まる“オリンピック圧力”に抗い、東京五輪に異を唱える作家たちのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中原昌也五輪恩田陸松尾スズキ柳広司編集部赤川次郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
3 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
4 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
5 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
6 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
7 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
8 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
9 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
11 はあちゅうのセクハラ冷笑過去検証
12 自民党がネトサポに他党叩きを指南
13 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
14 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
15 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
16 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
17 暴力団と安倍首相となべおさみの関係
18 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
19 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
20 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄