「国民全員が組織委員会」発言で炎上した椎名林檎が再び東京五輪特別番組でコメント! その内容は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shiina_01_20171031.png
椎名林檎が出演した『内村五輪宣言〜TOKYO 2020開幕1000日前スペシャル〜』(NHK公式HPより)


 去る10月28日で、2020年東京オリンピックまでついに1000日を切った。

 ロゴの盗作疑惑や国立競技場問題に端を発し、いまでも続々と問題が勃発し続けている2020年東京オリンピックだが、ともあれ、そんな東京オリンピック1000日前を記念した特別番組『内村五輪宣言〜TOKYO 2020開幕1000日前スペシャル〜』(NHK)が放送された。

 内村光良が司会を務め、北島康介や吉田沙保里や澤穂希といったアスリートにオリンピックの思い出を聞いたり、内村自らナショナルトレーニングセンターに赴いて日本代表クラスの選手の練習風景を見学したり、また、ゆずやPerfumeといったオリンピックに縁のあるアーティストのライブも放送された。

 そんな番組企画のトリを務めたのが椎名林檎だ。

 椎名は、リオオリンピック閉会式でのフラッグハンドオーバーセレモニーの演出を手がけた演出振付家のMIKIKO、東京事変のギタリストだった浮雲と共に「HUMAN ERROR」なる一夜限りのユニットを組み、「東京は夜の七時〜NHK東京五輪1000日前スペシャル〜」をパフォーマンス。その次に、トータス松本とのデュエットで「目抜き通り」を歌唱した。

 そして、そのトークコーナーで内村から「2020年の東京大会に向けていまどんな思いですか?」と質問された椎名はこのように答えている。

「日本語がもっと海外でも話されてほしいなっていう、話されなくてもいいけど、もうちょっと知られてほしいですよね日本語……とか。そういう欲もありますけどね。若干。やや。浸透してほしい」

 なぜいきなり日本語云々という話が出てきたのかよく分からないが、その歯切れの悪いコメントには、ひょっとしてあの件が関係していたのだろうか?

 椎名林檎はつい最近、2020年東京オリンピックについての発言が大炎上している。それは、7月24日付朝日新聞のインタビューが発端だった。彼女は、これだけ問題山積の東京オリンピックについて、「国民全員が組織委員会。そう考えるのが、和を重んじる日本らしい」という言葉を使い、まるで「東京オリンピックのためなら個人としての自由が失われるのも我慢しろ」とでも言わんばかりの発言をしたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「国民全員が組織委員会」発言で炎上した椎名林檎が再び東京五輪特別番組でコメント! その内容は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。内田樹有森裕子東京五輪椎名林檎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
13 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
14 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
15 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
16 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
17 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
20 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄