和田アキ子がジャニーズタブー破り! 関ジャニ∞村上とホリプロの後輩・小島瑠璃子の熱愛報道をテレビで事実認定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akko_01_201710-29.png
小島・村上熱愛を報じる『アッコにおまかせ!』


 関ジャニ∞の村上信五とこじるりこと小島瑠璃子の熱愛が発覚した。これをスクープしたのは27日発売の「フライデー」(講談社11月10日号)。記事には超厳戒お泊まり愛”として小島が村上の自宅マンションを頻繁に訪れている様子が写真に収められるなど、2人の親密交際を報じたのだ。

 ジャニーズと女性タレントの熱愛発覚。当然、いつものように、ワイドショーもスルーしたのだが、しかしあるテレビ番組だけが、このタブーを打ち破ってしまった。その番組とは、『アッコにおまかせ!』(TBS)。

 29日放送の同番組では、先日の衆院選特番『池上彰の総選挙』(テレビ東京)で、小島が各党の開票センターから中継レポートを担当し、そのコメントが絶賛されていることを紹介したのだが、続いて「しかし」として「フライデー」が報じた小島と村上の熱愛を取り上げたのだ。

 ご存知の通り、ジャニーズタレントの熱愛については、テレビのワイドショーもスポーツ紙も、結婚が正式に発表されるなどのごく例外をのぞいて、それに決して触れることはない。もちろんテレビ業界に絶大な影響力を持つジャニーズ事務所への忖度や圧力からだ。しかも『アッコにおまかせ!』の司会である和田アキ子は小島の所属するホリプロの重鎮でもある。それがいったいなぜ……。

 しかも、『アッコにおまかせ!』はたんに話題を取り上げただけでなかった。番組では「スポニチ」の記事を紹介するかたちで〈双方の所属事務所は「交際の事実はありません。友人の一人です」とコメントした〉との交際否定コメントを紹介したのだが、しかし和田は、2人の関係についてこんなコメントをしたのだ。

「二十歳すぎてるしね。別に、いいと思う。同じ事務所だから弁護するわけじゃなくてね」

 そこに小島とは親しい飲み友だちだというミッツ・マングローブが、「週に2、3回はウチにいるはずなんだけどね」「だけどこういう話は一切しないんですよ。基本、女っておかまにするのは愚痴だけ。寂しい」と笑いをとってごまかそうとするが、しかしその後も小島と村上の熱愛の話題が続き、驚きの展開がなされる。和田アキ子がこんなことを明かしたのだ。

「私は本人から電話がありました。よく飲んだりするから」

 和田のもとに小島から“報告”があったというが、しかし和田はそれが“交際報告”なのか、それとも“記事が出て騒がせて迷惑をかけた”という報告なのかはここでは明言していない。しかしアッコはかぶせるように驚愕すべきこうコメントしたのだ。

「私はぜんぜん、幸せだったらいいってことだから」

 この和田のコメントは、つまり事実上熱愛を認めてそれを応援すると受け取る以外にはないだろう。この背景についてある芸能事務所関係者はこう証言する。

「ホリプロは『アッコにおまかせ!』の制作にも関わっていますから、これは確信犯でしょう。小島との電話で、本当は村上との関係を公にしたいと思っていることを知った和田が、『ちゃんと取り上げるべきだ』と主張、ホリプロも、それを容認したということのようです。好感度が高いタレント同士でマイナスにはならないという判断もあったんでしょう」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

和田アキ子がジャニーズタブー破り! 関ジャニ∞村上とホリプロの後輩・小島瑠璃子の熱愛報道をテレビで事実認定のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アッコにおまかせジャニーズ和田アキ子小島瑠璃子村上信五林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
2 産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者
3 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
4 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
5 菅首相が総理番記者60人と朝食付きで「完全オフレコ懇談会」
6 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
7 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
8 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
9 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
10 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
11 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
12 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
14 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
17 葵つかさが「松潤とは終わった」と
18 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
19 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
20 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
3中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
8ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
12ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
15河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
16菅首相が総理番記者60人と朝食付きで「完全オフレコ懇談会」
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
19産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄