和田アキ子がジャニーズタブー破り! 関ジャニ∞村上とホリプロの後輩・小島瑠璃子の熱愛報道をテレビで事実認定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akko_01_201710-29.png
小島・村上熱愛を報じる『アッコにおまかせ!』


 関ジャニ∞の村上信五とこじるりこと小島瑠璃子の熱愛が発覚した。これをスクープしたのは27日発売の「フライデー」(講談社11月10日号)。記事には超厳戒お泊まり愛”として小島が村上の自宅マンションを頻繁に訪れている様子が写真に収められるなど、2人の親密交際を報じたのだ。

 ジャニーズと女性タレントの熱愛発覚。当然、いつものように、ワイドショーもスルーしたのだが、しかしあるテレビ番組だけが、このタブーを打ち破ってしまった。その番組とは、『アッコにおまかせ!』(TBS)。

 29日放送の同番組では、先日の衆院選特番『池上彰の総選挙』(テレビ東京)で、小島が各党の開票センターから中継レポートを担当し、そのコメントが絶賛されていることを紹介したのだが、続いて「しかし」として「フライデー」が報じた小島と村上の熱愛を取り上げたのだ。

 ご存知の通り、ジャニーズタレントの熱愛については、テレビのワイドショーもスポーツ紙も、結婚が正式に発表されるなどのごく例外をのぞいて、それに決して触れることはない。もちろんテレビ業界に絶大な影響力を持つジャニーズ事務所への忖度や圧力からだ。しかも『アッコにおまかせ!』の司会である和田アキ子は小島の所属するホリプロの重鎮でもある。それがいったいなぜ……。

 しかも、『アッコにおまかせ!』はたんに話題を取り上げただけでなかった。番組では「スポニチ」の記事を紹介するかたちで〈双方の所属事務所は「交際の事実はありません。友人の一人です」とコメントした〉との交際否定コメントを紹介したのだが、しかし和田は、2人の関係についてこんなコメントをしたのだ。

「二十歳すぎてるしね。別に、いいと思う。同じ事務所だから弁護するわけじゃなくてね」

 そこに小島とは親しい飲み友だちだというミッツ・マングローブが、「週に2、3回はウチにいるはずなんだけどね」「だけどこういう話は一切しないんですよ。基本、女っておかまにするのは愚痴だけ。寂しい」と笑いをとってごまかそうとするが、しかしその後も小島と村上の熱愛の話題が続き、驚きの展開がなされる。和田アキ子がこんなことを明かしたのだ。

「私は本人から電話がありました。よく飲んだりするから」

 和田のもとに小島から“報告”があったというが、しかし和田はそれが“交際報告”なのか、それとも“記事が出て騒がせて迷惑をかけた”という報告なのかはここでは明言していない。しかしアッコはかぶせるように驚愕すべきこうコメントしたのだ。

「私はぜんぜん、幸せだったらいいってことだから」

 この和田のコメントは、つまり事実上熱愛を認めてそれを応援すると受け取る以外にはないだろう。この背景についてある芸能事務所関係者はこう証言する。

「ホリプロは『アッコにおまかせ!』の制作にも関わっていますから、これは確信犯でしょう。小島との電話で、本当は村上との関係を公にしたいと思っていることを知った和田が、『ちゃんと取り上げるべきだ』と主張、ホリプロも、それを容認したということのようです。好感度が高いタレント同士でマイナスにはならないという判断もあったんでしょう」

和田に相談してオープンにしようとした小島瑠璃子の姿勢に拍手!

 考えてみると、これは画期的なことではないだろうか。これまでジャニーズタレントと熱愛が発覚した女性タレントは数多くいたが、彼女たちはこぞって沈黙。ファンからバッシングを受け、ジャニーズからの妨害、圧力などで破局を余儀なくされてきた。

 たとえば、長い間、交際が公然と囁かれた稲垣吾郎(元SMAP)と菅野美穂、森田剛(V6)と上戸彩、坂本昌行(V6)と中澤裕子といった数々のカップルが、結婚の壁を超えられず破局していった。また元女優と同棲が報じられた大野智はファンの前で『もう一切会わない』と宣言させられ、岡田准一(V6)と宮崎あおいの“略奪愛”も報じられることはない。

 さらに、嵐の松潤と“二股吉キチク交際“を強いられていた葵つかさにいたっては、ファンや御用メディアから強烈な”売名バッシング“を受け、SNSやイベント中止、さらには引退宣言するまで追い詰められた。一方、事務所の反対を押し切り交際を続けたKAT-TUNの田口淳之介やデキ婚した赤西仁は事務所退所を余儀なくされている。

 まさに、個人の恋愛の自由を力で押しつぶすジャニーズ事務所のやり方に、誰も逆らえず、沈黙を強いられ、そのまま泣き寝入りしてきたのだ。もちろん最大の犠牲者は、事務所に逆らえず煮え切らないジャニーズタレントたちでなく、その結果、性の道具のように捨てられてきた女性たちだ。

 そんな中、今回、小島はジャニーズと対抗できる実力者の和田を通じて、その関係をきちんと公にした。おそらく、一部のジャニーズファンからは筋違いの批判の声が上がるだろうが、しかし、そもそもは、相手がジャニーズ所属だからといって、交際を否定したり、沈黙を強いられることのほうがおかしいのだ。それを打ち破ってなんとか関係をオープンなものにしようとした小島の姿勢は「よくやった」とほめるべきだろう。

 今後、ジャニタレとの熱愛が発覚した女性タレントたちは、今回の小島の行動を見習ったほうがいい。自ら告白できないなら、ワイドショーのMCやスポーツ紙にさりげなくリークして、どんどん交際をオープンにする。それが、ジャニーズタレントから性の道具として使い捨てされない最大の対抗手段なのだから。

最終更新:2017.10.29 07:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

和田アキ子がジャニーズタブー破り! 関ジャニ∞村上とホリプロの後輩・小島瑠璃子の熱愛報道をテレビで事実認定のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アッコにおまかせジャニーズ和田アキ子小島瑠璃子村上信五林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャニー社長の容体巡るジャニーズ事務所の情報統制の裏
2 望月衣塑子原案の映画『新聞記者』の安倍政権描写がリアル
3 三原じゅん子の演説がカルトすぎる!
4 中華料理チェーンを不当解雇され訴えたら…
5 安倍首相が辛坊治郎の番組で“参院選の事前運動”!
6 秋篠宮家の料理番がブラック告発
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 ジャニーさん“緊急入院”でマスコミは病院に詰めかけたが…
9 吉本興業会長が沖縄米軍基地跡地利用の有識者懇メンバーに
10 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 堀江貴文が「デモの絵面がヤダ」「税金泥棒は捨て台詞」
13 テレ朝が政権批判した経済部長を報道局外し
14 TOKIO安倍の会食で露呈したジャニーズ情報番組進出の危険
15 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
18 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
19 ジャニーズ事務所が分裂寸前!?
20 堀江貴文「税金泥棒」発言で晒した年金問題への無知と頭の悪さ
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄