山本太郎が街頭で叫ぶ!「この政治状況でも闘う方法はある!!」改憲翼賛体制にどう抗うのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

年収100億の人も、ワーキングプアの人も、同じ一票をもっている

 一見、過激で極端なパフォーマンスばかりしているように誤解されている山本だが、実はかなりシビアに現実を見つめ、そのうえで少しでも今の酷い状況を変えるために何ができるか、その戦略を必死で考えていることがよくわかるだろう。
 それは、民進党が希望の党に合流し、リベラル勢力が一気になくなってしまった問題でも同じだ。山本は選挙公示後の演説で、こんなことを語っていた。

〈この国は変えられる。どうやって? 選挙で。年収100億円の人も、ワーキングプアの人も、1つだけ平等です。同じ一票があります。10月22日に投票です。それぞれ皆さんに深く考えていただいた上で、お誘い合わせの上、投票に行って欲しい。
 立憲民主党、共産党、社民党、非常に魅力的で素晴らしい仕事をされている皆さんです。もっと注目して頂きたい。それに加えて、無所属で出ている候補者にも注目をしてほしい。私は今回、こういった方々の応援に全国廻ります。
 一方で、小池さんの希望の党は、安倍自民党と、中身はほぼかわりません。
 今から言うことは矛盾しているように感じるかも知れませんが、皆さんにも考えて頂きたいんです。民進党の衆議院全員が希望の党に行けるはずだった、けど半分が選別、排除された。辺野古新基地、改憲、安保法に賛成しろ、と言う踏み絵をふまされたからです。
 その瞬間、自分を殺して踏み絵を踏んだ、本当は心ある議員も希望の党にはいるはずです。踏み絵は踏まない、そう判断して無所属から出た人は選挙が強い人、勝算がある人でしょう。踏まずに立候補すれば、刺客を立てられ、結果落選する。小池新党で党首の言いなりになる新人などが当選してしまえば、それこそ地獄、今後党内でのブレーキにも、党を割るメンバーにもなり得ません。今回、踏み絵は踏んだが、ひっくり返してやると、心に決めている人もいるはずです。
 何が言いたいか? あなたの選挙区の候補者がどのような仕事をしてきたのか? しっかりとチェックして下さい。できることなら、直接本人と話して下さい。
 好きなスポーツチームやアイドルグループを応援することとは当然違います。グループとして最悪だから選択肢からまず外す、のではなく、その中で、今後、そのグループの中でブレーキを掛ける、割る心意気がある人なのか、ということを今までの仕事を含めてチェックして慎重に誰に投票するかを検討してほしいのです。全ての候補者をあなたのリストから外す前に必ずチェックして頂きたいのです。本当の意味で、戦略的投票が求められている選挙です。
 そして何より、今後、党や団体からの応援がなくても、市民の力で国政に自分たちの代理人を送りこめるだけの票を市民側が握っている、ということが可視化できれば、今回のような選別・排除などがまた行われても、候補者は正々堂々と無所属でも立候補できるでしょう。〉

「一回の選挙では変えられなくても、くじけない」「根気づよく、ステップ・バイ・ステップで拡げていく」と語る山本。目の前の選挙もあきらめない。でも、その先の改憲、国民投票も見すえて、何人仲間を増やせるか。山本太郎の新しい戦いは、もう始まっている。
(取材/編集部)

※文中に出てくる山本氏が制作した小冊子「今さら聞けない!憲法ってナニ? その1」は、次のURLでも読むことができます(外部リンク:http://www.taro-yamamoto.jp/daily-activities/7463)。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

山本太郎が街頭で叫ぶ!「この政治状況でも闘う方法はある!!」改憲翼賛体制にどう抗うのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。山本太郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
2 沢田研二が歌い続ける反原発、憲法9条
3 新文科事務次官は前川喜平に“口封じ”画策していた
4 ご当地アイドル自殺で自己責任論ぶつ松本人志に違和感
5 籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
6 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
7 稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
8 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
9 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
10 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
11 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
12 ZOZO田端が「過労死は自己責任」で炎上
13 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
14 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
15 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
16 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
17 蓮池透氏がさらに安倍の詐術を批判!
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
20 倉本聰が安倍の原発政策に激怒!
1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
2加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
3ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
4籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
5旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
6本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
7翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
8百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
9安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
10靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
11 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
12民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
13茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
14稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
15テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
16フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
17『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
18 スクープ! 神社本庁・田中総長が辞意を撤回
19「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
20新文科事務次官は前川喜平に“口封じ”画策していた

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄