産経が朝日、毎日、東京を「安倍叩きのためならどんなことでも」と攻撃! 安倍擁護でフェイク垂れ流し新聞がどの口で…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
産経が朝日、毎日、東京を「安倍叩きのためならどんなことでも」と攻撃! 安倍擁護でフェイク垂れ流し新聞がどの口で…の画像1
産経新聞社HPより


 北朝鮮のミサイル発射でほくそ笑んでいるのは安倍首相だけではない。ネトウヨ機関誌・産経新聞も弾道ミサイル発射に大フィーバー。脅威を煽る一方で、ネット版では金子勝・慶應義塾大学教授の〈北朝鮮も怖いが、『戦時放送』を流す安倍政権も怖い〉というツイートを紹介し、「警報がなくて大事に至ったらそれはそれで批判するのでは?」「平和は空から降ってこない」などというネット上のコメントを掲載している。

 このように、もはや産経がネトウヨまとめサイト同然であることは周知の通りだが、そんな産経が、先日26日のコラム「産経抄」でとんでもないことを言い出し、失笑を買っているのをご存じだろうか。

 まず、この日の産経抄では、作家・門田隆将氏が毎日新聞や朝日新聞の記者から「いま、社内は安倍(晋三首相)を叩くためなら、どんなことでもするという空気になっている」と聞かされた、という話からはじまり、コラム執筆者もこう証言する。

〈実は小欄もかつて知人の東京新聞記者から、こんな打ち明け話を聞いたことがある。「上司に『安倍なんか取材しなくていいから、とにかくたたけ』と号令された」。同僚記者も、別の東京新聞記者から同趣旨のことを聞いている〉

 朝日と毎日が「どんなことでもするという空気」になっていると言うなら、どうして森友学園の音声テープ問題や加計学園の設計図問題をもっと大々的に追及しないのか、まったく不思議で仕方がない。しかし、産経抄はこれこそが〈新聞業界の「不都合な真実」〉などと述べ、こんなことを言い出すのだ。

〈事実をありのままに伝えることよりも、自分たちの主義・主張や好みを広めることに熱心な習性があるのは否めない。「権力の監視」を隠れみのにしつつ、時に暴走を始める〉

 いやいや、〈自分たちの主義・主張や好みを広めることに熱心な習性〉って、それはおたくのお家芸では……。自虐ギャグとしか思えないが、最後には〈自制心と自浄作用を失ったマスコミ権力は誰が監視するのか〉とまで述べており、どうやら本気で書いているらしい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

産経が朝日、毎日、東京を「安倍叩きのためならどんなことでも」と攻撃! 安倍擁護でフェイク垂れ流し新聞がどの口で…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フェイクニュースミサイル北朝鮮安倍内閣産経新聞編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 自民党がネトサポに他党叩きを指南
4 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
5 拉致問題「国民大集会」が安倍首相の礼賛大会に
6 オリックスDHC買収で「虎ノ門ニュース」に続き「DHC テレビ」も解体か
7 長澤まさみ『エルピス』脚本家・渡辺あやが抱くマスコミの権力従属への危機感
8 フクシマの戦犯が「原発事故は天罰」
9 統一教会被害者救済法策定に萩生田が関与で批判殺到
10 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
11 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
12 玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去
13 原発広告に文化人や芸能人が
14 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
15 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
16 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
17 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
18 オミクロンでほんこんが“高齢者なら死んでも問題なし”の本音丸出しツイート
19 山際と統一教会の黒幕は? 菅に口説かれ出馬経験の議員が意味深証言
20 派遣法「骨抜き改正」で奴隷地獄が!
1防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
2オリックスDHC買収で「虎ノ門ニュース」に続き「DHC テレビ」も解体か
3 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄