香取慎吾がジャニーズの圧力と『おじゃMAP!!』『スマステ』終了の動きに最後の抵抗! 放送で「末永く番組が続きますように」と祈りを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

香取慎吾は『スマステ』でも同様の発言、「終了は本人の希望」の情報操作に抵抗

 同じことはやはり香取がMCを務めるテレビ朝日の『SmaSTATION!!』でも起きている。退所報道後の6月24日の放送、屋上でのオープニングで香取が「16年目の『スマステ』、今夜もですね、今までどおりに、いつも以上にがんばります!」と笑顔でガッツポーズをしてみせたのだ。また、SMAP解散発表直後の『スマステ』でも、香取はゲストの東山紀之に対してわざわざ「3度目も来てください」と、今後も番組を続けたいという意思を表していたが、これらの発言も『スマステ』終了の動きに抵抗したものと受け止められている。

「『スマステ』は独立発表前の段階で日刊スポーツが終了と報道していましたし、4日のテレビ朝日の定例会見でも、亀山(慶二)専務が『まだ決まっていませんので、お答えできません』と突き放すように答えている。終了がかなり濃厚になっています」(前出・スポーツ紙・テレビ担当記者)

 また、香取がこうした発言を繰り返している背景にはもうひとつ、ジャニーズ事務所の情報操作に抵抗するという意味合いもあるという。

 ジャニーズ事務所はこの間、表向きのソフトな姿勢とは裏腹に、テレビ各局に対して、3人の番組を終了させるよう激しいプレッシャーをかけてきたという。しかも、独立騒動のときのようなファンの猛抗議を避けるため、「事務所は継続を認めたが、本人たちの希望で終了」という情報操作を行ってきた。

 とくに、SMAP解散の原因としてスケープゴートにもされていた香取については『スマステ』について「香取がやる気を失っている」という情報をしきりにリークし、週刊誌やスポーツ紙に、香取の意志で『スマステ』が終了するかのような記事を書かせてきた。

 香取としては、『おじゃMAP!!』や『スマステ』が「終了」になっても、それは自分の希望ではない、ということをどうしても表明しておきたかったというのもあるはずだ。

 香取の心境を考えると、なんともやるせない気持ちになるが、こういう状況におかれているのは、香取だけではない。稲垣吾郎の『ゴロウ・デラックス』(TBS)も打ち切りが濃厚で、5日のTBSの定例社長会見でも存続について質問が出たが、編成担当の佐野英樹取締役は「まだ決まっていることはありません。10月改編につきましては、然るべき時に発表する」としかコメントしなかった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

香取慎吾がジャニーズの圧力と『おじゃMAP!!』『スマステ』終了の動きに最後の抵抗! 放送で「末永く番組が続きますように」と祈りをのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPおじゃMAP!!ジャニーズスマステ島原らん香取慎吾の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
3 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
4 自民党がネトサポに他党叩きを指南
5 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
6 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
7 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
8 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
10 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
11 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
12 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
13 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
14 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
15 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
16 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
17 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
18 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄