嵐・松本潤のキチク行為に葵つかさが反撃開始? ジャニーズタブーに負けずテレビで「アソコがジュンジュン」とネタに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsumoto_161231.jpg
葵つかさの反撃に、松本潤やジャニーズはどう対応する?

 昨年末に発売された「週刊文春」(文藝春秋)2017年1月5日・12日号で報じられた、嵐の松本潤がAV女優の葵つかさと4年にもわたって浮気をしていたスキャンダル。周知の通り、松本は井上真央と長年交際しており、これは葵にも井上にも手酷い裏切りと言わざるを得ないわけだが、ジャニーズ事務所に対する忖度体質に浸かりきったテレビのワイドショーは当然のごとくこのスキャンダルを黙殺。後追いするテレビ番組やスポーツ新聞は皆無だった。

 詳しくは後述するが、その報道が出て以降、葵は「売名狙いのビッチ」といったようないわれなきバッシングを受け続けてきた。松本からたんなる性のハケ口として扱われていた彼女は紛れもない被害者なのに。結果的に、「週刊文春」17年5月4日・11日号で文春記者からの直撃取材を受けた葵が、「(松本とは)別れたということですか?」という記者の質問に「まあ、そうですね」と返したことにより、この一連のスキャンダルは幕を下ろした……ように思えたのだが、実はこの話はまだまだ続く。

 なんと、今度は葵がバラエティー番組で松本との一連の騒動をネタにし、逆襲を始めたのである。その逆襲劇は、彼女が所属するアイドルグループ・恵比寿★マスカッツの冠番組『マスカットナイト・フィーバー!!!』(テレビ東京)の4月26日深夜放送分で起きた。

 この日の放送では、審判役を務めるおぎやはぎの小木博明に色仕掛けをしかけ、メンバーのなかで誰が一番うまく小木を誘惑できるかを競う人気企画「小木杯争奪かまって柔道選手権」が行われていた。その場で葵はこんな色仕掛けを仕掛けたのだ。

「夜中でも電話1本で駆けつけるよ」
「小木さん、わたし、すっごく都合のいい女なの。だから、するだけしたら、すぐ帰ってあげるね」
「コートの下、裸で来ちゃった。アソコがね、“ジュンジュン”いってる」
「次は小木さんがいいな……。気をつけるし」

 この一連の発言は、松本の二股スキャンダルを報じた「週刊文春」2017年1月5日・12日号を読むとより理解できるので、まずは「週刊文春」報道を振り返っていきたい。

 記事によれば、2人の出会いは4年前、中村勘三郎の通夜の席だった。「歌舞伎関係者が大勢いる中で、彼がつかさにこっそり携帯電の番号を聞いてきた」(葵の知人女性)のだという。松本は勘三郎の息子・七之助と親友ということで通夜に参列、ジャニーズには珍しくカコミ取材にも神妙な様子で対応していたが、その裏でちゃっかりナンパしていたというのだから不謹慎極まりない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

嵐・松本潤のキチク行為に葵つかさが反撃開始? ジャニーズタブーに負けずテレビで「アソコがジュンジュン」とネタにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。FRIDAYジャニーズ松本潤編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 慰安婦の軍直接関与と強制性を示す公文書を内閣官房が保有! 
2 うずしお搭乗が発覚、麻生財務相が例の女性のクラブに650万円
3 安倍政権が「明治の産業革命遺産」報告書から“朝鮮人の強制労働”を削除
4 安倍昭恵が「桜を見る会」にビジュアル系やトンデモスピ仲間を招待
5 田崎史郎のいない素晴らしい世界
6 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
9 安倍官邸が74億円の官房機密費使用!安倍応援団の手にも?
10 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
13 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
15 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
16 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
17 ネトウヨと自民党とニコ動の相関関係
18 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
19 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
20 安倍首相の「嵐」政治利用にファン批判、天皇即位祭典も政権の意向か
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄