加計問題でトレンディエンジェル斎藤さんまでが安倍政権に鋭いツッコミ!「再調査は言い訳のための時間稼ぎ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
trendysaito_01_170611.jpg
本も出すなど絶好調のトレエン斎藤さんが政権批判!(『ハゲましの言葉』小学館よしもと新書)

 文科省からの相次ぐ告発と世論におされるかたちで、ようやく“総理のご意向文書”の再調査を発表した安倍政権。しかし、この再調査で疑惑が解明されるかといえば、まったくそんなことはないだろう。

 さんざん「怪文書」だ、「確認できない」「調査の必要はない」と強弁しつづけておいて、何を今さらとしか言いようがないが、もちろん、政権は本気で再調査などする気がなく逃げ切るための方便にすぎない。

「安倍政権は会期を25日まで小幅延長して共謀罪だけ強行成立させて、さっさと国会を終わらせるつもりなんです。おそらく文書の存在は認めても、「文科省が勝手につくっただけ」「総理の意向は、加計のことでなく岩盤規制に穴を開けろという意味」などと詭弁を弄し、追及する時間を与えずに逃げ切るつもりなんでしょう」(全国紙政治部記者)

 しかし、この安倍政権のインチキはほとんどの国民にバレバレで、さすがにメディアからも一斉に批判の声があがっている。それは安倍政権に批判的なジャーナリストだけではない。なんと、お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤さんこと、斎藤司までが、再調査について「言い訳のための時間稼ぎでしょ」と厳しいツッコミを見せたのだ。 

 斎藤さんといえば、ハゲネタや「斎藤さんだぞ?」が有名だが、この4月から『直撃LIVE!グッディ』(フジテレビ)のレギュラーコメンテーターを務めている。芸人コメンテーターといえば、松本人志や小藪一豊、カンニング竹山など、「大人の正論」ぶって政権擁護を垂れ流す輩が多いが、斎藤さんは自虐ネタ以外は口数が少なくコメンテーターの仕事はどことなく居心地が悪そうにすらしていることが多い。

 そんな斎藤さんが鋭いツッコミをみせたのは、政府が再調査を発表した、9日金曜日の『直撃LIVE!グッディ』(フジテレビ)でのことだった。

 「週刊文春」(文藝春秋)で告白した前川喜平氏の出会い系バー相手女性の「前川さんは新宿のおとうさん」というインタビューを放送したり、文科省現役職員の証言を報じたり、このところ、加計問題の追及色を強める『直撃LIVE!グッディ』だが、この日も各局ワイドショーが小出恵介の未成年淫行問題をトップで大々的に報じるなか、加計問題がトップ(小出恵介についても『グッディ』はこの日も一報の入った前日もいち早く準強姦の可能性についても言及するなど他番組より踏み込んでいたが)。番組冒頭からMCの安藤優子やコメンテーターの京都造形芸術大学副学長・本間正人氏らが「なぜ今このタイミングで再調査なのか?」「官邸から適当に調査しとけと指示してるんじゃないか」と、今さらの再調査に疑問の声が次々とあがった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

加計問題でトレンディエンジェル斎藤さんまでが安倍政権に鋭いツッコミ!「再調査は言い訳のための時間稼ぎ」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トレンディエンジェル前川喜平加計学園斎藤司田崎史郎編集部の記事ならリテラへ。

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄