加川良追悼! 教育勅語復活のいまこそ思い出せ、国のために命を捨てることのばかばかしさを歌った「教訓Ⅰ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 加川は「教訓I」で、こういった教育勅語的な考えからの逃避と反発を歌っているわけだが、「国のために命をも含んだすべてを奉仕せよ」という全体主義やマッチョイズム的価値観への憎しみは他の曲でも登場し、同時期に発表された「できることなら」という楽曲ではこのような歌詞が歌われている。

〈他人を信じちゃいけませんよ 祖国を愛するなんて信じるなんて 泣かないうちにおやめなさい できればあなた自身も信じぬように 女々しく女々しく暮らしましょうよね〉

 加川良は社会派フォークシンガー一本槍の人ではなく、アングラフォークのブームの後は、もっと自身の生活に寄り添った歌やラブソングなどを歌うようになり、「教訓I」もコンサートで歌わなくなっていく。しかし、だんだんとその考えは変わっていった。なぜなら、「国のためなら個人の思いは踏みにじってもかまわない」という価値観は時が経ても変わらず、「教訓I」の伝えるメッセージは残念なことに新鮮なままだったからだ。「アサヒグラフ」1989年5月26日号に収録されたインタビューではこのように語っている。

「『教訓I』? もう必要ないんやないかって、十年くらい歌わなかった時もありましたけど、今すごい新鮮な歌です。平和そうやけどこのままでええんやろうか、原発のことも含めて今みんな疑問を持ち始めてるのと違いますか」

 その思いは21世紀に入ってからも変わらない。小泉政権がイラク戦争に自衛隊を派遣した際には、その動きに反対する集会が各地で行われ、加川もそういった場所で「教訓I」を歌ったことがあった。「週刊金曜日」2004年6月11日号のインタビューで加川はこのように答えている。

「自分の歌も、フォークソングと呼ばれようが、歌謡曲と呼ばれようが、結局は僕の音楽なんです。かつて作ったから古くさく、新しいから新鮮に歌えるなんてことはない。ライブでも毎回、そのときに新鮮に歌える曲を選んでいます。「教訓I」もどんな時期に歌ってもいいと思っているだけです。僕らが歌い出したころと、そんなに世の中は変わっていないし、僕らもそんなに変われるものではないですよ」

 結局、「教訓I」は発表されてからいまにいたるまで一度も古びることはなかった。いや、むしろ、いまの時代にこそ「教訓I」で歌われている言葉は強く響くのではないだろうか。原発事故で故郷を奪われた人々の心は踏みにじられ続ける一方で、国家的行事の東京オリンピックには湯水のように税金が投入される。また、政権とそれを支持する人々からの「愛国」の強要はかまびすしく、あろうことか首相は自衛隊のことを「我が軍」とまで呼び出し、いつ死者が出てもおかしくなかった南スーダンへの自衛隊派遣も、数々のインチキを押し通して強行してきたのはご存知の通り。「御国のため」なら命の一つや二つ失われても何の心も痛まないということの証左だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

加川良追悼! 教育勅語復活のいまこそ思い出せ、国のために命を捨てることのばかばかしさを歌った「教訓Ⅰ」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。教育勅語新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 テレ朝で黒鉄ヒロシが慰安婦像デマと韓国ヘイト
2 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
3 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
4 沖縄県民投票を妨害し続けた安倍政権!辺野古署名呼びかけ人にも
5 メリー氏が文春の記者に「殴るぞ」…
6 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
7 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
8 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
9 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
10 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
12 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
14 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
15 田宮二郎自殺の真相を夫人が告白!
16 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
19 グッディ!土田マジギレ真の原因
20 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
5安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
8安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
9小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
14ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
15ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
16フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
17「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
18安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄