渡辺謙の不倫はなぜ大々的に報道されたのか? 裏側にバーニング系所属事務所との関係悪化が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 だが、こうしたマスコミ報道やスポンサーの対応に対し、芸能関係者たちからは“あの話は本当だったのか”という納得ともいえる反応が起こっていた。

「というのも、ケイダッシュと渡辺の関係がギクシャクし、不協和音さえあるというのは、以前から芸能業界で密かに囁かれていたからです。今回の不倫報道にしても、これまでのケイダッシュや渡辺自身の影響力を考えれば、簡単に押さえつけられるし、そこまでしなくても小さな扱いで済んだはずです。だからこそ、“渡辺と事務所の不仲は本当だった”と納得する声も大きい」(芸能事務所関係者)

 一体、渡辺とケイダッシュの間に何が起こっているのか。それはこれまでのケイダッシュと渡辺の関係に遡る必要があるだろう。そもそも渡辺とケイダッシュの関係は“スキャンダル”からスタートしたものだった。

 デビュー以来、演劇集団「円」に所属していた渡辺だったが、2001年に渡辺を襲ったのが、当時の妻の借金問題に端を発する大スキャンダルだった。渡辺は89年に白血病を患ったが、その闘病生活の中で妻が頼ったのが宗教団体「釈尊会」だった。その活動にのめり込んだ妻は、周囲の友人などから多額の借金をし、税金滞納で自宅が差し押さえられる事態と発展。さらに渡辺の数々の女性関係も浮上し、当時の芸能マスコミは連日のように渡辺に対する大バッシング報道を展開していく。そのため渡辺が頼ったのがバーニング傘下のケイダッシュだった。

「それまで所属していた演劇集団では、ここまでの大スキャンダルを抑えることなど無理でしたからね。ケイダッシュに移籍すれば、スキャンダル対策も万全にもなる。しかも借金問題に悩む渡辺に対し、事務所幹部がその肩代わりをしたとも当時いわれていました」(前同)

 実際、その効果は絶大だった。渡辺がケイダッシュに移籍すると、マスコミのバッシング報道はその思惑通りピタリと止む。2003年12月発売の「週刊文春」(2004年1月8日号)が渡辺の長男で俳優の渡辺大が 借金問題への対応をめぐって“父への告発”記事を掲載するが、ワイドショーは一切無視。しかも大は、この告発によって当時の所属事務所を解雇されてしまう。実の息子でも逆らうものは容赦しないという、ケイダッシュの影響力をまざまざと見せつけたものだった。

 しかしこうした蜜月関係は渡辺がハリウッドに進出し、アメリカに生活の拠点を写し、そして世界的俳優との評価を得るなかで、変貌していったという。

「アメリカの映画ビジネスは日本と違ってエージェント制で、エージェントを介して自分でやりたい仕事やスタッフを選び、ギャラを交渉する。それを目の当たりにした渡辺が、芸能事務所がタレントや芸能界を牛耳る日本のシステムに対し疑問を持ち、意識が変わるのは当然でしょう」(芸能記者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

渡辺謙の不倫はなぜ大々的に報道されたのか? 裏側にバーニング系所属事務所との関係悪化がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ケイダッシュバーニング不倫林グンマ渡辺謙の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
2 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
3 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
4 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
5 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
6 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
11 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
12 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
13 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
16 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
5石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄