論争勃発!『ラ・ラ・ランド』チャゼル監督はなぜいつもジャズファンから嫌われる? 前作では菊地成孔と町山智浩バトルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 今回『ラ・ラ・ランド』で問題とされているジャズの描写について、監督自身は「キネマ旬報」(キネマ旬報社)16年11月15日号のなかでこのように語っていた。

「僕は、この映画で、ジャズに関するいろいろな側面に焦点を当ててみたつもりだ。ジャズについてある種のイメージを持っている人は、いると思う。それでジャズを避けている人も。一方、セバスチャンは黄金時代のジャズを信奉している。彼は、現状を受け入れられないでいる。今、ジャズはそういったことにも直面している。かつてアメリカで人気のジャンルだったジャズは、今、勢いを失っている。それは問題なのか? 別に問題ではないのか? ジャズは、時代に合わせて変わっていくべきなのか? オペラやバレエも、似たようなことをくぐり抜けてきたはずだよね」

 これを読むと一見、セバスチャンのジャズ観と監督のジャズ観は同じもののようにも思える。しかし、実際のところは『ラ・ラ・ランド』で描かれるジャズ観が必ずしも監督自身が考えているジャズ観と一致しているわけでもないようだ。ウェブサイト『Real Sound映画部』のインタビューではこのように語っている。

「『ラ・ラ・ランド』ではライアン・ゴズリング演じるセブがジャズについていろんなことを言うが、彼が語ることに僕自身が必ずしも同意しているわけではなくて、「それは違う」と思うこともあるんだ。彼にとっては、40年代から50年代の伝統的なジャズこそが“ジャズ”であって、それ以外は認めていない。だけど、僕はそうは思わない。ジャズは動いていくものだし、時代と折り合っていかなければならない。現代とどう向き合っていくかが重要なんだ」

 劇中でセバスチャンが伝統的なジャズにこだわり続けるキャラクターとして描かれるのは、「“自分が本当にやりたいこと”と“いま自分がやるべきこと”にどう折り合いをつけていくか」という普遍的な「仕事観」についての葛藤を生み出すのに効果を発揮した設定なのだが、それがジャズファンから怒りを買った。しかし、監督自身のジャズ観は映画に怒りを覚えている人たちと同じく、「ジャズは時代に合わせて変化し、動いていくべきもの」といった考えなのであった。

 商業的にも批評的にも良い結果を残した『ラ・ラ・ランド』。次作はいよいよ今回取り逃した作品賞のオスカー像を期待されるものとなるはずだが、もしも次回もテーマのなかにも「ジャズ」が入るのだとすれば、今度はどんな軋轢が生まれるのか、そのあたりも気になってしまうのである。
(新田 樹)

最終更新:2017.03.04 12:48

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

論争勃発!『ラ・ラ・ランド』チャゼル監督はなぜいつもジャズファンから嫌われる? 前作では菊地成孔と町山智浩バトルものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
2 菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
3 菅首相が東北新社創業者のもうひとつの献金を隠していた理由
4 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
5 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
6 原発事故前に安倍が地震対策拒否
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 安倍の原発事故責任逃れの手口とは?
11 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
12 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
13 文春の元編集長の子どももフジに入社!
14 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
15 生長の家が安倍政権と日本会議を徹底批判
16 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
17 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
18 甘利明の捜査を潰した法務省幹部の名前
19 リコール不正確定的でも陰謀論全開の高須院長を批判できないマスコミ
20 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
1年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
2福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
3 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
4丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
5菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
6山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
7菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
8大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
9 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
10菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
11菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
12田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
13『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
14 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
15菅首相が東北新社創業者のもうひとつの献金を隠していた理由
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄