論争勃発!『ラ・ラ・ランド』チャゼル監督はなぜいつもジャズファンから嫌われる? 前作では菊地成孔と町山智浩バトルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
論争勃発!『ラ・ラ・ランド』チャゼル監督はなぜいつもジャズファンから嫌われる? 前作では菊地成孔と町山智浩バトルもの画像1
映画『ラ・ラ・ランド』公式サイトより


 先月26日(現地時間)に発表された第89回アカデミー賞。下馬評で圧倒的有利とされていた『ラ・ラ・ランド』は、作品賞の発表時に読み間違えられるという前代未聞のトラブルがありつつも、デイミアン・チャゼルは監督賞、エマ・ストーンは主演女優賞を受賞するなど、最多6部門でオスカー像を獲得することとなった。

 アメリカでは昨年12月に公開されていた本作。日本では先月24日にようやく封切られ、早速大きな話題を呼んでいるわけだが、絶賛の声が多く寄せられる一方で、苦虫を噛み潰している人たちがいた。ジャズが好きな観客である。

『ラ・ラ・ランド』は、売れないジャズピアニストのセバスチャン・ワイルダー(ライアン・ゴズリング)と、女優を夢見ながらもオーディションには落ち続けるミア・ドーラン(エマ・ストーン)の恋仲とそれぞれの成功までの過程を、色鮮やかな美術や、華やかなダンスと歌で彩るミュージカル映画。

 物語のなかでセバスチャンは、チャーリー・パーカーなどの伝説的なジャズミュージシャンの名をしばしば口にし、1950年代以前に生まれた黄金時代のジャズにこだわり続ける。彼はそういったオーセンティックな昔ながらのジャズのみを演奏するジャズクラブを開くことを目標としており、しばしばミアに対してその夢を語っている。

 ただその一方で、時代に合わせて打ち込みを導入したり、R&Bを演奏したりと、いまの時流に合わせてジャズという音楽のフォームを柔軟に拡張させるミュージシャン仲間のキース(R&Bシンガーのジョン・レジェンドが演じている)の作品に対してセバスチャンは複雑な感情を隠さないし、映画のトーンとしてもキースの音楽はともすれば金儲けのための音楽であるかのようにもとれるような描き方をされていた。

 映画を見ていると、いまの時代においてジャズは「死にかけの音楽」のようにも思えてしまうし、変化したり進化したりすることが許されない音楽のようにも感じてしまう。そういったこともあり、20世紀中盤以降の時代に生み出されたジャズは一貫して無視されるか批判的に扱われる(「私のジャズのイメージはケニー・G」と語ったミアに対しセバスチャンが「あれはジャズではない」と青筋を立てて猛然と批判を繰り広げるといった、ギャグなのかどうか判断に迷う場面まである)。

 ジャズ好きな観客たちは、映画のなかに出てくるそういった描写を見て「モヤッ」とした感情を抱き、ネット上では不満の声を漏らす人々が現れているのだ。

 それは一般のジャズファンだけではなく関係者も同様で、たとえば、元ナタリーの編集者で現在はバークリー音楽大学に留学している唐木元氏はツイッターでこのように怒りをぶちまけていた。

〈ラ・ラ・ランド感想、前作で最大の短所だった陳腐なストーリーが、ミュージカルという形式を手に入れ美点に転化したこと(+5)。LAがよく撮れていること(+5)。よく撮れすぎていること(-1)。引き続きジャズのことが何一つわかっていないこと(-∞)。要は最後のさえ気にならなければ最高〉
〈まず「ジャズ本道とカクテルミュージック」という対立軸が古いし、第二に「新世紀ジャズとストレートアヘッド」という対立軸も古い(あと新世紀ジャズのサンプル曲がまったくなっていなかった)。さらにあれだけジャズジャズ言っといてあのワルツなんなんだよっていう〉

 また、ジャズミュージシャンの菊地成孔氏も、昨日放送された『菊地成孔の粋な夜電波』(TBSラジオ)で、具体的な批判ポイントには言及しなかったものの、「『ラ・ラ・ランド』の悪口を言うと止まらなくなっちゃうんで」と、何かしら思うところがあるということを示唆していた。

 ただ、実は、こういった展開は以前から予想されていた。「ミュージック・マガジン」(株式会社ミュージック・マガジン)2017年3月号の映画評のなかで長谷川町蔵氏はこのように書き綴っていたのだ。

〈主人公のジャズ観がモード以前で止まっているばかりか、ロバート・グラスパーらが牽引するトレンド(それを体現するミュージシャンを演じているのがジョン・レジェンド!)をディスるシーンもあるので、日本では前作同様ジャズ・ファンからまたバッシングを受けそうな気がしないでもないけど〉

 ロバート・グラスパーとは、ヒップホップからの影響をジャズに落とし込み、ジャズに新たな潮流を生み出した人物。12年に発売されグラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞を受賞した『ブラック・レディオ』を端緒とし、彼のようにジャズと他ジャンルの音楽を組み合わせて表現の幅を拡張させるジャズミュージシャンが次々とブレイクした。ホセ・ジェイムズ、マリア・シュナイダー、マーク・ジュリアナ、クリス・デイヴ、リチャード・スペイヴンなどのミュージシャンがつくりだす新たな感覚のジャズは「今ジャズ」とも呼ばれ、音楽シーンのなかで重要な潮流となった。昨年発表されたデヴィッド・ボウイの遺作『ブラックスター』は、そういった「今ジャズ」系のミュージシャンを招いてつくられた作品である。

 こういった背景があるため、いまの時代に生まれた新しいジャズをコケにするような『ラ・ラ・ランド』の描写に「モヤッ」とした気持ちを抱いた観客が現れたのである。ただ、なかには、それはそれで仕方がないと見る人もいる。前述したような新しい潮流のジャズミュージシャンを特集するムック本シリーズ『Jazz The New Chapter』(シンコーミュージック)の監修者であるジャズ評論家の柳樂光隆氏は、映画の描写に疑問を呈している人々に反応してこのようにツイートしていた。

〈基本的に新しいジャズの方がいいって言うのはすごくハードル高いんですよ。だって、スイングジャーナルのバックナンバーとか見ると、ビバップが出てきたときはスイング好きな人が怒ってたし、ソウルっぽいのが出てきたときはビバップ/ハードバップの人が怒ってたし。フュージョンもそうですよね〉

 ただしかし、このように牽制することも忘れていない。

〈ジャズに関しては、常に《過去のものの方がいい》って言説との闘いで、基本的になんでも焼き直し呼ばわりされるし、焼き直し呼ばわりされない時は伝統を軽視してる的なことを言われる。その闘いを常に強いられてる人たちのことを知ってる人間にとって、軽口もポーズも見逃せないのは僕はわかるけどね〉

 とはいえ、先ほどから少し名前のあがっているデイミアン・チャゼル監督の出世作であり長編デビュー作『セッション』のときのような「大論争」にはなっていない。『ラ・ラ・ランド』を高く評価している映画評論家の町山智宏氏は、つい先日も『たまむすび』(TBSラジオ)のなかで、劇中のジャズに関する描写に批判的な人を「ジャズ警察」と呼んで揶揄していたが、『セッション』のときは、この映画をめぐり菊地成孔氏と大論争を展開。映画批評界隈のみならず、サブカル界を巻き込んだ大炎上の論争へと発展した。

『セッション』は、ジャズドラマーを目指して音楽大学に入学した青年アンドリュー・ニューマン(マイルズ・テラー)と、彼に対して体罰も含む常軌を逸したしごきを与える鬼教官テレンス・フレッチャー(J・K・シモンズ)との間で繰り広げられる確執と闘いの日々を描いた映画。

 手から血を滴らせながらドラムを叩くシーンなど、まるで往年のスポ根マンガのような描写もあった『セッション』。これに対し、菊地成孔氏はジャズミュージシャンの見地から、この映画におけるジャズ描写の矛盾や、物語のなかに「音楽への愛」がないことを批判。その一方、町山智宏氏はジャズに関する知識と教養がなければ映画を見られないとでも言いたげな彼の意見に反発し、また、映画のラストシーンにおける見解にも誤解があると反論した。

 両者の意見の食い違いは「音楽」に重きを置いて物語を見るのか、それとも「ドラマ」に重きを置いて物語を見るのかによる、立ち位置の違いによって生まれた齟齬だと思うのだが、議論が続いていくうちにやがて話題は「両者が映画界や音楽界でもっている“権威”について」や「映画を酷評する原稿を出すときは興行に傷を与えないよう公開週の週末以降に公開するのが映画評論界における暗黙のルール」といった話にも変わっていき、また加えて、サブカル界のスター二人によるぶつかり合いに野次馬が大熱狂したことでどんどん混濁していった。

『セッション』、『ラ・ラ・ランド』と、二作連続でジャズファンに反発を受けたデイミアン・チャゼル監督。いったいなぜ監督の作品はいつもジャズファンとの間で確執が起こるのか。

『セッション』は、高校時代はビッグバンドでドラムを叩いていた監督自身の青春を反映させたものだった。劇中で演奏されるビッグバンドジャズの有名曲「Whiplash」はその頃に演奏していた曲で、フレッチャー教授のキャラクターも厳しかった先生がモデルとなっている。

 このことから、彼の映画のなかに音楽への愛情があまり感じられないのは、「音楽家への夢が挫折したがゆえに音楽に憎しみがあるからじゃないか?」といった分析が交わされることもある。前出の唐木元氏も〈セッションのときから思っているのですが、あの監督にとって音楽映画というのは音楽への復讐なんですよね〉といった意見をツイートしているのだが、果たしてそれは事実なのか、それとも誤解なのか?

 今回『ラ・ラ・ランド』で問題とされているジャズの描写について、監督自身は「キネマ旬報」(キネマ旬報社)16年11月15日号のなかでこのように語っていた。

「僕は、この映画で、ジャズに関するいろいろな側面に焦点を当ててみたつもりだ。ジャズについてある種のイメージを持っている人は、いると思う。それでジャズを避けている人も。一方、セバスチャンは黄金時代のジャズを信奉している。彼は、現状を受け入れられないでいる。今、ジャズはそういったことにも直面している。かつてアメリカで人気のジャンルだったジャズは、今、勢いを失っている。それは問題なのか? 別に問題ではないのか? ジャズは、時代に合わせて変わっていくべきなのか? オペラやバレエも、似たようなことをくぐり抜けてきたはずだよね」

 これを読むと一見、セバスチャンのジャズ観と監督のジャズ観は同じもののようにも思える。しかし、実際のところは『ラ・ラ・ランド』で描かれるジャズ観が必ずしも監督自身が考えているジャズ観と一致しているわけでもないようだ。ウェブサイト『Real Sound映画部』のインタビューではこのように語っている。

「『ラ・ラ・ランド』ではライアン・ゴズリング演じるセブがジャズについていろんなことを言うが、彼が語ることに僕自身が必ずしも同意しているわけではなくて、「それは違う」と思うこともあるんだ。彼にとっては、40年代から50年代の伝統的なジャズこそが“ジャズ”であって、それ以外は認めていない。だけど、僕はそうは思わない。ジャズは動いていくものだし、時代と折り合っていかなければならない。現代とどう向き合っていくかが重要なんだ」

 劇中でセバスチャンが伝統的なジャズにこだわり続けるキャラクターとして描かれるのは、「“自分が本当にやりたいこと”と“いま自分がやるべきこと”にどう折り合いをつけていくか」という普遍的な「仕事観」についての葛藤を生み出すのに効果を発揮した設定なのだが、それがジャズファンから怒りを買った。しかし、監督自身のジャズ観は映画に怒りを覚えている人たちと同じく、「ジャズは時代に合わせて変化し、動いていくべきもの」といった考えなのであった。

 商業的にも批評的にも良い結果を残した『ラ・ラ・ランド』。次作はいよいよ今回取り逃した作品賞のオスカー像を期待されるものとなるはずだが、もしも次回もテーマのなかにも「ジャズ」が入るのだとすれば、今度はどんな軋轢が生まれるのか、そのあたりも気になってしまうのである。
(新田 樹)

最終更新:2017.03.04 12:48

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

論争勃発!『ラ・ラ・ランド』チャゼル監督はなぜいつもジャズファンから嫌われる? 前作では菊地成孔と町山智浩バトルものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の吉本新喜劇出演をウーマン村本と星田英利が批判!
2 池袋暴走事故の容疑者逮捕なしに批判、元検察幹部も
3 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
4 萩生田発言が大阪12区補選に影響!安倍首相が窮地に
5 週刊誌の秋篠宮バッシングは官邸が発信源か?
6 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 つんく♂が秋元のメンバー差別に
9 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
10 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
11 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
12 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
13 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
14 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
15 橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!
16 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
17 東電が福島原発の廃炉作業を外国人労働者に押しつけ
18 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
19 萩生田光一の問題は消費税延期論でなく「ワイルド改憲」発言
20 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄