論争勃発!『ラ・ラ・ランド』チャゼル監督はなぜいつもジャズファンから嫌われる? 前作では菊地成孔と町山智浩バトルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 それは一般のジャズファンだけではなく関係者も同様で、たとえば、元ナタリーの編集者で現在はバークリー音楽大学に留学している唐木元氏はツイッターでこのように怒りをぶちまけていた。

〈ラ・ラ・ランド感想、前作で最大の短所だった陳腐なストーリーが、ミュージカルという形式を手に入れ美点に転化したこと(+5)。LAがよく撮れていること(+5)。よく撮れすぎていること(-1)。引き続きジャズのことが何一つわかっていないこと(-∞)。要は最後のさえ気にならなければ最高〉
〈まず「ジャズ本道とカクテルミュージック」という対立軸が古いし、第二に「新世紀ジャズとストレートアヘッド」という対立軸も古い(あと新世紀ジャズのサンプル曲がまったくなっていなかった)。さらにあれだけジャズジャズ言っといてあのワルツなんなんだよっていう〉

 また、ジャズミュージシャンの菊地成孔氏も、昨日放送された『菊地成孔の粋な夜電波』(TBSラジオ)で、具体的な批判ポイントには言及しなかったものの、「『ラ・ラ・ランド』の悪口を言うと止まらなくなっちゃうんで」と、何かしら思うところがあるということを示唆していた。

 ただ、実は、こういった展開は以前から予想されていた。「ミュージック・マガジン」(株式会社ミュージック・マガジン)2017年3月号の映画評のなかで長谷川町蔵氏はこのように書き綴っていたのだ。

〈主人公のジャズ観がモード以前で止まっているばかりか、ロバート・グラスパーらが牽引するトレンド(それを体現するミュージシャンを演じているのがジョン・レジェンド!)をディスるシーンもあるので、日本では前作同様ジャズ・ファンからまたバッシングを受けそうな気がしないでもないけど〉

 ロバート・グラスパーとは、ヒップホップからの影響をジャズに落とし込み、ジャズに新たな潮流を生み出した人物。12年に発売されグラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞を受賞した『ブラック・レディオ』を端緒とし、彼のようにジャズと他ジャンルの音楽を組み合わせて表現の幅を拡張させるジャズミュージシャンが次々とブレイクした。ホセ・ジェイムズ、マリア・シュナイダー、マーク・ジュリアナ、クリス・デイヴ、リチャード・スペイヴンなどのミュージシャンがつくりだす新たな感覚のジャズは「今ジャズ」とも呼ばれ、音楽シーンのなかで重要な潮流となった。昨年発表されたデヴィッド・ボウイの遺作『ブラックスター』は、そういった「今ジャズ」系のミュージシャンを招いてつくられた作品である。

 こういった背景があるため、いまの時代に生まれた新しいジャズをコケにするような『ラ・ラ・ランド』の描写に「モヤッ」とした気持ちを抱いた観客が現れたのである。ただ、なかには、それはそれで仕方がないと見る人もいる。前述したような新しい潮流のジャズミュージシャンを特集するムック本シリーズ『Jazz The New Chapter』(シンコーミュージック)の監修者であるジャズ評論家の柳樂光隆氏は、映画の描写に疑問を呈している人々に反応してこのようにツイートしていた。

〈基本的に新しいジャズの方がいいって言うのはすごくハードル高いんですよ。だって、スイングジャーナルのバックナンバーとか見ると、ビバップが出てきたときはスイング好きな人が怒ってたし、ソウルっぽいのが出てきたときはビバップ/ハードバップの人が怒ってたし。フュージョンもそうですよね〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

論争勃発!『ラ・ラ・ランド』チャゼル監督はなぜいつもジャズファンから嫌われる? 前作では菊地成孔と町山智浩バトルものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
2 菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
3 菅首相が東北新社創業者のもうひとつの献金を隠していた理由
4 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
5 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
6 原発事故前に安倍が地震対策拒否
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 安倍の原発事故責任逃れの手口とは?
11 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
12 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
13 文春の元編集長の子どももフジに入社!
14 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
15 生長の家が安倍政権と日本会議を徹底批判
16 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
17 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
18 甘利明の捜査を潰した法務省幹部の名前
19 リコール不正確定的でも陰謀論全開の高須院長を批判できないマスコミ
20 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
1年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
2福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
3 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
4丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
5菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
6山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
7菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
8大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
9 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
10菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
11菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
12田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
13『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
14 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
15菅首相が東北新社創業者のもうひとつの献金を隠していた理由
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄